2017年07月12日

農業が国民的な職業になってきた

昨日から岡山県6次産業化サポートセンター主催「岡山県6次産業化ビジネス塾」が始まりました(写真左・右)。

よく覚えていませんが、第7回目か8回目です。全国的に6次産業化が下火の中で唯一、うまく行っているセミナーです。

定員20名に対して27名が応募しました。自己紹介を聞いていると、農家で生まれて農家を継承している人は一人もいません。

放棄耕作地を新規に購入して新規就農したご夫婦、親が高齢化したために、実家の農地・農園を引き継いだ娘さん、定年帰農で農業を始めた方、もう1つは異業種からの企業の農業参入等です。ここの農業担当社員の参加も半分近くを占めます。

シルバー女子の農業開始が多いのも特徴です。これは岡山が果樹県であり、桃やぶどうの産地であるのも関連があるのかも知れません。昨日もコメ農業をやっているという人は一人もいません。

農業は農家の生業だけではなく、日本国民の職業になってきた感があります。農業復活の手応えをしっかり感じます。

受講の動機を販路、販路という人も減って来ています。規格外の姿、形の悪いものの活用方法を学びたいという目的の受講者が圧倒的に多いです。

国の6次産業化がうまく行かなくなっても、農業現場は身の丈に合った6次産業化を志向しているということです。

このセミナーは当初は6回シリーズの4回くらいは私が講師をしていました。どんどん、減って昨年度はついに1回しか壇上に立ちませんでした。今年は2回立ちます。

私が代表を下りたので、当社セミナー企画担当も私の出番を減らしていますが、少なからず現場からは不満の声が聞こえて来ます。

会社の代表は下りて、経営には口を出しませんが、セミナー現場の講師の私の出番を減らすことは潟Lースタッフの死を意味します。今年度は再び、私が最前線で講師に立ちますのでよろしくお願い申し上げます。
20170711_160913.jpg20170711_155458.jpg
posted by tk at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月11日

商品代よりも送料の方が高い

昨日は沖縄県離島特産品等マーケティング支援事業の審査会でした。私はこの委員を5年務めています。

13年くらい前から沖縄県の離島の加工特産品づくりの支援をしているので、この事業に手を挙げる事業者も結構、顔なじみです。当時、中学生だった子供も既に成長して後継者として頑張っています。

次の世代への後継が行われている事業者は経営自体が積極的なのでこの事業にも進んで手を挙げてきます。

沖縄県は数少ない人口が増えている都道府県です。特に首都の那覇も元気ですが、石垣島や宮古島の有名離島も観光客が増えており、バブルの様相を呈しており、ビジネスチャンスもたくさんあります。当然、移住者も増えており、移住者の起業も旺盛です。

農産加工食品を開発して大都市に出荷すると出荷価格は小売価格の5掛け、かつ運賃こっちでは儲かりません。観光客が増えていると言うことはインバウンドの人に売っていけばよいわけです。しかも直売すれば5〜6掛けでなくて小売価格で販売できます。観光客が持って買えるので宅配費は不要です。

また、人口が増えていると言うことは内需が旺盛ということです。沖縄県民・島民に販売すればよいのでこれまた輸送費がかかりません。

本土の人に売るにしても自前でウェブ販売すれば小売価格で販売できて輸送費負担だけすればよいです。

ただし、輸送費が高騰しており、商品代よりも輸送費が高いと言った悩みはあります。当社がある沖縄の離島から生もずくを購入しますが、商品代が5kgで2000円で、送料が2700円です。

輸送費を低減しようとすれば加工食品をつくり、がさの小さい最終商品で販売することです。そのためには離島自身が加工食品技術を身に付け、自分達の売りたい商品を製造できる食品加工場を建設することです。

10年以上に亘り、私は沖縄の食品関係者にそれを説いてきました。親の代はなかなか受け入れられませんでしたが、最近、離島特産品等マーケティング支援事業に手を挙げる後継者世代と移住者達からその声が上がり始めたのは頼もしい限りです。
posted by tk at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

タトゥーをした人が多いのには

沖縄空手剛柔流世界大会は我々参加者は全員壇上に上り、オープニングで三戦(サンチン)という型を全員で行います。

この時に男子は全員道着の上着を脱いで半裸になって行います。

びっくりするのは外国人はタトゥー(入れ墨)を入れた同門者が多いということです。彼らは空手をやっているくらいですから東洋びいきなので、図柄もオリエンティックなものが多いです。

しかも漢字やカタカナで意味不明の表記がされています(彼らなりにはよく理解している熟語なのでしょうが)。これはファッションの一環なのでしょうか?

女子は半裸にはならないのでタトゥーを入れているかどうかはわかりませんが、男子の多さから推測すると少なからぬ人が入れているのではないかと思います。

白人女子などは透き通るようなきれいな白い肌をしているのにそれに彫り物を入れるなどもったいない気もしますが。

今もそうなのかも知れませんが日本も極彩色の彫り物をその筋の人が入れていました。温泉、サウナ等は入場を禁止しています。

自分の体に彫り物を入れると言う感覚は私には理解できませんが、価値観の相違ですね。当社の野口に聞くと世界中アーチスト関係は相当に一般的なファッションになっているそうです。

夜のレセプションになると、外国人はこの暑さなのに男子は正装、女子はパーティドレスのフォーマルが多いです。

昼間のタトゥーの同じ人なのかと目を疑いたくなります。極めて礼儀正しいし。セルフの料理が並ぶところも大混雑しても全員がきちんと並んで、割り込むわけでもないし、先を争うわけでもないし。

男子も女子も酒はよく飲みますが、ばか騒ぎする人や泥酔する人はいません。圧倒的に日本人よりもお酒が強いです。

服を着た状態と裸の状態と両方見ると文化や風習の違いが垣間見えてきます。なかなか面白い体験の2日間でした。
posted by tk at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

名人に派手さはない。精進あるのみ

昨日は国際明武館剛柔流空手道連盟総本部の国際大会の試合でした。試合と言っても沖縄空手の場合、格闘はなく、型を披露して、5人の審判がそれに点数をつけて上位を競うものです。

私も出る資格がありますが今回は出場していません。下手でも出場すれば少しでも上位に行こうと頑張ります。経験年数からしても私が出場しても上位に来る可能性はあり得ません。

それよりも出場している同門者の型を観察して、空手の名人とはどういった型をするのかを学ぶことに徹しました。

国籍、年齢、性別関係なく名人の型は体の軸がぶれません。体幹が崩れません。上手な型はあまりにも決まり過ぎていて、派手なアクション、パフォーマンスがありません。やっぱり空手というのは見世物ではないということです。

もう1つの認識は私の知り合いの先輩達も各部門の優勝をさらっていましたが、その人達は生活が空手中心に組み立てられている人たちです。

もちろん、仕事もよくしていますが、日々の生活が「空手生活」の人達です。休日、余暇のすべてを空手に費やしています。人生の目的の主要部分が空手である人達です。

今回は外国人の参加者が主です。むしろ日本人の方が少数です。外国人の名人の多くは空手道場を経営している人達でいわば空手ビジネスをしている人達です。

試合の合間も黙々と練習しています。毎日毎日空手に精進しています。こういった生き方、人生は国籍も関係ないものです。

私にとっての空手はむしろ健康づくりです。90歳まで元気で生きられる健康づくりが目的です。

さらに今回の参加の収穫はサラリーマン時代までは多少なりとも外国というものと関係のある生活でしたが、起業後、海外とはまったく無縁の生活・社会に身を置いています。

今回の空手世界大会は再び私に外国の存在を意識させました。エクセレントローカルに国籍はないということを身を持って体験しています。
posted by tk at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月08日

沖縄県の観光産業のレベルは高い

昨日から那覇にやって来ました。飛行機は超満員でした。沖縄は大変景気がよいです。主産業の観光産業もよいのでしょうが、内需の生活関連産業も好調なのでしょう。

若い人が多いのも特徴です。地方に行くと高齢者が目に付きますが、沖縄は東京と並んで若者の多い町です。

特にホテルのような観光産業に従事している人は若者が多いです。そしてそのホテルフロントスタッフのレベルが高い、質がよいです。観光立県なので競争が激しく、レベルが高いのでしょうか?

それに対して客の方が負けています。マナー、態度どれも見ても沖縄観光客のレベルは低いです。まず、東京ー那覇便の機内、那覇空港からのモノレールの車内、ほとんど本土からの観光客です。

那覇空港に着いて最初のストレスはモノレールです。車内にものすごい大きな荷物を持ち込み、全部、乗り降りの入り口に立ち塞がります。目的駅でちゃんと降りられるかハラハラドキドキです。

中国や東南アジアの観光客のマナーが悪いのが問題にしますが、彼らは日本のルールを知らないために摩擦を起こしますが、沖縄観光は観光客は日本人です。日本のマナーは知っているはずなのに、態度が悪い。

沖縄県の住民はそんな日本人の本土からの観光客に寛大です。やり放題にやっていても怒りません。これが沖縄スタイルといえばそうなのでしょうが。国際都市、かっての海洋国家琉球王朝の流儀といえば流儀でしょう。

かって幕末にペルーがやって来て我が国に開国を迫ります。我が国は蜂の巣をつついた騒ぎになります。

実はその前にペルーは琉球にやって来て琉球王朝に開国を迫っています。それに対し、琉球の役人はペリー一行を手厚くもてなし、感激させて、開国もうやむやにして、日本に追いやってしまいます。役者が一枚上です。

その那覇も国際都市としては東京と並ぶ知名度の高い都市です。おとといから始まっている沖縄空手剛柔流八木道場主催の国際大会には世界10数ヵ国から250人の同門者が集まっています。
posted by tk at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

新しい提案ができるか。まさにそれが生き残り

昨夜も12時まで仕事をして、今朝も午後5時前に起きて、家事・出張の準備をしていました。

潟Lースタッフ、銀座エクセレントローカルさらには(社)エクセレントローカルの仕事、私生活では家事すべてさらに空手の稽古をやっているとおかげさまで忙しいです。とても老け込んでいるひまはありません。

最近、仕事は(社)エクセレントローカルの仕事が増えてきました。8月20日(日)に社員総会を開きますが、その準備もやっていますが、一人でやっているのでなかなか進みません。おかげさまで業務も(社)エクセレントローカルの受注が増えてきました。

6次産業化が下火の中、行政も次の1次産業支援が見つかりません。6次産業化、地方創生がここ数年の行政の目玉でしたが、完全に成果を出せないまま終息です。

私は次はエクセレントローカルだと言っています。潟Lースタッフが商標登録したこの言葉が次の農水畜産業、食品メーカー、流通業者を生き返らせるキーワードです。

私は長い四半世紀に亘るコンサル生活の中で行政頼らない、自力で生きる道を見つけた1次産業、食品産業のみが生き残っていることを実感しています。

それは何か?行政頼りもだめですが、流通頼みもだめです。販路開拓といって流通ににじり寄っていること自体、倒産への道をまっしぐらです。昨日お見えになったお客様が超優良食品スーパーと言われている企業も買い叩きに入っていると言っていました。

超優良であるためには、右肩上がりを決算と続けるためには衰退を続ける我が国の食マーケットの中で利益を増やし続けなければなりません。超優良の美名の陰で買い叩きが行われています。

スーパーという業態自体がすでに崩壊過程に入っていることに気が付き、そこから決別した1次産業者、食産業者、まさにエクセレントローカル企業の時代なのです。

そんな中、ここ数年6次産業化の中で予算をいただき、生きてきた潟Lースタッフが新提案をしてくれるかセミナー受講者達は真剣そのものです。その提案ができなければ潟Lースタッフも墓場行きですね。若い経営者達がんばれ。
posted by tk at 07:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

食と運動の一体化が医療を超える

昨日は午前中、空手の稽古をしていました。3時間しっかりやるとそれなりの体力も使うし、お腹もペコペコです。少年期を除くとお腹ペコペコなんて状態になったことがないので返って健康を感じます。3時間の稽古に耐えうる体になって来たことは実に嬉しいことです。

仕事しなくてよいのか?最近は土日休日の仕事が結構入るので、その振り替えで平日の時間を稽古に充当しています。私の肉体改造は着々と進んでいます。

今週末は入門している国際明武館剛柔流の5年に1度の国際大会があるので、那覇に行きます。世界中から250名の同門者がやって来るそうです。

日本は沖縄総本部の同門者と我々東京本部が参加です。東京からは10名程度が行きます。それで私も仲間に誘われて那覇行きです。会場づくり等の裏方で少しでもお役に立てれば空手をやっている意味もあります。

昨夜は銀座ELに潟潟塔N&コミュニケーションの渡辺社長夫妻と友人の方々がやってきました。

渡辺氏は「カロリーママ」で有名です。渡辺氏は生活習慣病の予防のため、健康保険適用で食生活を分析して医師の診察を受けるしくみ「カロリーママ」を考案してビジネス化して成功しました。

昔の会社の同僚で彼が新入社員で入社した頃から彼を知っています。20年ほど前から彼がこのビジネスを立ち上げた頃、私は地域農水畜産物を活用した農産加工食品開発支援を始めました。

その当時、お互いのビジネスの距離はありましたが、食と医が一体化する時代になりました。これからの老後の人生は医療による寿命伸長よりも、食による健康寿命伸長に軸足が移ります。昨夜は2人でいよいよお互いのビジネスが一体化する時代が来たねと笑い合いました。

私の空手による肉体改造も90歳まで健康に生きるためのものです。
posted by tk at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

長く付き合える方は尊敬できる方

今のところに越してきて偶然見つけた理容店に行っています。たまたまその時にやってくれた永木さんが上手でずっとお願いしています。

千葉にいた頃も行く理容店は決まっていました。何も告げずに越してきたのでどうしたのかな?と思ったでしょう。

長く付き合えるということは幸せなことです。医師・医院もそうです。

30年以上お世話になっているデイム歯科医院の指宿先生が引退されるので昨夜は銀座ELでささやかな慰労会を催しました(写真)。

会社を辞めた時に先生もびっくりしたでしょうが何も聞かずに「鳥巣さん、独立だね。すばらしい。私はそういうのは大好き」と一言。この言葉を今でも覚えているのはこの言葉に救われたからです。

昨夜、歯科医師で、料理も大好きな先生に「食と医療の一体化の時代になりました。先生、セミナーの講演に立ってくれませんか?」二つ返事で「いいよ。喜んで」

先週から町田訪問が増えています。目的は五十嵐鰹節の五十嵐会長です。四半世紀前からのお付き合いです。

五十嵐会長が10年前に立ち上げたインドネシア・バリ島の家具、調度品、雑貨等のお店バリパラダイスを訪問しています。

エクセレントローカルは日本だけでなく、世界で活動すると宣言しましたが、その最初でバリのエクセレントローカル企業を訪ねます。

海外オンチでかつインドネシアには行ったことがありません。皆目検討も付かない世界に目的地まで道筋を立ててくれたのは五十嵐会長と宇山店長です。

五十嵐会長も「鳥巣退社」の噂が飛んだ時はビックリしたはずです。でも何も言わなかったし、その後態度も変えずに付き合ってくれました。

再起して中小企業診断士になり、当時の中小企業事業団中小企業診断士コースの指導員をしていた時に、経営診断実習のために診断先をお願いしたらすぐに動いてくれて町田のおそば屋さんを紹介してくれました。本当にありがたかった。

会社員時代とその後では私の人脈はがらっと変わります。会社員時代以後も付き合いがあるのは会社の同僚を除くとこの2名の方と大手広告代理店のHさんの3名だけです。この3名だけが私の絶体絶命のピンチに私に対する態度を変えませんでした。
20170704_192214.jpg
posted by tk at 07:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

やりすごす、受け流す力量

旅をしていると些細なことでも気にし始めると気になることがあります。

私は新幹線も飛行機も通路側の席に座ります。それが日曜日・月曜の青森出張では大人の休日ホリデイパス期間のため混んでおり、行きはA席、帰りはB席でした。

A席は窓側なのでB・C席の人が足元にキャリーバッグを立てていると通路側に出られません。B席は左右に人がおり、窮屈です。

今週末の沖縄行きもまだ座席が確定していません。窓側席だったら3時間強閉じ込められたままです。

しかし、こんな時はそんなことはどうでもよいことだと思うことです。そして通路に出たい時はひたすら頭を下げて出してもらうことです。

いちいち気にしない、やり過ごす力。それが必要です。誰も人を支配することはできないのですから。人間社会の言葉、マナーはある時は生きる活力に、ある時は凶器になります。護身のためには不快なことがあってもさっさと忘れてしまうことです。

自分のことなどどうでもよい。ちょっと我慢すれば済むことなんだから。

自分が幸せな人生を生きようと思うなら、生きる達人になることです。例えば、何かを為そうとすると一人ではできません。誰か、本気になって協力してくれる人が必要です。

本気で協力してくれる人を得るには、自分がいつも人の為にやっているかどうかです。問われているのは、試されているのは自分の方です。

ビジネスの成功者、あるいは人生の達人の共通点は常にその人が常に人のために汗を流しているということです。人のために労を惜しまない人でないと誰も付いてきません。

大半の人が自分のために生きている。少し、広げても家族のためです。自分のためだけに生きている人は必ず失敗します。私はそういった人を山ほど見てきました。

自分にとってはどうでもよいことはやり過ごし、人のために汗を流していれば人間をやっている価値があります。
posted by tk at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月03日

魚が美味しい地域に行くのは楽しい

昨日は青森市で仕事でした。青森県行きはかっては飛行機で行っていましたが、最近は東京から3時間の新幹線で行くことが増えました。

私の好きな食べ物は魚料理です。出身の福岡県糸島は目の前が玄界灘で、当時は食事は自宅栽培の野菜と魚ばかりでした。魚の魚種は豊富でしたが、鯵、鯖、いかが多かったです。

東京にやって来て魚がまずいのには閉口しました。今でも東京で食事するときに刺身(お造り)は注文しません。まずい上に、価格がバカ高い。お店はその日のうちに売ってしまいたいのでやたら刺身を勧めます。これほど価値と価格が乖離している食べ物はありません。同様のことはお寿司にも言えます。ネタがまずい上に、価格はバカ高い。

青森県に行くと刺身や寿司を食べるのが楽しみです(写真左・右)。鮮度がよい上に、津軽海峡で揚がる魚は味がよい。魚種も近海ものが多く、いろんな魚を楽しめます。冷凍物の魚は使わないというお店もあります。さらに青森県はほたて漁が盛んで、ほたてが刺身のグレードを上げているとも言えます。

それにセットのお酒も美味しいです。東京で全国の銘酒を飲むとこれまたバカ高い。青森県では青森の地酒を東京の半値くらいでふんだんに飲めます。

そう考えると産地に近いところほど美味しいものが食べられるということになります。東京の外食チェーンはビールの安さと料理の安さがウリです。食材も価格が安い肉、鶏肉が多く、さらにやたらと価格の安い炭水化物が多いです。

水産品も冷凍物ばかりで、フライは冷凍食品、天ぷらのネタも冷凍食品。加工しているのはほとんど海外です。

水産業は経営が苦しく、漁師がいなくなりました。

そんな中で水揚げと消費が一体化しているお店は流行っています。青森県深浦町の道の駅かそせいか焼き村、福岡県糸島市の福ふくの里。ともに漁協が経営の中心にいますが、非常に美味しい魚を食べられ、買えます。

銀座エクセレントローカルも刺身のメニュー化は二の足を踏んでいましたが、先週から深浦町の天然真鯛、まぞいの刺身が登場しました。

それ以前からメニュー化している煮魚等は糸島産と深浦産がほとんどです。今週からそろそろ糸島産の刺身も登場です。
20170702_120908.jpg20170702_174822.jpg
posted by tk at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする