2020年12月18日

変えられないけど認める事はできる

規格というのが加工食品を縛り付けています。確かに規格は大切です。メイドインジャパンは世界で一番規格がしっかりしています。しかし、それは工業製品の場合です。

アートの世界に横一線の規格を求めたら、アートはアートでなくなります。農業はどうでしょう?世界の農業は大量収穫を目指して来たのに、日本の農業は収量アップも行って来ましたが、それ以上に味覚や形や色等の中身と外観を良質のものにしようと頑張って来ました。

でも農産物はアートにはならない。いくら立派な料理人が料理を作っても料理が美味しいか、不味いの腕前のウェイト(影響力)はせいぜい2割でしょう。ましてや、料理のための調味料のウェイトは1割でしょう。7割方は素材そのもの、材料の味です。

名料理人はこのわがままな自然児である材料の特徴を活かせるかどうかが腕前です。しかし、そんなに学力の高い子供ばかりいるわけではない。その一人ひとりの魅力を引き立てられるか?これが名コックの腕前です。それでも美味しさへの影響力は2割は超えません。

JAに出荷しても儲からないと言います。そりゃそうです。統一規格があるからです。それからはみ出すと規格外品になって二束三文というより、引き取ってくれません。別にJAが悪いわけでがありません。JAの先にある需要者がそうなのだから。また、農家もJAに出荷するために農業をしているわけでない。

いびつ、不揃い、色違い、糖度差、軟硬さ、大小さ等人類の農業技術をしても超えられない限界があります。その理由は農作物を育てているのは人間だけでなく、風土、寒暖差、天候、降雨量、土壌等人間が支配できない要因によるからです。

それなら人間の理屈や枠にはめないで、好きに育てる、そして我々の関与はその個性をどう活かすかに徹する。そうすれば楽になります。人間社会もそうです。人を変えることはできませんが人を認め、合わせることはできます。
posted by tk at 08:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月17日

伊都国(糸島)から邪馬台国(みやま市)へ

仕事でよく福岡県に行っているにはみやま市で6次化セミナーを行っているからです。6次化といっても、健康食品ビジネスを市の基幹産業にするといった目標を掲げているからです。

福岡みかんを代表するのは山川みかん。山川みかんは温州みかんで温州みかんはβクリプトキサンチンが豊富で骨粗鬆症に、認知症の予防に効果があるといったエビデンスが出ています。

みやま市は瀬高町、高田町、山川町が合併してできました。みやま市ののみやまは合併時に作られた造語です。ここから話題を古代史へ。邪馬台国はどこにあったか?九州説と畿内説に分かれます。戦前の皇国史観で畿内説が出て来ましたが、それはあり得ません。

邪馬台国は狗奴国との抗争をしていると書いてあります。狗奴国は熊本県球磨(くま)地域で、そこの男王は狗古智卑狗(くこちひこ)と書いてあります。狗古智卑狗は菊池彦つまり熊本県の菊池地方を治めている王です。そういう読み方をすれば邪馬台国(やまたい・やまと)卑弥呼は山門(やまと)の姫みこ(ひめみこ=女王)ということになります。みやま市は旧山門郡です。

福岡県南部と熊本県北部は県境で隣接しています。ということは魏志倭人伝に書かれている抗争は福岡県と熊本県の当時のクニの争いです。

魏志倭人伝に女王国邪馬台国は北に伊都国に一大卒を置き、検察しているとあります。伊都国からのいうと南部に邪馬台国があります。みやま市は背振山地を越えて糸島市の南部に位置します。

誰が読んでも邪馬台国はみやま市界隈です。しかもここは筑後平野に立地してその筑後平野は矢部川と筑後川が有明海に流れ込みます。度々、それこそ1万年に亘る氾濫でこの地域の土地は肥沃です。ここに初期の王権国家が成立していたのは大いに説得力があります。

私の出身は伊都国(糸島市)です。今仕事をしているのは邪馬台国(みやま市)です。古代史ファンの私としては神からのこのたまらない贈り物の環境を大切に地域おこし、まちづくり仕事をしたいと思っています。
posted by tk at 07:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月16日

主催者が、受講者が育ててくれる

企業が生き残るためには人材の育成が一番大事です。いわゆるヒト、モノ、カネが経営資源だとすると一番会社が切羽詰まるのはカネ(資金)です。しかし、ずっとそれではいつも金策に追われて会社はギスギスして来ます。

カネの調達はいつも満たされないと覚悟すること。貧しいおうちの子供はなかなか腹一杯お腹を満たせない。カネに振り回される経営は成功しません。一番大事なのはその子供達の成長です。

人材の育成が会社にとっては死活問題です。長嶋さんがいつも大物をトレードで引っ張って来てもジャイアンンツは優勝できませんでした。大切なのは自前の育成です。

どんな人材にも寿命、旬があります。永遠のベストナインはあり得ない。特に我が社のような零細企業はスタッフ、全員が即戦力です。即戦力だから中途を採用する。これは間違いです。

零細だからこそ、若手を、ルーキーを採用して、仕事をしながら育てます。最初はできません。それでも代わる人がいない、特に私の方針はA orBではありません、決めたらずっとAです。Aが育つことしか考えていません。

失敗しようが、できなくても使い続けます。それで一時的に会社の業績が落ちても想定内です。実戦で教え続けます。下手の情報が流れて来ても無視して使い続けます。そうするとたいていができるようになります。そしてものにならないのは自分で辞めていきます(少数だけど)。

昨日の健康食品セミナーはお菓子でした。講師は当社の今年の新入社員、もう1人は主婦。30歳代半ばで3人の子育て中。ひょんなことでうちにやって来て並々ならぬ才能を感じたので週1回松戸の加工場で開発、製造をやってもらっています。

アメリカの大学で犯罪心理学を学んでいた彼女はおばあちゃんから料理、調理を英才教育を受け、しかもアメリカの最前線の健康や料理に精通しています。昨日はいきなりみやま市でデビューさせました。

セミナー主催の協議会長が講師2人に対して、「ここだから失敗しても大丈夫。練習場だと思って思い切りやんなさい」と激励。結果は大好評。2人ともみやま市の大ファンになって帰路に着きました。お客様が受講者が育ててくれます。





posted by tk at 08:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月15日

地域特産品、海外からの需要が旺盛に

大学時代からの同窓のクラスメートの友人でいまだ現役は2人しかいません。私とその男です。66歳である貿易会社の現役会長です。この会社はグアムの日系ホテルに日本食の食材を販売する商売から始まり、サイパンに進出しました。

当初は海外から日本への輸入もやっており、食材も扱っていましたが、現在、輸入はブルガリのホテルの部屋に置いてある使い捨てコスメやサニタリーに特化しています。

海外はその後、順調でベトナム、マレーシア、フィリピン、カンボジア、南アフリカ、東欧等と販売先を拡げています。彼は大学を出て就職がうまく行かず長野県出身なので味噌メーカーに勤めますが同族個人企業にうんざりして、退社。得意先に退社の挨拶に行ったら、大久保にあった小さな当時のこの会社の人に食いつなぎでうちでアルバイトしない?から始まります。

この会社がグアムに現地法人を持っており、スーパーのトーキョーマートを経営しています。大手の食品はたいていあるそうですが、最近、日本の大手企業の商品にお客様が飽きており、地方の食品メーカーの商品や地域特産品の需要が高まっているそうです。

また、店内にキッチンも併設しているので、自家製の日本のコンビニで売っているような弁当や惣菜の需要も高いです。鶏の唐揚げが人気です。

こんな状況なので、地方の特産品に強い当社に商品を紹介して欲しいという事です。大手メーカーの商品は国内定番小売価格の大体2〜⒉5倍の価格で販売しますが、それでもよく売れるそうです。最近は低価格よりも珍しさや希少価値だそうで、いわばマーケットが成熟に向かっています。

何を紹介するか?軽くて日持ちするもの。乾燥野菜、特にポスト干ししたけの乾燥しめじ、なめたけ、えのき等のきのこ類。お弁当に使える乾燥野菜類等。

また、日本の果物は大人気ですが、輸送が難しく、消費期限(食べ頃)も短い。セミドライフルーツはどうか?健康の高まりから米粉めんも需要がありそう等色々アイデアが出ます。

海外といえば日本国中が「目指せ、ポートランド」になりそうです。私は博多にいることが増えて来ました。すぐ上は釜山です。しばらく韓国もご無沙汰です。今からでも遅くない。海外に目を向けよう。





posted by tk at 08:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月14日

些細なこだわり、それが人生の喜び

久しぶりに穏やかな土日2日間でした。最近は福岡県みやま市で健康食品づくりセミナーを月1回日曜日にやっているのと新刊の執筆で2日とも仕事というのが続いていました。

昨日、ようやく初稿の校正が終わりました。赤字でいっぱい校正しました。次に写真と貼り付け箇所の指定です。タイトルは「食と農へビジネスへの転身」〜移住、転身、帰郷、転職。農業進出、再起の時〜で行こうかなと思っています。

来年、1月中に発刊できればいいですね。最近は新規就農や食と農やシニア第2起業といった政策が盛んです。政策が出るということはニーズが高いということでもあります。来年早々のセミナーから使おうと思っています。

「お前は機を見るに敏だな」、「油断も隙もないな」、「コロナ禍の最中にちゃっかり次のビジネスを狙ったか」と言われれば本望です。そんな力は私にはありません。それに著者とは意外に本を売りたいとは思っていません。強烈に書きたい衝動はあっても。

私の本がそんなに売れるべくもありません。今年はキースタッフ社が潰れないように這いずり回りました。今年は持ちましたが、来年は潰れるかも知れません。その不安定な期間、何かに打ち込むというのは大切です。私は週末執筆に明け暮れていたので精神が参らずに済みました。気が付けば本が出来上がっていました。

人間は商品を開発する時は自分が欲しいものを世に問うことです。自分の残された人生の指針を考えているうちに私の周りの老いも若きも私の人生の師となる生き方をしている人がいました。その生き方をまとめただけです。
 
こだわり、没頭といえば平常生活でもそうです。昨夜は遅くまで残業したのでチキンラーメンでした。これでは脳がありません。麺と同じくらいほうれん草の切れっぱしを入れたらヘルシー美味しいになりました。それでも足らずに常備しているピクルスを器一杯盛って食べたらもうサイコーです。

みやま市の健康食品事業で以前から薬草研究会があり、最近はあまり活動していませんが、その中に「ひきおこし」という別名「延命草」ですがあり、その粉末をいただいて飲んでいます。これが大腸にいいですね。そんな些細な健康。まあ、毎日そんな生活です。
posted by tk at 08:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月13日

今までの負けの中に勝ちがある

7勝8敗は負け越しです。会社で言うとケツの営業利益がマイナスなので赤字企業ということです。銀行に債務超過ですねといじめられます。しかし、マイナス1をプラス1に回せばプラス1勝すれば8勝7敗でりっぱな勝ち越しです。八百長なんかしなくても勝ち越しです。

さらに8敗のうちの3つを勝ちに回せば10勝、もう来場所から大関を狙えます。みんないきなり10勝しようとするので5〜6勝程度で低迷します。私はギャンブルはやりませんが、負けている人ほどいきなり優勝を狙いに来る。

プラス1勝をどう作るか?これがわが社の課題です。こんな仕事をしていると業界にまったく八百長がないとは言えません、そこまで行かなくても出来レースはたくさんあります。

こんなことばかりして受注して来たコンサル会社はたいていが消えていくでしょう。また、アメリカ型の金融主体の投資を煽るようなコンサル会社や投資会社もしばらくは苦境でしょう。彼ら自体が消えていくでしょう。

次の時代、アフターコロナの提案ができる会社のみが生き残れます。発注者側も今までと同じテーマで今までと同じ出来レース先と仕事を出していると発注側が疑われます。新しい提案を求められます。

癒着と出来レースで仕事を取って来たコンサル会社には新しい提案ができません。いつものように他の会社のをパクろうとしますがまだアフターコロナ提案は世に出ていないのでパクれません。彼らの多くは消え去るでしょう。癒着していた発注者も消え去るでしょう。

ポイントはどこにあるか?わが社が7勝8敗だったら8敗の中にあります。今まで負け続け、お蔵入りしていた提案の中に次の提案、アフターコロナ社会の提案があります。必ずあります。当社は常に次の社会、時代の生活、産業を見据えて提案してきました。

8敗は負けではなかったのです。8敗がこれからの勝ちになります。価値になります。武器になります。そして資産になります。大きな仕掛けを考えるよりも今まで現場の中で小さく咲いていたものや咲こうとしていたものに眼を向けることです。必ずそこに答えがあります。

posted by tk at 09:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月12日

取引業者が発注者を壊している

物事の起と結はドラマチックでいろんなことが起こります。4年前に飲食業界に参入しました。それまでは酒を提供するダンスホールだったので厨房環境が整ってなく、厨房施設工事するかということになりました。

当時の不動産屋か?誰かに紹介してやってきた工事屋があまりに質が悪くて、見積書も書けないのでそのまま工事なしで飲食店営業を開始しました。

この工事屋社長にひょこり、3か月くらい前に飲み屋で会って、向こうは忘れていましたがこっちが挨拶しました。あの節は発注しなくてすみませんと謝ったらようやく私を思い出したようで、当時の私の対応を思い出したようで、1時間に亘り、私に罵詈雑言を浴びせました。本人は泥酔していました。私はただただ謝っていました。

この男が先日、今回の当店の撤退でビルオーナー会社の指名で当店が原状回復をちゃんとやったかの検査にやって来ました。その時に入居している別の会社を駐車の件で激怒させる事件を起こして、大罵倒され、すっかりしょげかえっている情報が入って来ました。この男、相変わらずあっちこっちでトラブルを起こしているんだなと納得しました。

もう1つ、開業したての時に夜の9時頃、営業中に突如停電したことがありました。びっくりして管理人に伝えに行きましたが、夜でいませんでした。悪戦苦闘で回復のトライしましたが、電気は点きません。ろうそくを買って来て営業継続です。

翌日の昼頃にビルオーナーのお抱えの電気工事会社の社長がやって来ました。80歳を超えている老人でした。車の運転もおぼつかなかったです。そこでこの男が非のない我々を責めること、責めること。結局、被害者は我々なのにこっちの責任になってしまいました。

ビルのオーナー企業と当社が非常に良好な関係にあります。ビルオーナー会社もこれらの業者には困り果てているようで、今回の撤退の時に当社と親しい企業を紹介して欲しいと言ったのが納得します。企業の衰退は本体だけでなく、下請け取引業者からも始まります。このビルオーナー企業が腹を括れるかどうかでしょうが。
posted by tk at 09:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月11日

まだまだ俺もかんばらなくちゃ

エクセレントローカルの引き渡しが無事に終わりました。借りる時は居抜きで借りましたが、次の借り手が決まっていないので原状回復してお返ししました。原状回復工事会社もすばらしくて、大家さんは「これから原状回復はこの会社にお願いしたい」とほめてくれました。

「キースタッフさんの関係する会社はすばらしいところばかりですね。ビルの賃貸を長くやっているけど御社との関係が一番良好でした」お世辞でも嬉しいです。「立つ鳥跡を濁さず」大家さんとの間にいた管理不動産会社の尾又さんとイローカルのマネージャーの奮闘のおかげです。

保証金は私の中小企業診断士業の小規模事業者共済で貯まっていたお金を使いました。原状回復費用や償却費を差し引いても多少返金になります。少なくても会社に迷惑かけなくてよかった。鳥巣研二の道楽の範囲内で済みました。これからも死ぬまで死に物狂いで働けばどうってことはありません。

お歳暮の時期です。つましい贈り物ですが、送り先にある女性(といっても男装しているし、すべて格好は男仕様)がいます。現在、70歳くらいかな?高田馬場周辺というよりも新宿に近いところでスナック(看板はクラブでしたが)の雇われママ(一人スタッフで、カウンターでお酒をつくっていました)でした。

私の大学の親友が毎晩入り浸っていたのでその1/10くらいの頻度で私も行きました。大学卒業してから私の親友から風の便りに「スナックを辞めて、大久保の古本屋勤めている」と聞きました。そういえば山本周五郎の本は全部読んでいました。

親友が定年になった時に私が企画して飲み会を催しました。今でも2年に1度くらい親友を交えて飲んでいます。50年前と同じアパートに住んでいます。ずっと独身の一人暮らしです。現在は清掃会社に勤務して掃除婦をしています。屋内だけでなく屋外も清掃するそうです。

毎年の瀬にお中元は送らないけど、彼女にお歳暮を贈ります。私が送ったものを喜んでくれ、清掃仲間全員に配っているようです。そして自慢するそうです。「私が昔、学生時代に面倒を見た男からだ」と言って。

今年のお歳暮は梅干しです。教え子で私が日本一と評価している梅干しです。ただし、個包装になっていません。それでも彼女は袋を開けて、お昼時間に仲間に1個、1個配るんだろうな。「日本一美味しい梅干しだよっ」と言って。鳥巣研二を駆り立てているものは何か?私を評価してくれる人達がまだまだいる。俺もがんばらなくちゃ。

posted by tk at 08:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月10日

叩き上げとは現場の指示のできる人

体験していない人の言葉は迫力がありません。現場がわからない人の言葉は現場を動かせません。現場の人は現場を精通している人の話しか聞き入れません。そういった意味では叩き上げの人間しか現場を統率できない。

よく叩き上げというのはいわゆるノンキャリア、幹部候補で入社していない人を言いますが、それは間違いです。学歴と叩き上げは何ら関係がありません。叩き上げとは自分で現場の指示できる人で組織の統率ができる人のことです。

5年前に代表を降りて私は現在平社員です。この5年間は若い世代に任せて私は口出ししないようにして来ました。それはよいことでもありますが、併せて悪い面も持っています。

当社は若手スタッフで経営しています。私以外は食産業に従事した経験がありません。仕事は食と農のコンサル業なので私の見様見真似で育っております。それにみんな若い頃から現場に放り込んだのでコンサル現場から学んでいることが大です。

私が伝え切れなかったというよりも伝え忘れたことがあります。それはコンサル業ではなく、食品業界の慣習、ルール、常識、やり方です。価格の見積もりの積算、さらに商談の進め方、商談の駆け引き、そして売る人買う人が両方が満足する落としどころつまり決着の付け方等です。

「見積もり、企画書はメールで時代」にこんなことを膝突き合わせてやるのは時代遅れと言っている人は仕事のできない人、仕事をしていない人の戯言です。メールで用件が済むことなど仕事ではない。ロボットにやらせればよい。

相手の感情の動きを見ながら相手が満足した形で仕事を決着していく、それが仕事です。国際交渉の外交をメールでやり取りしている国がありますか?社運を賭けたプロジェクトの商談をメールでしているところがありますか?

あまりにネット社会に毒されています。商談ができない営業マンばかりです。それ以前に営業マン不要論が蔓延っています。育つ芽が育たない。現在、膠着状態にあり、相手の不信を買っているわが社の交渉に若手3名を連れて行き、そこで筋書きなしのガチンコの商談と落としどころをやって見せました。

先方も大いに満足し、こっちも望んでいたことがほぼ100%通りました。お互い、喜んでいます。そして連れて行った3名が一番嬉々としていました。
posted by tk at 06:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月09日

器の水が多ければ濁水も薄められる

朝、起きてすぐに昨日の行動を振り返る。馬鹿なことをしていないか?職業上から偉そうなことを言っていないか?できもしないことを人様に提案していないか?実際、恥ずかしいことばかり言って、やっています。でも大して毒のないことばかりだからみんな笑って流してくれると自己弁解する。こんな毎日です。

毎日、自分の生活でもいろんなことが起こります。一喜一憂することばかりです。一番難題は怒りです。すぐ怒ることはろくなことはない。怒らないで過ごすにはどうしたらよいか?

怒りは人様から不快な態度をされて怒るというのは間違いでこっちの問題です。こっちが怒らなければ怒りはありません。こっちが平静でいられるように心の容量を大きくすると怒りは大海に注ぐ濁水にしか過ぎません。ほとんど影響がありません。

小さな器に汚れた水を入れるとてきめんに濁ります。怒りはこっちの容量が小さい時に起こります。もう1つ、濁った水が濁っていると思うので濁ります。この濁り水がきれいな真水と思えば器の水は濁りません。

人生の名人は濁り水も真水に見える器の大きさを持っています。寛大、寛容。しかし、一方で、何でもかんでも濁り水を真水に見るととこっちが死に至ります。その見抜く力と判断力とが優れているのでしょう。

過敏であることは大切ですが、あまり過敏だと生きていけません。起こることを先読みして事前に手を打つことと起こってから考えて手を打つことの2つのやり方があっていいような気がします。その判断力を持ち得ている人が優れた人でしょう。

取り越し苦労は自分の寿命を縮めます。平常はなるべく楽観的に生きる。不安と恐怖の事態がやって来た時は逃げないでしっかり眼を開けて、対処です。それでよいのでは。

それと長く生きていると応援団、仲間がたくさんいます。その仲間が助けてくれます。人間は一人で生きているのではない。



posted by tk at 07:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする