2017年04月29日

甘酒ブームのおかげで新米が食べられる

甘酒ブームの最大の貢献は何でしょうか?近年、麹(こうじ)ブームが来て、「こうじ」って何?「こうぼ」っていうのもよく聞くけどどう違うの?

私も何度も聞いているのですが覚えられません。現場を知らないからです。たまたま加藤哲也がいたので聞いたら。

でんぷんを糖に変えるのが麹(麹)、さらに糖をアルコールに変えるのが酵母(こうぼ)つまり、酒の製造は2段階発酵。

さらにアルコールにさらに酢酸菌をつけると3段階発酵で酢ができますとわかりやすい加藤式回答。

麹が料理でちょっと話題になりました。こうじ漬もしばらくヒットしました。最近は甘酒ブームです。

糖質制限が大流行なのにそれとは矛盾する糖質たっぷりの甘酒が女子に人気です。たぶんメディアが何か健康機能をアピールしたんでしょうね。

甘酒が酒でないのは麹発酵の1段階発酵だからというのも加藤の説明で納得です。

今日、書きたいのはここからです。甘酒ブームである道の駅がある飲料メーカーに外注して甘酒をつくっています。

その原料は村内の農家から買います。今の農家は米の消費量が減っているので、家庭内在庫が山ほどあります。

たいていの高齢農家は古古米を食べています。新米の収穫を終えても「もったいない」と捨てるわけにもいかず、古古米を食べます。次の年は古米を食べますが、その時はすでに古米も1年経過しているので古古米になります。

農家は永遠に新米を食べられません。新米を食べようと思えば、2年分を飛ばさなければなりません。それを可能にしてくれたのが甘酒ブームです。

甘酒の原料として古古米、古米が掃けます。しかも売り手市場価格で売れます。現金収入は生まれ、なおかつ新米が食べられます。

甘酒ブームがもっと続けば農家は幸せになれます。
posted by tk at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月28日

銀座の新名所はGINZASIXと銀座EL

休日の銀座のほこてんの人出が増えています。銀座エクセレントローカルの前の通りも増えています。なぜかな?景気がよくなってきたのかな?

と思っていたら4月20日(木)に「GINZA SIX」がオープンしたんですね。松坂屋が閉店して4年。生まれ変わりました。

そういえば新聞、雑誌の銀座特集が増えました。照れ臭いほど、銀座、銀座、銀座です。銀座の象徴の高級店は銀座の中央を貫く晴海通りを皇居に向かって右側の3〜4丁目に集中しています。老舗の百貨店、高級ブランド銀座店が林立しています。

晴海通りを皇居に向かって左側は5〜8丁目です。「GINZA SIX」(旧松坂屋)は6丁目にあるからSIXなのです。最近、新興アパレルショップが5〜7丁目にやけにオープンする理由がわかりました。「GINZA SIX」ができるためだったんですね。

銀座は1丁目〜8丁目までです。潟Lースタッフ事務所と私の住居は1丁目にあります。そして銀座エクセレントローカルは8丁目です。銀座の端と端です。辛うじて銀座俵(たわら)に足が残っている感じです。

「GINZA SIX」のオープンが迫るにつれて「先見の明がありますね」と言われました。なんのことはない、銀座エクセレントローカルの物件が見つかったのが8丁目だっただけです。

銀座の新開発が加熱しているので、「次は8丁目が再開発に入るのでこのビルを取り壊すので出てください」なんてことにはならないだろうな。ちょっとマジに心配です。

銀座エクセレントローカルから「GINZA SIX」の真ん中の吹き抜けまで200mも離れていない至近距離です。

銀座の新名所は世界一のブランドの集合施設「GINZA SIX」と世界の最先端の食と農の交流「GINZA EXCELLENT LOCAL」と言われるようになりたいな。
20170428_070844.jpg
posted by tk at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

人生はこれから

昨日の飲み会はある女性実業家と飲むことになっていました。それで関連の男子3名で集まりました。が、その飲み会が開かれないのは当初からわかっていました。

その女性の父親は清涼飲料業界のそれなりに方で私も20年来の付き合いの方です。人間的にも素晴らしいです。たまにその方に会うとぜひ今社長をやっている娘と会ってくれと言われるので、もちろんオーケーです。

大体その時に、大手広告代理店の役員の友人を指名するので会う算段をしますが、本人のその女子が現れたことがありません。過去2回も非礼をされています。昨日はさらに私の友人の元キャリア官僚も指名があったので3人で待っていましたが現れませんでした。

父と娘のコミュニケーションが仲が悪いのか、この娘が人間としてのマナーに欠けるのかよくわかりません。名前はいうとたいていの人は知っているメディアに登場する、メディアがもてはやしている女性です。

昨夜もどうせ、来ないのはわかっているし、別のメンバーの飲み会を予定しておきました。

ちょうど、友人の広告代理店の役員をした友人が今年で顧問も退任して完全引退になるのでそのお祝いに振り向けました。

これだけの営業のプロ中のプロを引退させるのはもったいなく思います。私の盟友でもあり(社)エクセレントローカル理事でもありますのでこれから全国に登場いただきます。

もう一人は内閣府の元局長です。我々3名は同い年です。そこに昔の会社の同僚の50歳代後半の女子に声をかけていましたが、これが思いがけない組み合わせで盛り上がりました。

私は別にしてもいずれも人生の勝ち組メンバーなので悲壮感よりも今の人生のエンジョイの話ばかりで、特に女子の恋の話は面白かった。確かに60歳、人生はこれからです。

右の奥歯のブリッジを支えている歯がダメになり、治療をしています。左の奥歯はインプラントです。30年来お世話になってる先生が「新しい歯はインプラントにしますが、よろしいですか?」、先生は今までそんなことを聞いたことはありません。インプラントは高額なので60歳を超えた私を気づかって言ってくれたのででしょう。「私があと何年生きるかで、インプラントにするかどうかです」、「鳥巣さんはあと30年は歯を使うでしょう」、「先生、インプラントでお願いします」、人生はこれからです。
posted by tk at 09:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

人間はロボットに滅ぼされる

我々の年少時代のスター達は鉄腕アトムも鉄人28号もエイトマンはロボットでした。年少の頃はすぐにでも人間ロボットの時代が来るような気配でした。

が、来ませんでした。最近は再びロボットという言葉を聞くのでロボットの時代が来ているようです。人工頭脳という言葉もよく聞きます。

ロボットが停滞期は何の時代だったでしょうか?コンピューター時代ですかね。人工頭脳の開発が先に来た。さらにその後にインターネットをやってきた。そしてパソコンもスマホもインターネットも生活のインフラとなった現在、再びロボットという言葉をよく聞くようになりました。

ロボットという言葉の意味は2つあるような気がします。人間ができない超人的な頭脳や肉体を持つものをロボットと言います。鉄腕アトムのような。

もう1つの意味はある権力者のいいなりになる人をロボットと言います。あやつり人形と言った方がよいかも知れません。

私のロボットのイメージは人間がやっていることを代わりにやってくれる機械です。

よくエジプトのピラミッドや我が国の巨大古墳は当時機械もない中でよくあれだけのものが作れたなと驚嘆します。

つくったのは奴隷です。古代は一握りの権力者と大多数の奴隷がいました。これ奴隷が現在機械がやっている苦役をやっていました。魏志倭人伝を読んでも魏への我が国女王国からの献上品で一番喜ばれたのは生口(せいこう/奴隷・奴婢)と書かれています。

古代だけではありません。労働者の権利が確立されるのは第二次世界大戦後です。それまでは労働者は使い捨ての消耗品のように使われていました。

権力者や資本家の野望達成のため、苦役部分を担うのですからロボットみたいなものです。とすると最近まで人間世界には人間というロボットがいた訳です。いや、今でも。

その役割をコンピュータを搭載した人間並みの頭脳を備えたロボットが人間の仕事に取って代わります。すると一体人間は何をすればよいのでしょうか?

しかもロボットは超人的なものも現れるようなので、いずれ人間を必要としない時代がやって来ます。

そして、最後は人間の滅亡、消滅ですかね?あるいは突然変異で新々人類が現れるのでしょうか?
posted by tk at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

健康グッズも進化している

この3〜4日間、ずっとジャケットを探していました。モスグリーン色のジャケットが2着あって、その濃い方のジャケットがありません。会社に置いたままか、銀座ELに忘れたか、はたまた出張先か、物忘れもここまで来るとヤバイですね。みんなどこか飲みに行って酔っぱらって忘れてきたのではと言いますが、最近、夜は銀座EL以外のお店には行っていません。

諦めて昨夜再度探していたら部屋のクロークにありました。私はそのジャケットが紺色に見えて見落としていました。

ついに眼に来たか。眼は本当に疲れます。読書が進まないのは眼の影響です。長く本を読むことができません。

それなのにそれよりも眼に負担をかけているFBは1日数時間見ているのですから自爆です。我ながらばかです。

先週末、健康グッズのお店を覗きました。正確にいうとLoFTとTOKYU HANDSの健康グッズコーナーです。あるわ、あるわ。たくさんのアイテムが並んでいます。

まず、眼が行ったのが(眼が辛いのにこんな時は鋭く眼が光る)ツボ押し(写真左)です。これで眼と眼の上の神経線を押すと気持ち良さそう。試しもしないですぐ買いました。

買ってから試しましたが最高です。眼もよいけど、肩にもよいし、足・脚のツボにも最高です。円錐形になっており、これを握っておくと指のマッサージもにもなります。出張に持って行けます。

もう1つは「のび〜るフィットネス」です(写真右)。昔、エキスパンダーというのがありましたが、機能は同じです。これはちょっとバカにして試しましたが、ダンベルよりも強い。ダンベルは重いです。気も重くなります。「さあやるぞ」と自分に気合いを入れないと始まりませんが、これだといつでもどこでも気軽にできます。

特に肩甲骨鍛えには最高です。これだと新幹線の中でもできます。軽くて持ち運びがカンタン、さらに気軽にどこでもできる。これがポイントのようです。
20170425_071319.jpg20170425_072800.jpg
posted by tk at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

コンサルさんもっと勉強して

コンサルが講演するとずいぶんいい加減な嘘を言っています。よく聞くのは「農産加工食品でジャム、ドレッシングは売れない」です。

ジャムは50年程前から果実農家が生食用に出荷した残りのB品、規格外品を利用して、家庭で瓶詰めして販売する形態が増えました。

当時は甘味が美味しさの第一優先だったので果実にさらに砂糖をたたっぷり入れてジャムをつくりました。食べ方は食パンにのせてです。

食パンの需要も減り、甘さ離れも始まり、ジャムは売れません。でも再び、ジャムはコンフィチュールと名前と価値を進化させて人気です。関連のピールやドライフルーツも人気です。

ドレッシングは当社のオハコですが、当社が開発支援したドレッシングは売れています。それ以前にここ10年間で市場(マーケット)が最も伸びている調味料はドレッシングです。

道の駅や農産物直売所で販売しているドレッシングはなぜ売れないか?おいしくないからです。まずいからです。それで1本600〜800円だと価値と価格が釣り合っていません。

なぜまずいか、加熱殺菌するからです。風味が飛んでしまいます。地域のドレッシングを製造しているのはたいてい醤油・たれ・ソースメーカーが多いですが、加熱殺菌しなくて、かつ保存料を入れなくても常温6ヶ月の賞味期限を有する食酢と食塩の黄金配合比があるのです。大手食品メーカーのドレッシングはPET容器に入っているということは最終行程の熱殺菌が必要ない黄金比率でつくっているからです。熱殺菌しているものは瓶に入っています。

さらに主原料が地元の食材をたっぷり(全体量の1/4位入っています。大手食品メーカーはせいぜい3〜4%でしょう)だから500〜600円の価格になりますが価値があるから売れます。

味噌もそうですね。味噌はみそ汁を飲まなくなってきたので総市場は減少していますが、農家がつくる道の駅や農産物直売所で販売している味噌は大人気です。大手味噌メーカーのスーパー特売用の味噌が売れないのに、その3〜4倍の価格の味噌が人気です。味噌の好きな人は美味しい味噌を食べたいのです。豆腐もしかり、水練り商品もしかりです。
posted by tk at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

事務所も帳簿も倉庫も別にしないと

以前のブログで当社の3事業と趣味のノートの4冊をつくって頭の整理はノートの整理からと書きました。

ノートだけではいかないようです。帳簿も別会計、事務所・居場所も分けないと頭の切り換えがうまく行きません。

帳簿は(株)キースタッフは企業会計で行っています。それに飲食の銀座ELは飲食事業部門で帳簿を付けて管理しています。これの担当はトータル的には野口社長が見ていますが、実務はお店のマネージャーがやっています。

(社)エクセレントローカルの事業は始まります。これは完全に(株)キースタッフから切り離した別会計にしなければなりません。現金の出し入れも別です。

これは誰の仕事かというと私の仕事です。(社)ELの銀行通帳、ネットからの振込指示等出入金は私がやらなければなりません。独立した頃に戻りました。領収証の保管や契約書作成も始まりました。

これらの会計とキースタッフ社の会計との区別・境界をきちんをしなければなりません。とすると事務所を別にするのがよいかということになりますが(社)ELはまだまだ生まれてハイハイを始めた程度なので事務所を借りる余裕はありません。

すると私の部屋に(社)ELの関係書類を置いた方がよいのかということになります。コンサルに多い自宅起業というやつです。

それをやろうとすると私生活の備品や衣服等の生活関連物を大幅に廃棄するしかありません。書籍等も。

スペースの話になりましたが、キースタッフ社の事務所と銀座ELは別のところにあるので関連がないように見えますが、銀座ELは食材を保管するスペースが小さく、とは言っても農家や農産物直売所から送ってくる食材には最低ロットがあり、それを守るとたちまち在庫を置くところがなくなります。

現在はキースタッフ社の倉庫と冷蔵・冷凍庫にも保管しています。さらに入り切らずに私の部屋の冷蔵庫も満杯状態です。

私の部屋にはれいらんもおり、二人で日毎に迫り来る保管物に怯えています。
posted by tk at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

「憎まれ役」、「嫌われ役」を誰がやるか?

企業活動や仕事をしていると「憎まれ役」、「嫌われ役」の立場にたたなければならないケースが出てきます。会社のトップや出世した人はこの役割はやりません。

ある仕事が暗礁に乗り上げて、これを打開するためには組織の中で「憎まれ役」、「嫌われ役」を誰かがしなければなりません。

その中にいて見ていると往々にして誰もその役回りをしません。嫌われ、憎まれるからです。そして結論はなあなあの何も決断できない決断だけが残ります。

「憎まれ役」、「嫌われ役」を務めて初めてその人は仕事ができるということになります。物事はプラス部分とマイナス部分が必ずあります。マイナス部分を誰が引き受けるかです。

政治家が世の中でもっとも信用されない、いやもっとも軽蔑される職業なのは2枚舌を使うからです、万人にいいことしか言わない、それは票が欲しいからです。いつの世も政治家は「正義の味方」をかぶった悪人です。

では「憎まれ役」、「嫌われ役」の人の意見が組織で受け入れられて、最後はみんなに尊敬されるということもありません。

ずっと「憎まれ役」、「嫌われ役」です。例え、その人が言った意見でやってうまく行ったとしてもその人が評価されることはありません。不平不満を言いながら渋々従った連中の手柄になります。

「憎まれ役」、「嫌われ役」は報われようと思ってはいけません。ずっと「憎まれ役」、「嫌われ役」でいなければなりません。

そんな損な役割を誰が引き受けるか?引き受けるのは唯一、トップの仕事です。でも大企業はごますり社会なので「憎まれ役」、「嫌われ役」は出世階段の途中で失脚しています。トップまで登り詰めるのは見かけの「正義の味方役」、「スター」です。

さてそれならどうするか?やっぱり創業者、起業者、愛社人間なりが「死なばもろとも」という覚悟で「憎まれ役」、「嫌われ役」を演じるしかありません。
posted by tk at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

老後の手習いは関西から

昨日は大阪府・奈良県日帰り出張でした。大阪府のある町が、立地が大阪市、箕面市に近く、これから6次産業化のまちづくりをしようということです。

この仕事は公共性が高いので(社)エクセレントローカルで受注して初仕事にします。

今回の仕事の中に新規就農者への農業技術プログラムが入っており、1年間、町がハウスと畑を借りて、受講者に農業技術を教えます。

その先生はこのブログで紹介した宮城県角田市三浦農園の三浦徹氏にお願います(写真左・右)。昨日はそれで二人でこの町を訪ねました。

三浦さんは非農家の出身で東京農大を出て、埼玉県農業改良普及員を経て、農業実践の地を角田に求めて24年間農業で生計を立てています。角田市の農産物直売所あぐりっとも彼が立ち上げて成功しています。

ちなみに(社)エクセレントローカル理事の矢吹千尋もあぐりっとのアルバイトから食と農の世界に入って、独立して活躍しています。

彼は圃場を見るとそのアウトプットが見えるらしくて、どんな野菜をつくって、直売所に出せばよいか、旬カレンダーごとに出てきます。

三浦さんは月1回の登場ですが1年間、日夜圃場を管理してくれる人が必要です。これはこの町に来て就農3年目のわだファームの和田さんがやってくれることになりました。和田さんはデザイナーだそうですが、農家になりたくて就農しました。和田さんを一目見てこの人なら間違いなくやってくれると思いました。最近、アーチストから農家へという人が多いです。

さらに町役場の担当者の西村さんが「私は九大農学部出身です。妻は鳥巣さんと同郷の糸島市の志摩稲留です。姪は糸高に行っています」これでいっぺんに話が打ち解けました。

この農業実習には私も月1回必ず参加するつもりです。大阪市在住の(社)エクセレントローカル理事国分弁護士も可能な限り参加するそうです。

私は生まれて育ったのは九州、社会人のスタートは東北、農業の手習いは一番馴染みの薄かった関西になりそうです。昨日はそれから奈良県に向かいましたが、最近はおぼろげながら大阪の交通路がわかるようになってきました。楽しい仕事になりそうです。
20170420_134643.jpg20170420_132934.jpg
posted by tk at 08:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

九州の実家のたけのこが食べたい

たけのこ(筍)の時期です。厳密に言えば孟宗竹(もうそうだけ)の時期です。実家の竹林では4月末から5月初旬くらいに掘っていました。

4月初旬に年配の当社スタッフと話していて「そろそろ、たけのこの季節だな」と言ったら「何、言ってんの。もう最盛期だよ。」とこれは間違いです。この人はテレビ番組の早掘りのたけのこを見て言っているだけです。

高級料亭でたけのこ料理が始まりましたなんて3月下旬くらいからテレビに流れます。メニューは「若筍とわかめに煮物」か、皮のついてままの「焼き筍」、「筍ごはん」です。

前者メニューはともかく、孟宗竹の産地の九州の家庭では焼き筍や筍ごはんで食べている人はほとんどいません。

まず、九州はたけのこごときが高級料亭メニューになることはありません。なぜなら、竹林に行けばにょっき、にょっきと生えています。採り切れないのでそのまま竹として成長して、竹林が増殖して山が荒れた状態になっています。

しかも「雨後のたけのこ」と言うくらい一瞬にして成長し、収穫時期も2週間かそこらです。

自分のうちに竹林(我々は竹藪「たけやぶ」と呼ぶ)のある人ならお分かりですが、食べ頃旬の時期はたいてい煮物で食べています。田舎の家庭料理です。焼くなどいちいち七面倒くさいことはしません。

それでもたべきれないので水煮にします。それでも消費期限は2〜3日です。毎日水を換えれば1週間くらいは持ちます。なぜ、水煮にするか?保存目的と言うよりも筍は皮むき、あく抜きに膨大な時間とエネルギーがかかります。そして瞬時に腐敗します。だから水煮にして一時避難します。

それを保存して長期に食しようとすると塩蔵が一番です。これだとお盆、翌年の正月料理まで出せます。

塩抜きが面倒くさいのでホットパック殺菌(ボイル殺菌)の水煮が出回っているのです。これを真空パックの水煮と呼ぶ人が多いですが、脱気・真空で日持ちさせているのではなく、あくまでもボイル殺菌で日持ちさせているのです。

掘りたてもよいですが塩蔵たけのこもボイル殺菌水煮も美味しいです。要はどんな料理して食べるかです。

最近、実家からたけのこが送ってこなくなりました。マルイチになったので一本のまま送っても困るだろうという配慮でしょう。

でもたけのこが食べたい。来週から銀座エクセレントローカルでたけのこ料理を出します。銀座のど真ん中でごみがたくさん出る皮むき、あく抜きはできません。

とすると当然水煮になります。産地のキッチンで水煮にしただけの未加熱殺菌のたけのこを送ってもらい、毎日水を換えながら日持ちさせて、家庭料理で提供します。高級料亭の旬のたけのこ料理とどっちが美味しいか?どうぞ銀座エクセレントローカルにおいでください。
posted by tk at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする