2020年03月11日

会社の使命はお金を得ることではなく、払い続けること

新型コロナウィルスが相変わらず感染者を増やしています。国民全員の精神的な苦痛も計り知れないものがあります。トイレットペーパーの買い占め、マスクの転売等も下劣な行動ですが、一面国民の精神的な不安の表れかも知れません。藁をもすがるとも言えるかも。最も安い安心保険。

経済社会に及ぼす影響も大きく、大半の経営者は自粛がいつまで続くか?自粛が続けば会社が存続が危うくなると危惧していると思います。この現象の中で笑いが止まらない業種があるとしたらそれは悪魔のビジネスです。

特に中小企業の大多数は大きな負債を抱えて経営しています。1ヶ月運転資金が入って来ないとたいていは危機に陥ります。ある中小企業の社長が私に教えてくれた名言「会社の使命はお金を得ることではなく、お金を払い続けること」

たいていの人は起業して成功すればたくさんのお金を得ることができる、そして豪華な生活ができるとまで行かなくての日々の生活が楽になり、老後の心配もしなくてよくなると思っています。

しかし、この社長は「お金を払い続ける」ことが会社の使命だと教えてくれました。仕入先、得意先、従業員の給与、福利厚生費、税金等がちゃんと支払えれば企業としては成功です。

大方の中小企業経営者の頭をよぎっているのはお金が入って来なくなるとお金を払えなくなり、倒産するという懸念です。この不安が日本中に蔓延するのが新型コロナウィルスの蔓延よりも実は怖いです。

「だからあすのことをことを思いわずらうな。あすのことは明日が思いわずらうであろう。一日の労苦は、その一日だけで十分である」(マタイ伝)

「戦闘における指揮官にとって最も恐ろしい敵は取り越し苦労である」(ハミルトン英大将)

「このような状況において指揮官は先ず楽天的であることが重要である。彼の指揮に自信と情熱と楽観の匂いがなければ勝利はおぼつかない」(アイゼンハワー米元帥)

さあ、無心でかかりましょう。
posted by tk at 08:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月10日

最後に決めるのはお上ではなく、民

今日も宮崎県にいます。3週続けて宮崎県にいます。最初は2月26(水)27日(木)、2回目は3月3日(火)4日(水)で今回3回目は9日(月)10日(火)です。

第1回目は帰りの飛行機の乗客が多く、溢れる人で検査場の通過に40分以上がかかりました。これに前後して政府が新型コロナウィルスの自粛を打ち出しました。

2回目の先週は嘘のように空港はガラガラ。人の出も1/10近くまで減少してしまいました。宮崎空港だけでなく、羽田空港もです。お土産品販売店から試食品も消えました。

今回の3回目は飛行機は機内サービスの飲み物サービスと機内ショッピングがなくなりました。飛行機に乗るようになって50年近くなりますが、飲み物サービス中止は初めてです。

昨日の乗客数は自粛の徹底が始まった第2回目よりは増えていました。しかし、乗客の主は20〜30歳代の男子が多いです。会社も健康そうな頑丈な男に出張を命じているのかどうか知りませんが、確かにそういった人が多いです。高齢者がほとんどいません。また、観光客もほとんどいません(観光県宮崎県なのに)。

第3回の出張でいずれも宮崎県高鍋町のママンマルシェを訪ねました。第1回目の時は通常よりも客の入りは少なかったです。先週、第2回目は人っ子一人いないに近い閑古鳥でした。昨日行ったら通常までとは行かないまでも客数は回復基調でした。

子供連れのお客様、特に高齢者が多いのは学校が休みになったから?敷地内にあるいちごの摘み取りハウスも前日お客様が多くて、我々が行った時は熟れた食べ頃いちごはなかった程です。

政府は2週間程度の「自粛」を打ち出しました。2週間経ちましたが、解除されません。あと10日が正念場になりました。合計1ヶ月ここが限界でしょう。

「自粛」なので守らなくても法には触れません。民が「自粛疲れ」に我慢できなくなって動き出しています。政府は再開を打ち出せないでしょうから民による通常業務、通常行動を黙認する形で徐々に平常に向かうのかも。

国民全員が犠牲にしなければならない「自粛」ほどの感染、蔓延があるのかどうか?やっぱり行動は民から起こるのかも?
posted by tk at 06:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月09日

起業する人に出資するのは楽しい

私の空手の先輩(Tさん)が定年を2年残して退職することになりました。沖縄県特産品ショップの東京店の店長でした。彼には2つの感謝があります。当社は食と農のマーケティング、加工特産品の看板を掲げています。10年ほど前から沖縄の離島の仕事をするようになってこの人にずいぶん加工特産品の極意を教えていただきました。

沖縄県は日本本土、特に東京から離れています。物流経費が相当にかかります。売価を高くしなければなりません。そういうハンディを背負っての特産品開発や健康食品開発を学びました。

もう1つは7年前に右膝が壊れてしまい、杖をつきながら歩いた時がありました。ほぼ全治するのに2年かかりました。それから1年経った頃、空手をやったらと誘いを受けました。当時の膝からすると信じられない誘いでした。それから4年経ち、膝は完全完治です。体も日増しに若返っています。

そのTさんに再就職よりも起業を勧めました。彼の実績と能力だとこれから15〜20年は加工特産品コンサルで活躍できます。

起業の準備に入りました。株式会社の設立です。私も多少、資本を出すことにしました。株主になります。私の出資は投資目的ではなく、応援です。リターンを求めているわけではありません。

それはそうですよね。出資金は基本的には会社は出資者に戻す必要のないお金ですから。最近は娘が会社設立したのを知って、慌ててお祝いの出資をしました。

私は商標登録と起業支援は大好きです。商標登録は当社はかなりの名称の商標登録しています。マネされないための手です。起業支援は自ら無一文で起業して、5年後に有限会社にして、3年後に株式会社にしたからです。

お金がなくて(今もないですが)当時の要件1000万円の資本金を充たすのが大変でした。私の仕事は行政がほとんどなので3月末にまとまってお金が入って来ます。それでも零細なので1000万円は入って来ません。足りないものはクルマやパソコンを現物出資して資本金に組み入れました。

当時両親も弟夫婦も聞きつけて出資してくれました。ただし両親は出資ではなく、「お前にやる」だったので株は私名義になっています。弟からはのはいつでも返せるように手をつけないで資本準備金に組み入れました。それで資本金1000万円は私の全額出資ということになっています。

そんなことを思い出しながら、Tさんの会社に出資します。起業して会社を設立するのは楽しいですよ。
posted by tk at 07:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

何でも自分でできるようになるのが一番

自分でできるようになるのが一番です。会社で上司が部下にやらせて、うまくできなかったら怒ります。怒られた方が内心、「じゃあ自分でやれば」と思っています。まず100%自分のせいとは思っていません。これは夫婦にも成り立つ話です。

ではおだててうまくやらせる。これが一番いいですが、それ以前に人手がない、やれる能力のありそうなのがいない。それならやらないまま放置される。大体、そんな流れです。

私は自分のことは自分でやる派です。早く生母を亡くしているからです。それに自分でやれば体を動かすので健康によいからです。一日中会社の椅子に座っていると「Sitting is next smoking」になってしまいます。臍下丹田を中心にして歩くと本当に体によいです。

自分でできるようになると人生が広がります。行動も自分でやるので即断・即決・即動です。精神的に人に頼むストレスがなくなるので気分快適です。

私生活は当然、全部自分でやっています。今のところ不自由することは何もありません。掃除も毎朝、クリーナーをかけています。ゴミ出しも溜まらないうちにやっています。洗濯は在宅している時はほぼ毎日しています。当たり前ですね、独り暮らしなので。

仕事についてはコピーや買い物や郵便局・銀行への用足しの日常業務を誰かに命じることはほとんどありません。これまた当たり前です。私は平社員なのですから。

IT操作に関してはできないので社長の野口を頼りにしています。いやな顔一つせずに教えてくれるので、頼り切ってしまい、なかなか自分でできるようになりません。これが今後の克服課題です。

とは言ってもまだ現役の私に東京に在社している時はものすごい勢いでものすごい量の仕事と情報が入って来ます。これの整理と保管と次の行動だけで目が回るようです。秘書業務は確かに必要な状況です。

(一社)エクセレントローカル事業の石けんが好評です。宮古島で製造して梱包したものが送られてきます。そのまま放っておいて品切れ状態でしたが昨日ようやくラベル貼りをしました。

これもすでに新しいラベルデザインは出来上がっているのですが、これをパソコンに落とし込んでラベルサイズにして印刷するスタッフがいないので相相変わらず私がAーoneの無料ソフト「ラベル屋さん」で作成したものを使用しています。

新型コロナウィルス騒ぎでしばらく時間ができるだろうから松戸の加工場でも私の手で加工食品開発を始めようかと思っています。ちょうど、4月から新人が入るので、野口に頼んで彼女の労力の1割でよいので私のアシスタント業務に回してもらえないかお願いしています。

posted by tk at 09:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

一番になれない中くらいの人生

私は一番になったことがありません。成績は中の上くらい。ちょっと頑張って上の下くらい止まり。小学校の作文も図画もよくて佳作か、入選です。佳作人生です。佳作は参加賞みたいなものだから大多数がもらえます。そんな佳作でも受賞すると祖父母も両親も喜んでいました。末は作家か画家かと。

アワードでグランプリとか大賞を取る人はやっぱり天才ですね。そういった能力を備えているのでしょう。

私が一番が取れないのは能力がないのが原因ですが、基本的に人に評価されるのが下手、人前での優等生的な態度や表現が下手くそです(学生の頃はよく先輩に殴られ、教師には嫌われました)。

今では人前で相当講演しているではないか?当初、この稼業に入った頃、壇上に立つと震えて震えて。とても人前で話すことはできないと悩みました。

でも幼い子供の顔がちらつくと食うためと心に念じて喋っていました。今でも私の講演は決して上手ではない、壇上に立つと受講者と目線を合わせるのが怖いです。

会社の入社試験の面接でもそうです。受験したところは全部落ちたんじゃないかな?それでコネに頼るしかない。入試試験の面接で上手なことが言えません。クラブ活動をしなかったのは?はい、遊びたかったからです。学生時代の思い出は?酒飲んでたくさん遊べたことです。なんで2浪したの?頭が悪いからです。

受かる人はクラブでキャプテンを務めたとか、映えある戦績を残したとか、全部優の成績だとかです。そんなことを聞いてどうするの?入社試験の加点のためだけに大学生活を過ごした学生を採用する面接官もバカといえばバカですが(とこんなことを言うから落とされる)。

優等生にも旬があります。65歳にもなったので会社時代、大学時代、高校時代、中学校時代の同級生と会うことが増えています。中学時代の一番、高校時代の一番、大学時代の一番でそれを持続した、それに見合った人生を生きているのはほとんどいません。

あの時が人生のピークだった人ばかりです。鳥巣、今どうしているの?と聞かれ、まだ働いていると答える自分はひょっとしたら輝かなかった代わりに今も旬なのかと思ったりして。相当にとうの立った旬ですが。

歴史の本が好きなのでよく読んでいます。人物は名前のあとに()で誕生年〜死亡年が出ます。昔の人の寿命は40歳後半から60歳代です(もちろん80歳代まで生きた人もいますが)。

この今から見ると短い人生であれだけの功績を成し遂げているか感心します。人生は長さではないと思いつつピークが来ない人生でいいので元気で長生きしたいと思うのは私だけですかね?
posted by tk at 07:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

花のニッパチ66〜67歳。まだ働いている

先週訪問していた宮崎県でゴボチで有名なデイリーマームの和田社長ともう一社訪問した牛の繁殖肥育と野菜生産の農業生産法人の社長と同行した九州のボランタリーチェーンスーパーのトップと私と4人の共通点。奇しくも花?のニッパチでした。

花のニッパチとは昭和28年生まれ、あるいは28年度組(28年4月1日〜29年3月31日)生まれの両方ともオーケーのようなので昭和29年生まれですが私もニッパチです。年齢は今年で66歳〜67歳です。

企業では既に定年退職して数年経っているはずの人間です。この世代が実に中小企業や農業には多いです。もちろん現役です。中小企業は創業者、オーナーがニッパチだと大企業や銀行に勤務していた同級生を定年後、再就職で引っ張ってくるのでそこで第2の会社員生活をしています。

この宮崎に限らず、私は全国を訪問しますが花のニッパチ世代によく出会います。同い年なので子供もたいてい30〜35歳くらいです。話題は孫がいるか?です。普通だと「いる」はずですが、「いない」が結構多く、私も「いない」です。「いる」」「いない」半々くらいですかね。

次に創業者、オーナーの場合はこの子供への後継の時期に差し掛かっています。当社のように同族でない会社は少なく、たいていが長男を後継者に考えています。当社は長男が当社にいますが、後継といった候補に上がることはありません。今後の精進次第で、社長になるかもしれませんが。

最近の傾向は長男ではなく、娘を後継者にが増えています。しかも長女ではなく、一番下の娘をといった傾向はあります。幼い頃から親にくっついて仕事の手伝いをしていたからでしょうか?蛙の子は蛙。

後継で悩むのは自分の子供を社長にした場合の能力でしょう。「創業者の子供」だけでは誰も社員はついて来ません。親の代は親父が目配り、気配りしていれば会社は動きましたが、大きくなって組織で動くようになるとそうは行きません。大きな問題にぶつかります。

当社の社長は43歳ですが、私は社長とほぼ創業時期から2人でやっていたので、若いですが、当社の中身をすべて掌握しています。これは後継者としてはもっとも大事なことです。

また、創業者、オーナーの学生時代の友人あるいは幼なじみで請われて第2の会社生活をしているニッパチ組も多いです。彼らは「親父は60歳で定年退職して年金で悠々自適の生活だったのに。俺はまだ働いている」とぼやきながらみんな楽しそうに働いています。

posted by tk at 08:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

それでも経営戦略は着々と進む

まさかのテリハボクが商標登録申請受理の通知が特許庁から来ました。テリハボク(照葉木)は日本では宮古島、石垣島、小笠原諸島等に自生、あるいは植林された防風林(木)です。

その実が油分を多く含み、地元では「ろうそくの実」とも呼ばれています。この実から搾ったオイルはフィジーやサモア諸島では「タマヌオイル」と呼ばれ、アンチエージング機能があるということで現地の女性のみならずアメリカ、ヨーロッパで美容オイルとして大変な人気です。

日本でもタマヌ=テリハボクはエステサロン等で大変な人気です。我々はこのテリハボクの日本産(宮古島産)を宮古島で搾取してオイルにする試みをやってきました。これは現地の楽園の果実の砂川重信・智子さんが成功しました。

このテリハボクオイルでテスト的に宮古島の石鹸工房にお願いして、雑貨石けんを製造して、(一社)エクセレントローカルで販売しようとしています。まだ、サンプリング段階ですが、大変好評です。そろそろwebで発売しますが、人手不足で発売できない状況です。4月になれば新人が入るので彼女を担当にします。

その名称のテリハボクを商標登録しようと商標登録申請しましたが、一般名称ということで登録性がないと却下されました。それを再度商標に強い人に意見書を出してもらってこの度「TERIHABOK」で商標登録がなりました。私はこの朗報が舞い込んだ時は夢のようでした。新型コロナウィルスで経営に黄色ランプが点きそうになった時の朗報です。意見書を出してくれた人と特許庁とに感謝です。

この石けんは「れいらん」ブランドで販売しようと思っています。れいらんは私のペットの猫の名前です。これから発売する石けんは「れいらんTERIHABOK石けん」(発売元(一社)エクセレントローカル)になります。「れいらん」も「TERIHABOK」「エクセレントローカル」も商標登録している当社ブランドになります。これが当社キースタッフのブランド戦略です。もちろんキースタッフも商標登録しています。

またTERIHABOK石けんでテリハボクを搾取している砂川さんも、石けん製造元の宮古島在住の下地薫さんも特許庁への申請、意見書を書いた大脇さん全て私のセミナー、コンサルの受講者です。エクセレントローカルの名のもとに大きな日本レベルの大連携が着々となっている訳です。
posted by tk at 09:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

昨年度は赤字決算でした

当社の昨年度の決算が出ました。創業以来の大赤字になりました。今までも1、2回は赤字決算がありましたがこんなに大赤字は初めてです。

売上高はこの3年間でほぼ2倍になっていますが、利益は赤字です。売り上げ以上に経費がかさんでいます。経費は2倍以上かかっているということです。

原因はレストランがなかなか、軌道に乗らずに、経費増の原因になっているのが一番ですが、本業のコンサル業務も経費増になっており、互いが補完し合う計画が両方とも赤字です。

この現象をどう分析するかです。売上減による赤字ではなく、売上倍増による赤字なので。

4年前に私が代表を退いて、40歳前半の社長をトップにスタッフは20〜30歳代です。私がそのまま代表をしていれば黒字決算かも知れませんが、売上高もずっと現状維持か微増だったでしょう。鳥巣=キースタッフ=個人商店ままです。拡大は望めません。

そこで今の経営体制に一新しました。若手中心でしかも攻めの経営、さらにレストランの新事業まで手がけると試行錯誤です。失敗の中から成功を掴むしかありません。

ちょっと言い訳に聞こえるかも知れませんが、かって西鉄ライオンズに東尾という投手がいました。生涯戦績は251勝247敗です。200勝投手なので大投手です。

この人の入団からの戦績は1年目0勝2敗、2年目11勝18敗、3年目8勝16敗、4年目18勝25敗です。ずっと負け越しです。ようやく5年目にして15勝14敗で初の勝ち越し、その2年後には23勝15敗で初の最多勝利投手です。

その本人が「自分の投手生活は負けから入りました」と述べています。新人は実戦で育てるしかありません。負けも山ほどあります。失敗を繰り返しながら勝ちを覚えていきます。私も独立したのが平成5年、コンサルで格好がついて来たのは平成10年頃からです。起業しても軌道に乗るには5年はかかるということです。

うちの負け数も見事なものです。でも売上もまた見事な伸びです。新体制になって4年です。5年まであと1年あります。今年の活動、活躍を見て下さい。昨年度は赤字でしたが、それ以上に人材が成長しています。これは当初計画通りです。
posted by tk at 09:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月03日

最近、お酒が飲めなくなってきた

最近は酒を飲まないで寝る日が増えてきました。歳のせいでしょうか?飲まないで寝た翌朝の体調のよいこと?いろんなアイデアが次々出てきて、新しい発想も出てきます。酒は百薬の長とは嘘です。とは言っても酒を伴う会食はコミュニケーションでは大事なのでそれも大切です。

生活習慣とは恐ろしいもので人間の行動を規制するどころか、導いています。最近、自宅に戻り、お風呂に入り、自炊をしてノンアルで食事を済ませるともう眠くなります。本を持ってふとんに入ると、本は睡眠薬で5分も持ちません。もうぐっすり眠っており、朝まで眠りが深いし、朝起きる時はたいていトイレです。

62歳ごろまで毎晩飲んでいました。約束があってもなくて独りでも飲んでいました。サラリーマン時代は酔いつぶれるくらい毎晩飲んで帰宅していました。その頃は若いので酔い潰れるまで飲んでも体力がありました。

起業してからはビジネスが軌道に乗るか、明日も飯が食えるか?その不安さを消すために、さすがに外で飲むほどお金もないのでウチ飲みしていました。そして飲まないと眠れないという生活習慣が身に付きました。

お酒を控えるようになったのはずっと若い頃から数値が高いγーgpを下げるためです。月に10日くらいは断酒することと指導されて始めました。当初は眠れないのではという不安が来て、寝つきが悪かったです。

飲むとバタンキューですから、それに頼ります。まさに生活習慣です。それが飲まないでバタンキューになるのには4年くらいかかりました。生活習慣が変わりました。

すると飲むのが苦痛になってきます。酒が弱くなります。多分、アルコール分解酵素が出なくなってきたのだと思います。最近は飲みに行っても酩酊するまで飲む事がなくなりました。飲めなくなりました。

私の話術と話題でいつも酔っ払っているのでは?と言う人も結構いますが、私は酔おうが酔うまいが、飲もうが、飲むまいがしゃべったことはそれほど覚えていません。それは歳のせいでもあります。先日誰と会食したかも忘れています。だからお酒を飲まなくても眠れるようになったのでしょうが。
posted by tk at 06:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月02日

相手や他人を慮(おもんぱか)るのが人間

うちのれいらんが2月3月は私の出張が多いために、娘のところに預かってもらっています。寂しい気もするけど3月中旬は帰って来ます。猫と犬がなぜ、人間のペットの両翼なのでしょう?人間と猫、人間と犬という飼い主との関係を作れるからでしょう。そこに2人だけの関係を築けるからでしょう。

人間もそうです。ヒトと人間の違いは人間は他の人との関係の中で成り立っています。他のヒトがいなければ、自分は人間ではない。我々の人生そのものの大半はヒト同士の関係で成り立っています。

ヒト同士の関係が人間だとするとそのヒトをコントロールしているのは心です。ヒトが人間になれるか?ヒトの心が決めます。人間関係は他人への気配り、配慮で成り立っています。

ヒトに生まれ、成長する中で、教育を受け、社会の悲哀を経験しながら、ヒトから人間になって行きます。私もまだなっていません。少しなりかけて来たかな?程度です。

若い頃を振り返ると恥さらしの毎日です。先輩、上司、先生が教えてくれる事が眼中になく、ただ自分の都合、勝手で生きていました。それを許してくれた人間社会に大感謝です。

例えば、足りない時は人様を優先する、自分は我慢するのが人間の行いです。困っている人が眼中になく独り占めしているのは人間ではなくヒトです。逆もあります。有り余っている、お腹一杯の時にも人様の好意の食事はありがたく受け、お腹がはち切れるまで食べるのが礼儀です。

満ちている時、余っている時は食い散らかし、足りない時は他人のものまで奪う。人間の行為ではありません。どこかの国が浮かんできたのではないでしょうか?食品ロス世界一と言われる我が国は恥です。根本は国民の食い散らかしとそれを煽っている流通の返品制度にあります。そして今回のような世間を騒がす事件が起きると今度は買い占めに走る。買い占めて優越に浸る。

こういった行為をしている人は人間ではなく、ヒトです。あえて人間という言葉を使えば、「心の貧しい人間」です。お金のない貧しい人間よりも心の貧しい人間の方が恥です。人生の勝ち負けもそうです。人を思いやる心を持って生きている名もなき人間と人間を裏切り、騙して地位と富を得た人は前者が人間、後者は単なるヒトです。
posted by tk at 08:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする