2020年06月06日

命あるものに接するときは愛情を込めて

生き物と一緒に生活するというのは楽しいものです。一緒に5年間暮らしている猫のれいらんが、出張が多くて、面倒を見れない月が続いたので娘のところに預けました。4月の上旬に帰って来る予定がコロナ禍のせいで帰宅できなくなり、そのままでしたがようやく1週間後の来週の土曜日に帰宅します。

この2ヶ月は一人暮らしでいたが、ようやく自分の生活に潤いが出ます。2ヶ月、一緒にいた娘かられいらんを奪うのは娘にかわいそうかな?娘が望むならずっと娘宅でもよいかな?と覚悟しましたが、娘も私の一人暮らしを気にかけているのか?戻してくれるようです。

1Kの狭い部屋ですが、れいらんがいると活気が出ます。生きていると命がそばにいるということはこっちの命も活気あるものにしてくれます。

もう1つ、命があります。昨年、マイヤーレモンの栽培している農家の知人が大きなポットにマイヤーレモンを植えて送ってくれました。オフィスにインテリアで飾ってあるほどのプランターの大サイズです。これはベランダに置いています。

実が付くということでしたが、残念ながら昨年は身が付きませんでした。今年も5月に素晴らしい香りの花を付けたので、今年こそは実をつけてくれると大いに期待しています。

送ってくれた人に相談すると肥料を入れる作業を教えてくれましたが、都会のしかも銀座にはホームセンターがありません。購入できません。幸いにも会社に有機培養土の大きな袋入りがあったのでそれを追肥用に使用しました。今年は実が付くかどうか?

農家の出身者はあまり農業に感激しません。生まれた時の営み、生活が農業そのままなので。畑のトマトも夏の大玉スイカも生活の一部なので感激はありません。

それに農業で野菜づくりの上手な人を見ていると作り方が丁寧です。肥料一つやるにしてその量も多過ぎず、少な過ぎず、タイミングもまさに苗に一番効果がある時にやります。自分にはその細やかさ、愛情がない。

実際、農産物を育てる場合の頃合いや適量が素人にはわかりません。何というかどれだけ野菜に優しく接することができるか?可愛がることができるか?そしてそれに野菜が応えるそこに収穫できるほど実が付くかどうかのポイントがあるような気がします。農作物との対話?コミュニケーション?れいらんと接するのと同じです。


posted by tk at 06:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

それができないんだな、今の政治家には

健康であるということは何にも増して幸せなことです。2ヶ月ぶりにクリニックに定期診察で行きました。前はちょうど非常事態宣言に入る前で、今回は非常事態宣言後です。血液検査結果が出ましたが2ヶ月前に行ったものです。

血液検査結果は良好でした。γーGTだけがちょっとハイですが、それでも私の長年の人生のスコアからすると最低値です。前回の123をさらに更新して115です。6年前は295でした。20年前は500台。かつ、中性脂肪も尿酸値も血糖値も肝機能も血圧もいわゆる生活習慣病系はオール正常です。

体重が70kgをオーバーして72kg(人生最高は76kg)に到達しているので、70kgを超えると脂肪肝になって、あちこちのスコアが悪くなるので心配していましたが、正常です。ドクターにも最近体重が増えたねと言われるのが心配でしたが、その注意はありませんでした。それよりコロナ禍による仕事の件を心配してくれました。

体重増にも関わらずスコアが良化したのはなぜ?やっぱり体重増でも筋トレ、空手による筋肉増強で体脂肪率が上がっていないからとしか考えられません。

この検査は緊急事態宣言前の検査なのであれから断酒、粗食、睡眠、筋トレ、空手稽古に勤しんでいるので今、測るとさらによいかもしれません。人生初のγーGTが2桁スコアが実現するかも。

ドクターとしばし話していたら。新型コロナ感染者がゼロになることは有り得ない。これだけ診療体制や治療薬が進んでいるのにインフルエンザですら年間2000人死亡しているのだから。

院内感染が多いのは病院に何かの病気で来る患者を新型コロナに感染しているかどうか?調べることはできない。それで医師や看護師や他の来院患者に感染する。

また感染が特定できない感染者は実情は医療保険証を持っていない人や不法滞在している人が都会、特に東京には多い。それで病院に行けずにかつ生活のために仕事に職場に行くので感染が広がる。ワクチンができない限り、撲滅はできない。

新型コロナ発病リスクと新型コロナ経済破綻リスクの線をどこで引くかがまさに政治家の仕事なんだけど、それができないんだな、今の政治家には。
posted by tk at 05:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月04日

コロナ以後は地方の時代、さあどうするか?

6月に入って何かが変わった感があります。相変わらず、クラスターが見られ予断は許されませんが、明らかに5月とは違います。都会で歩いてる人が増えたとかのことではなく、覚悟感ですかね。

この都会で生きていくんだ。コロナと共存するんだというような強さみたいなもの、交通事故に遭うかもしれないので道を歩いてはいけません論理は通用しません。道を歩かないと目的地には行けません。気をつけて歩くしかない。

私も会社と自宅の往復だけ。イローカルを訪ねてくれる人との会食は貸切にして、しかも相手は一人、こっちも一人。席も距離をあけて、時間も2時間以内です。これで感染して世間の指弾を受けるのならそれもしたかない事です。運命ですね。

今回の件で一番感じたのは一番国民が頼りにしているはずの行政の無力さ、国民の頼り過ぎかもしれませんが。現場の医療機関を除くと、行政の支援対策、給付金の支払いもまだなされていませんし、公的な緊急融資も遅れています。

現場の行政機関の批判よりも国全体としても統治、あるいは危機システムが既に機能不全に陥っているということを再認識しました。我が国に関わらず、諸外国全てがそうです。

また、感じたのは都会の脆弱さ、地方(田舎)の強さ、安全さ。都会は相当に破壊されましたが、田舎は至って元気です。久しぶりの田舎優位の感があります。しかし、そこで生まれている都会蔑視、帰郷を許さない差別等人間社会の悪い点も社会現象として起きています。

これから我が国はコロナ以後の社会に入ります。落ち着くと都会は間違いなく復活してきます。その反動で今度は田舎は超衰退に入ります。都会と田舎の機能分担、相互の役割分担があって社会が成り立っています。今回の新型コロナの悪影響は間違いなく、今度は地方を襲います。

今の地方のままでコロナ以後の日本を背負えるだけの社会構造、産業、雇用を擁しているのか?地方こそがエクセレントローカルとして、日本を牽引できるかどうか?都会難民を受け入れ、都会からどんどん移住して下さいと言える田舎になれるか?次はボールは地方に渡されます。さあ、どうするか?

posted by tk at 07:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月03日

人を裁かずに人を助けることを考えよう

私の通勤距離300mの間のあじさいの植栽の下にいつもゴミが廃棄させています。東京都のごみ収集センターからもここにゴミを捨てないように注意書きがされているのにいつも捨ててあります。

注意してみると2日でレジ袋1袋の割合のゴミで、結び目が同じなので廃棄者は同じ人だと思われます。それでも収集センターが持って行くのか?見かねて誰かが廃棄場所に運んでくれるのか一向に止めようとしません困った人です。

人間は人を裁くことはできますが、人を寛容に赦すことはなかなかできません。コロナ自警団、自粛警察が目を光らせて一般住民を威嚇してきます。これまた困った人たちです。前者と後者は真逆の話ですが、人間の習性としては共通点があります。

要は弱さの露呈です。ゴミを不法投棄するのも人間の弱さです。正義感に溢れて、必要以上に人を攻撃するのも人間の弱さです。新約聖書にもあります。「人を裁くな、人に裁かれないためである」と。

宮城県で有機栽培をしている農家が自農場の大豆や米で製造した農産加工品を直売するために、2年前に都内にお店を出店しました。お店にはオーナーの子女が常駐して、オーナーも時折お店に通っていました。

連絡が来て、閉店するそうです。理由は宮城県から東京のお店に行きづらくなったこととまた東京に行って地元に戻ると白い目で見られるから等です。農産加工品は製造は地方で、消費は都会でのパターンが一般的です。

この新型コロナの脅威はその関係をズタズタにしました。人の往来ができません。そういう私もずっと東京に足止め状態が続いています。まさに死活問題です。

みんな生きることに精一杯なのです。その中で自警団や自粛警察、さらに村八分意識がどれだけ国民の活動の妨げをしているか。大半の日本国民はルールを守り、それに従って行動しています。人を裁かずに、人を助けることを考えないと日本が壊れてしまいます。
posted by tk at 06:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月02日

偉大なる3先輩、私も70歳代も働けそう

このコロナ騒ぎが終息して会社の経営が平静に戻れば、本当に引退できそうな感じです。その年齢は70歳かな?70歳というのは相当の爺さんです。そこまで現役を続けることを世間は許してくれるだろうか?

昨日、当社が4年間かけて食品加工場設立支援した長野県のある道の駅の駅長から電話があり、「大変なことになった」と電話がありました。「引退?」と聞いたら、「逆だよ、村長から社長就任要請だよ。要請ではなく、命令」。

この方は今年引退と決めて後継を育ててきました。着実に人も育っています。現在、73歳です。本人と会うといつも老後の年金話をしています。この人に73歳にして大命が下りました。「80歳まで覚悟ですね。協力しますよ」と言って電話を切りました。

もう一人、現在、本を書こうと思って企画に入りました。3冊目の本を書いた7年前に、本の執筆はエネルギーを使うのでもう書くのは止めようと思いました。4冊目の本を書く気になったのは、内容はマル秘ですが、あることをテーマに書こうかなと思ったからです。

3冊の実績があるので出版社に声をかければ引き受けてくれますが、それでは面白くないし、出版における著者の位置づけが何も変わらない。それなら自社で発行しようと思い、それで自社出版を企みました。

自社出版というのはいわゆる自費出版ではありません。当社、キースタッフの中に出版事業部を作って「キースタッフ出版」が本を発刊するのです。出版機能を会社の中におこうと言うことです。

この無謀な試みに乗ってくれるのは一人しかいません。16年前、本を出したいと思った私に、どこの出版社も無名の私ごときの出版など受けてくれません。半ば諦めてこれが最後だと思って細い糸を手繰って訪ねたら、その出版社も案の定、断られました。

最後にその時にすでに書き終わった原稿を持っていたので出したら「何、もう書き上がっているの。わかった、出そう」と言ってくれたのが昨日会った出版社社長です。

私が50歳の時です。ここから千葉県の中小企業診断士事務所だった当社が全国区の農産加工品コンサル会社に成長して行くきっかけになりました。この社長に10年以上ぶりに会ったら72歳だそうです。

この社長はまたまた、私の企てに乗ってくれました。出版は分業です。出版社、印刷所、製本所、紙屋の分業連携作業です。その出版機能を当社が持つということです。この社長が長年培ったこの仕組みの采配の仕方を教えてくれるそうです。

そういえば、仕事でお世話になっている乾燥食品製造及び製造機販売の社長も77歳でいまだ元気で最前線です。会社の業績も過去最高を続けています。

77歳と73歳と72歳のこのパワー。私も70歳代になった時の居場所がどこかにありそうな気になりました。

posted by tk at 06:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月01日

畑でもらった野菜を料理する至福

一昨日、千葉市内の農業実践教室を見学させてもらいました。帰りに収穫物を受講者に配布していたので私もお裾分けをいただきました。品種はベビーコーン、スナップエンドウ、絹さや、玉ねぎ、かぶでした。みんな袋に一杯詰め込んで嬉しそうに帰りました。

私も勧められたので大量に収穫された蕪(かぶ)とその日主役であるベビーコーンをいただきました。実はかぶは私の大好物です。20個以上もくれましたが食べきれないというよりもむしろ逆で嬉しくて嬉しくて。

うちに帰って、まずベビーコーンは炒めるか?と思っていましたが。皮を剥くとびっくりするほど鮮度の高いベビーコーンが顔を出したのでそのまま口に入れたら超美味。調理するのを止めて半分そのまま何もつけずに、あとの半分はにんじんドレッシングをかけた食べたらサイコーでした。

しかし、皮に対してベビーコーンの実の占める割合の少ないこと。皮10に対して実1です。中から現れる顔は守られている小さな命といった感があります。

蕪はどうも冬のイメージです。赤かぶと白かぶがありますが、これはその中間色でワインでいうとロゼの色です。酢漬けが多いですが、私が狙っていたのは軽く塩をして、その後に塩抜きして、これにマヨネーズと醤油をかけて食べるのが私の幼い頃からの好物で、それがサッと頭に浮かんだのでたくさんいただいてきました。

塩は岩手県のだ塩と石垣島の石垣の塩を常備しているのでそれを振りかけました。昼過ぎにやったので夕方に塩抜きして食べたら、シャキシャキ感としっとり感がイメージ通りで美味しくいただいております。

さてこのかぶはまだ大量にあります。一部、ピクルスにしましたがまだまだあります。かぶの幼い頃の思い出でもう1つ美味しかったのはシチュー、かぶのシチューです。早速取り掛かりました。ルーはコンビニからハウスを買ってきました。

シチューを作るのは前回が思い出せないくらい久しぶりです。ワインを入れた方が美味しくなりそうなので、ワインを。蕪の色に合わせてロゼを入れました。具はかぶと玉ねぎだけなので美味の野菜シチューになりました。イメージ通りでした。

一人暮らしだと食べるのに困らないか?と。どんなに少なく作っても4〜5食分はあります。今週のお昼と夜とせっせとこれをいただくわけです。出張のない時期でよかったです。
posted by tk at 07:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

農業教室も立派な農業である

昨日は農業実践教室を主宰している(有)フォトシンセシスの教室を見学させてもらいました。場所は千葉県若葉区にあり、今でもまだある私の佐倉の家から10kmも離れていないところでした。

主宰者は高橋有希・和義夫妻です.有希さんと私が20年近い知り合いです.彼女が26歳代半ばで中小企業診断士でデビューして私は当時の中小企業事業団の仕事で彼女と全国を経営診断に回っていました。その頃、中国視察を企画してご主人の和義さんも参加してからご夫婦で知人になりました。

その彼女が15年前に農業教室を始めると言い出し、千葉県の多古町で農家と組んで開始しました。それから紆余曲折を経て、最近はご主人も共同経営者になり、ますます発展しています。

当初から農薬、化学肥料不使用の農業を目指していました。紆余曲折というのは彼女に農業技術がないために農家と組みますが、なかなかうまくいかずに1年単位でパートナー解消になり、その度に農地を貸してれる農家を探して転々します。

最後に農家に栽培技術と農業教室のコンテンツを依存している限りはずっと首の皮1枚で農地を転々する経営が続くとわかり、では自分で栽培技術もコンテンツも身につけようと決心したところから今が始まります。喜んで農地を提供する人も現れました。

実は私はその部分を聞きたくて昨日訪ねました。彼女との付き合いは長いですが、その話は初めてです。新規就農者が農業に入るきっかけはなんだったのかを聞きたかった訳です。

彼女の実践教室は生き物です。こう言った農業技術修得セミナーはできる人ができない人に教えています。しかし、彼女は違っています。すでに15年の経験を持つ彼女でも昨日の講義では3つの失敗点を受講者と共に共有していました。

1つはナスの根に納豆菌がついてしまい、顕微鏡で納豆菌の特定をしていました。2点目はスイカの苗がツル割れを起こしていること、パッケージの裏面に書いてある通りにやったらツル割れを起こしてしまった、これの対策法を生徒と共に実行していました。

3点目は酢酸を希釈して畑に撒くのに、予めご主人が用意した水溶液を真水だと思って、生徒に酢酸の投入を指示して2倍の濃度の酢酸水溶液を撒いてしまったことが判明して、慌てて薄めるために真水を撒きました。

失敗があるから農業実践教室に来ているのです。共に失敗して、共に共有して、立派な農家になっていく。農業教室も立派な農業です。
posted by tk at 08:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

気に留めないで受け流す

小さなことでも気になると一日の行動に支障が出ます。自分が行動してできることはちゃんとやらなければならないけど、相手次第、状況次第のことはあまり気にしないのが上手な生き方です。

若い頃は正義感も強く、曲がったことは大嫌い、あいつは許せない、誰しもそんな正義感を持っています。何で俺のいうことを聞かないのだとおせっかいで人の生き方にまで口を出します。自分の価値観、ものさしが全てです。

齢を重ねて、一番わかるのは「人は支配できない」ということです。人の心は読めても、支配はできません。明らかにまずいことをしている時は見逃さずに注意しなければなりませんが、そこまでです。それ以上はその人の問題です。

それにそれをするとこちらが気を病んでしまいます。おかしくなります。それは相手が人間だけでなく、自分が置かれている状況に対してもそうです。自分を幸か不幸か認定しようと思うと気が狂います。幸か不幸かわからないということは幸なのです。

世の中は予測不可能なのが基本です。何が起こるかわからない。その対策は事前準備していてもそれを越えてやって来ます。予測不可能なのでそれが来た時に考えればよい。そのために進化と共に脳味噌が肥大化してきたわけですから。

最近の私は「気に留めない」」「受け流す」ことができるようになりました。歳を取ると何かの技術を身につけるのではなく、外部環境を素直に受け入れるようになる、それが最大の成長かも知れません。

合わせて人を責めない代わりに人の意見を聞いたり、人に依存することもなくなります。自分が思った道を行く、自分の考えで行動する。考えに同調してくれる人とは一緒に行動するし、意見が違う人とは別の道を行く。

ただそれだけですが、こっちが責めなければ、向こうも責めてきません。自分の好きなことに没頭しているといずれの日かどこかで心の接点、理解が生まれるかもしれません。それはそれでハッピーなことと受け止め、仲良くするばよいだけの話です。
posted by tk at 07:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

コロナのおかげで体力も服もワンサイズアップ

解除になって喜んでいるのに東京都と北九州市で院内感染が出ました。新型コロナに病院で罹っているのですから皮肉なものです。新型コロナを抑えたのは日本の医療産業の充実です。一方でそれだけ日本国民が医療機関のお世話になっているということです。だから病院に行くあるいは入院する頻度も高く、新型コロナに罹る危険性も高いということです。

ニューヨークを見ていると新型コロナで病院に運び込まれると次は墓場ですが、日本の場合は生還です。大きな違いです。解除以降の感染が病院内クラスター感染なので2ヶ月前のパニックのような動揺はありません。

医療機関との付き合いが長い生活は高齢者になるととみにそうなります。今日、歯科医院にクリーニングで行きます。クリニックで解除が解けたので声をかけてくれました。来週はいつも行っているクリニックの定期診察です。いつも1ヶ月半に1度行っていますが、今回はコロナがあったのでドクターが2ヶ月間のインターバルを取ってくれました。

前回、「今度来る頃には鎮静化しているよ」のドクターの予言ぴったり当たりました。現場のドクターの見立てはさすがです。6月になったら中断している胃の内視鏡と大腸の内視鏡も予約しようと思います。

2ヶ月間、お店が閉まっているので夏服が買えませんでしたが、今週から営業しているので行ってきました。上も下もワンサイズアップです。今まで体重が増えないように気を付けていたのでワンランクサイズアップにはめげていましたが、昨日は嬉しく受け入れました。

体が大きくなったというのは筋トレのおかげです。それだけ体力がついたということです。今の自分の体力に合ったサイズはこれなんだと嬉しくなりました。今回のコロナ禍で健康診断の数値に一喜一憂するのはあまり意味のないことだとわかりました。でも実際は健康診断スコアもむしろよくなっています。

断酒も4月が25日、5月はこのままだと17日です。5月は2日ほど今後の経営方針を考えていて目が冴えてしまって酒のお世話になりましたが、それ以降はまたずっとお酒を飲んでいません。我慢しているのではなく、お酒を飲もうという気がしなくなりました。

酒はなぜか疲れた時の方飲みたくなります。元気で体力十分だとお酒の力を借りる必要がありません。むしろ飲みたくないと思います。コロナは私を体力アップして元気にしてくれました。
posted by tk at 06:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月28日

解除から3日目、新しい手を打っているか?

中島飛行機といえば戦前の「零戦」「隼」を代表するような戦闘機メーカーです。戦後は富士重工になり、最近、自社人気自動車のブランドであるSUBARUに社名変更しました。

中島飛行機は群馬県太田市に本社を置いていました。その太田市在住の知人から聞いた嘘ような話ですが、本人は本当の話だと言っていました。その話は創始者の中島知久平が敗戦の日の8月15日の翌日16日定款変更した新会社富士産業の設立登記をしています。変わり身の速さ、手際のよさ、見事です。

軍需産業の最前線の戦闘機メーカーが敗戦の当日、平和産業の会社を設立しているのですからその慧眼には敬服します。戦争中にそんなことをすれば非国民で社会的な制裁を受けます。

誰よりも分かっていたのでしょう、中島知久平には「この戦争は負ける」ということが。戦闘機技術の最先端、最前線にいるのですから。敵の分析も1番できていた。敗戦の日から新会社を起こし、リアカー、自転車、鍋、釜、乳母車等を製造し始めて糊口を凌ぎます。それからスクーターの製造を始め、さらに10年近くしてから名車スバルが世に出ます。

自動車製造の特にエンジンの技術は戦前から持っていたのでしょうが、戦闘機メーカーが平和産業の自動車を製造するのを世の中が許すのに10年近くかかったということでしょう。

昨日は非常事態宣言から2日目ですが、数人の方から電話をいただきました。そのうち2名は仕事の依頼でした「非常事態宣言解除まで待っていたんだけど鳥巣さんにやってもらいたい仕事があるんだけど、受けてくれますか?」

願ってもない、嬉しい話です。幸先がよいです。こっちが鬱々している期間、何かをやろうとしていた経営者達も同様、鬱々していたということです。

2ヶ月間の非常事態宣言期間は国民にとっては理不尽な謹慎期間でした。しかし、経営者はその間にこうなったら、こうしよう。こういう場合はこういう手を打とうと気が狂うくらいいろんな場合のシュミレーションをしていたはずです。

だから解除2日で実行開始で私に連絡が来ました。こっちの私もそうです。今後について膨大なシュミレーションを行いました。最善は余り考えられなくてむしろ最悪回避のシュミレーションばかりでしたが。

今日で解除3日目です。当社の置かれている状況が大体わかります。この謹慎中に考えたどの手を打つか?当社ももう始まっています。急に会社が活気付いています。私スタッフの多い会社は変化への対応、いや変化を起こす力も旺盛です。
posted by tk at 07:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする