2018年02月05日

ジビエが食肉を見える化した

昨日の「獣をさばく2018」は非常に興味深く参加しました。

まず、解体した鹿は1月31日にハンターの安田さんが仕留めたものです。肉部を傷つけないように頭部を横から1発で仕留めています。これだと銃弾は突き抜けており、銃弾を取り除く必要もありません。1歳の牡でした。

次に勉強になったのはよく猟師が仕留めた肉をその場で鍋や焼いて食べているような光景を思い浮かべますがそれは間違いです。

1頭の鹿が皮が剥がれ、肉部がきれいに部位ごとに外されて、精肉になって行くには相当の熟練した解体技術が必要であることです。機械化は無理ですね。人間の手による技術のみが動物を精肉にします。

ジビエのセミナーになぜ参加したか?獣被害から農業を守るため?残念ながらそうではありません。

私は40年近く、食品業界にいます。その中で一番見えない、アンタッチャブルの世界は食肉です。この場合の食肉とは家畜です。その家畜がどのように屠畜され、精肉になって行くか。実際に現場を見ることはありません。見られるのは枝肉になってからです。

生産と消費の一体化が農業の世界を変えています。野菜を生産したらそれも地元直売所で販売する。それが生産と消費の一体化です。それが食肉の世界は閉ざされています。

ジビエの食卓化はこの見えざる世界、狩猟と消費を限りなく近づけています。そういった意味で大変勉強になりました。

講義をしてくれた安田さん、京大高柳先生、国士舘大学原田教授の話も素晴らしいものでした。

私も皮剥ぎや鹿カツ揚げを手伝いました。カツを揚げるのが上手ですねとほめられました。だって若い頃食品会社で毎日冷凍食品を揚げていたんですもの。そりゃ、うまいですよ。
posted by tk at 08:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

新しいことを学ぶ

今日、大阪で井上不二子さんが主催で「獣をさばく会2018があるので昨日の夕方から大阪入りしました。

(社)エクセレントローカル関係者が私も入れて4名参加です。定員が20名の中なので当社シェアは2割です。ジビエに対する関心が高まっています。

農の世界のトレンドはこれとオーガニックでしょう。有機JASばかりがオーガニックではありません。広い意味でのオーガニックが農産物の中心になる日は近いです。

このために2月24日(土)、25日(日)に徳島県JA東とくしま(オーガニック・エコフェスタ実行委員会)が主催する「オーガニックエコフェスタ2018」に勉強しに当社新人スタッフと一緒に行きます。

オーガニックがすぐに当社の仕事に関係するとは思えませんが、将来を見据えた判断です。そういった意味では「獣をさばく会2018」も同じです。

こういった活動には経費がかかります。この経費を惜しいと思うか、先行投資と思うかです。

「江副浩正」を読んでいます。なかなかよい本です。その中にリクルートの成長の最大の要素は先行投資だと書かれています。

新しいことをやろうとするとお金がかかります。新しくなくても同じです。お金がかかります。

例えば、よく行政が言っている「販路開拓」もそうです。みんな売り先に気に入られることを「販路開拓」と言っています。

そうでしょうか。販路開拓は生産者が販売社(納入先)を選んでもよいです。選択権はこっちにあります。

でもこっちが取引先の見直しをやろうとすると取引中止のところも出てきます。そこを踏ん張れるか?

こういった販売チャネルの見直しも先行投資です。果敢に攻めるには何が必要か十分考える余地があります。
posted by tk at 07:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

お客様が笑って元気になってくれれば

笑いの絶えない世界は楽しいですね。困難の絶望に淵にいる時もその場を笑わせてくれて和ませてくれる人は本当のリーダーです。複数日の出張から帰り、部屋に戻った時にれいらんを見ると私は思わず笑顔になって抱き上げます。

笑顔を他者からもらうばかりではいけません。自分の持っている笑顔をもっと使わなければ。そして多くの人の心を幸せにすることが自分がこの世に生きている価値です。

花巻市で震災後、閉店したマルカンデパートの最上階のマルカン大食堂が再開して大人気です(写真左)。昭和のデパート食堂です。年少の頃デパート食堂に連れていってもらうのは無上の楽しみでした。何を食べたかまで今でも覚えています。

このマルカン食堂のメニューはどうということはありません。うどん・そば・ラーメン・のり巻き寿司・カツレツ・ナポリタン・ハンバーグ・ホットケーキ等昭和のごちそうです。

話題は10段ソフトです(写真右)。その他ドリンクにはブルーハワイや何とかサンデーやチョコパフェがあります。それでも奇をてらったものはありません。

その食堂に来る度、思うのはこの食堂には笑顔があります。お客様のみんなが幸せな顔をして食べています。

当然高齢者のお客様が多いです。子供が小さかったあの頃、子供の笑顔を思い出しながら食べているのでしょう。「あの頃」がここにはあります。

若い人もいます。彼らはデパート食堂の経験はないはずです。でも会話がとても弾んでいます。今ここにあるメニューが彼らにとっては、体験したことのないとても素敵で魅力的なメニューだからです。

私事で恐縮ですが私のセミナーは聞いた方ならわかりますが、笑いの渦です。みんなけらけらよく笑います。

セミナー後、主催者はアンケートを取りますが、私の評価の一番は「元気をもらった」、「希望をもらった」だそうです。

私は自己啓発系コンサルではありません。絶望の淵からどうやってよみがえったとか、努力すれば報われると言った話はしません。

また、経営戦略系のコンサルでもないのでマネジメントの話やターゲット・コンセプトのマーケティング用語も使いません。

ただただ聞いている方々が笑顔で明日からも頑張ろうと思ってくれればよいのです。私は先生ではなく、応援サポーターです。
20180202_111919.jpg20180202_114148.jpg
posted by tk at 08:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

お金は集まるが人を集まられない

昨日は岩手県新いわてJAで職員向けセミナーの最終日でした。講師は私に加藤哲也氏と伊藤順でした。1つのセミナーの講師に3名というのは異例です。

3時間あったので1時間ずつ3名が登場しました。それぞれ何をしゃべろうかなんて打ち合わせはしません。持ち時間を好きなことをしゃべります。

私にとっても2人の講師の話は勉強になります。加藤氏の加工食品の品質管理、HACCPの話はメモしました。特に人体(命)に危害を与える危険を事前に取り除くためのしくみとてHACCPがあるというのはみんなが腑に落ちていました。

順の話も今後どんなJAに向かいたいか?なりたいか?と事前アンケートを基に提案していましたがみんな真剣に聞いていました。

8年前までは順は青森県田子町で農業をしていました。私と加藤氏が講演する時は必ずやってきて一番前で食い入るように聞いていました。そして今、我々と一緒に講師陣になったことをことの他喜んでいました。

当社に入った頃は発言が「鳥巣コピー」と言われていましたが、今は「順スタイル」が出来上がりました。

現在はお金余りです。現在の名ばかりの自由経済はお金を必要とする人からお金を奪い取り、お金の要らない人にお金を寄せてしまった。行き場のないお金がうようよ。ですから若者が事業をやろうとすれば思わぬ大金が調達できます。ファンド、クラウドファンディング、出資、株式上場等エンジェルには事欠きません。

よく言えば支援者が支援してくれます。見方を変えれば支援者の奴隷として事業リスクを負います。

華々しく資金調達した企業が3〜5年程度で退場していきます。なぜ?

そこには人材がいないからです。あるいは人的支援者がいないからです。お金は集まられても、執行する人材がいません。

まずは人材の育成です。お金はそれからなんとでもなります。真の事業家とは事業を成功させることのできる人材をスタッフとして配することができるかです。
posted by tk at 07:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月01日

ホテルでの通常生活

今朝もビジネスホテルで眼を覚ましました。いよいよ今日から2月です。2月はさらに出張が多く、たぶん自室で寝るのは4〜5日です。

味気ないのは朝目覚めた時に今日はどこにいるんだろうと自分の所在地を探さなければならないことです。

3〜4日連続の出張の最終日は今日は帰れるぞと嬉しい気分になります。「れいらん元気
かな?」人間(動物)には帰巣本能があり、帰巣行動が人間(動物)を元気にしています。

出張先で気をつけなければならないのは健康です。特に食事と運動です。運動は昔は朝起きたら1時間半はウオーキングしていました。最近は止めてしまいました。

たいてい前日の飲酒で二日酔いしているからです。そうなるとホテルで空手のトレーニング・筋トレになります。30分位みっちりやると汗も出て来て爽快な気分になります。

ただし、ホテルの部屋は狭いので体を動かす空間を確保するのに知恵が要ります。あとは小道具です。椅子を使ったり、ベッドをうまく利用したりです。

でも最大の運動は仕事です。出張の目的は講演・セミナーの講師です。立ったまま2〜3時間しゃべる。これが最高の運動です。私は絶対座ってしゃべりません。座ると声が出ないので。立ったまま、大きな声でゆっくりしゃべる。一人一人にアイコンタクトを取りながら。最近はさらに背筋(せすじ・はいきん)を伸ばしてを課しています。

もう1つは食事です。朝はほとんど食べない。お昼は食べられる時は食べますが、食べられない時の多いです。

夜は会食が増えます。飲酒と一緒です。好きなものを自由に食べています。昨日はお昼を含めて5軒の外食店に行きました。

酒の量よりも食べ物の量の方が多かったです。ちょっと自己嫌悪に陥っています。
posted by tk at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

鳥巣理論スキームはすでに終わっている

自分で書くのも何ですが最近私の講演はとみに好評です。みんな感動しています。

ということは鳥巣はもう終わっているということでもあります。みんな、万人に受けるということはそれがすでに大勢になっているということです。

鳥巣がつくった食と農の理論スキームはこれから限りなく陳腐化してして行くでしょう。まだ5年くらいは講演、セミナー、コンサルでめしが食えるでしょうが、それで終わりでしょう。

過去、3冊、本を書いています。いずれもよく売れて、こういった類いの本では異例のすべて1万冊を超えています。合計で3万冊。1冊2,000円なので出版社の売り上げは6,000万円。でももう書けません4冊目はない。書いても売れないでしょう。

でももう少し長く生きたい。どうやってめしを食えばよいのか?私の食と農のスキーム(虚構)を実業(ビジネス)にするしかありません。

イーローカルをつくったのも、(社)エクセレントローカルを設立したのも虚構の実現のためのものです。ヘルス・ビューティに参入すると言っているのもこの延長です。

さらには食品メーカーになる。農産加工食品の開発支援をしてきましたが、今度は自らがブランドをつくり、メーカーになる。それもすでに私の中では動き出しています。

いずれも大変です。私が鳥巣独自の食と農理論スキームを説いていた頃はライバルがいなかった。私だけが言っていました。

しかしこのビジネス化になるとそこにはそれでめしを食っているビッグ、先輩がたくさんいます。まともに参入したのでは吹き飛ばされます。

それ以前に私はお金を持っていません。私の強みは何でしょう。

農畜漁業者と一体化していること。それと既存企業の弱味をよく知っていること。これだけ戦えるのかしら?でもやってみましょう。これまでは私の仕事です。

最期は自力で火葬場まで自分の体を持って行きます。
posted by tk at 08:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

農業はチャンスとピンチが同居

今朝は青森県東北町で眼を覚ましました。一昨日まで徳島県におり、昨日の朝に徳島を出て、東京に戻り、2時間事務所にいてそれから東北新幹線で七戸十和田にやって来ました。

この時期は最も忙しい時期です。2月いっぱいこの生活が続きます。昨日東京に戻った2時間は自室に行ってれいらんの元気を確かめました、食事が空になっていたのでその補充です。

れいらんが飛び付いて来たのは嬉しい限りですが、ちょっとだけ抱っこして遊んでからまた事務所に戻りました。

昨日は道の駅しちのへに出荷している生産者組織の臨時総会での講演でした。青森県は農産物直売所販売の比率が低い県です。

JA系統出荷比率が高いとも言えます。特に十和田地域は根菜のながいも、ごぼう、大根等の生産が多く、しかも大面積生産農家が多いです。それをJA系統出荷するか、地域集荷業者に出荷してその農産物は首都圏に向かうというパターンです。

それに対してJAしちのへに出荷する農家は規模が小さくて、女子農業です。しかし、葉物の生活野菜をしっかりつくって出荷しています。昨夜も元気な農家が集まりました。

しかし、購買者の高齢化、人口の減少、食の外部化等で野菜を家庭で調理して食べる頻度・量は確実に減少しています。

それに対してどういった対策を打つか?総会はそういった議論の場でもあります。昨夏、道の駅しちのへのサテライトショップが青森市にオープンしました。

これは確実に売上高を伸ばしています。この延長は都内での農産物直売所の開設の実験でもあります。

一方、家庭内調理が減少している分、食の外部化が進みます。外食、内食、農産加工品の使用頻度が高まります。

特に食品メーカーはこぞって国産原料を探しています。こういった業界の農産物の需要はますます高まります。

しかし、一方では農業が高齢化で衰退するなかで耕す人がいない現象にもぶつかっています。このミスマッチの解消にあと10年はかかるでしょう。農業を取り巻く環境はチャンスとピンチが同居しています。
posted by tk at 06:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

徳島にはユニークな企業がある

徳島に東京から陸路で行くと不便ですが、空路だとこんなに便利な地域はありません。東京から50分でやって来ます。大阪に行くよりも近いです。

そんなこともあってか、徳島の企業は東京直結企業が多いです。ユニークな企業が多いことでも有名です。

チップスフーズは中古厨房機器、食品加工機器の販売会社です。元は社長は外食企業を営んでいましたが、機械好きのアイデアマンが高じて今はこの仕事をしています。

中古厨房機器を扱う会社はありますが、中古食品加工機器の会社は世にありません。

しかし、全国の食品加工施設には使われていない機器が山ほどあります。特に行政機関が絡んだ食品加工施設は補助金を前提にしているので使われない機器はばれないように施設内に放置されています。

食品加工機器の価格もいい加減であり、小売価格の30%引きが相場価格です。また、半額補助金が出る公的事業でつくったものは50%引きもあります。

1,000万円の機器は半額の500万円が補助対象になり。あとの500万円が値引きになると購入者はただで機器を買うことができます。ただし、中古機器は補助対象にはなりません。

チップスフーズは全国の食品メーカーや外食店から引き上げてきた中古機器が販売されています。中古機器を買う時に一番心配は使い方のマニュアルが付いていないことと壊れたときの修理の保証がないことです。

では新品なら使用マニュアルに基づいて納入業者が使用方法を教えるかというと「否」です。なぜなら公的補助金でつくられた食品加工施設の建設を請け負うのはその地域の食品加工は何も知らない建設会社だからです。

チップスフーズの矢田社長はこの2点(使い方指導とアフター修理)を見事にクリアして顧客に新品機器の2〜5割の価格で販売しています。アフターも全国範囲でフォローしています。

全国の食品メーカーの製造ラインもほぼ頭に入っています。大変頼もしい人です。
posted by tk at 07:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

いよいよオーガニック農法との出会い

昨日は徳島県小松島市JA東とくしま女性部の「家の光」の集いで講演でした。これから4回の農産加工セミナーを行うのでその基調講演でした。

250名の農家のお母さんが聞きに来るというので半信半疑で行ったら本当に250名いました(写真左)。

250名の大人数と女子はおしゃべりが好きなので会場がざわついています。どうやって私に眼を集中させるか?

自分は福岡県の農家の出身であり、ものごころがついた頃、家にあった雑誌は「家の光」だったということから始め、年少の頃に亡くした母の思い出に触れ、農家の嫁がいかに大変か、でもその母を今でも尊敬している話から入ったら、会場が静まり返りました。生母との会話のところは糸島弁で話します。

当時の農家の女性は恋愛で結婚することなどまずなく、嫁は農作業の手であり、母が死んだら、すぐ今の母が後添えでやって来て、弟が生まれて、農家に長男は2人は要らないということで先妻の子供の私が実家を離れることになったような話をしました。

中にはハンカチで眼を拭き始めた人もいたので、生い立ちのは話はそこまでにしてさて本題です。

JA東とくしまは現在の人気直売所あいさいをさらに規模アップして近くの場所に新あいさいを建設しています(写真右)。

農産物直売所に加え、ファーマーズレストランも併設します。そして今の農産物直売所を加工所と農家のお母さんが出店するフードコートにします。

それで当社が農産加工食品の作り方を教えるということです。食品添加物を使用しない農産加工食品の製造を教えてくれということです。

もちろん、そうしますが、このJAはオーガニックを推進しており、オーガニックフェア事務局も設置しています。新あいさいの野菜はオーガニック野菜が主役になります。

渡りに船です。私の理論の実践の中で一番弱いのはオーガニック農業の実現です。当社が食品添加物なしの加工食品の作り方を教える代わりに当社はこのJAからオーガニック農法を学びます。

これから徳島県出張が増えそうです。
IMG_8645.JPG20180127_153837.jpg
posted by tk at 08:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

講演には小道具が必要

昨日はJAいわて平泉6次産業化セミナー最終日でした。持ち時間4時間です。そのうちの1時間強は受講者が実習したピクルスと岩手県他地域のJAで実習したピクルスも加えて試食会ということでした。

行ってみると主催者がそんなことは聞いていないので準備していないとの事。どうやら当社担当者間の連絡ミスのようです。「まだまだ未熟だな」と思うけど怒ったら私が代表を降りて若手に経営を任せた意味がありません。

ぐっと抑えて4時間鳥巣の独演会をやろうと決めました(実は受講者はこっちの方が喜んでいますが)。

講演の多い私はいつ何時どんな状況にも対応できるように講演のネタとなる小道具を1つ2つ持ち歩いています。

1つは宮崎県のゴボチ。これは受講者が食べたことがないので食べさせようと思って持参していました。

2つ目はエクセレントローカルとは何かをしゃべる時にその思想に反する商品、反面教師として大手食品メーカーの商品を例に出すために持ち歩いています。

1つで1時間はしゃべれます。実際はそれぞれ30分程度使ったので約3時間は私の定番内容を話しました。

受講者には大受けでずっと笑いの渦でした。ターゲットの話をしてあとはパワーポイントでインターネットのどこからか拝借した2次情報をしゃべっているコンサル・大学教授・行政マンとは違うということです。

毎日、10年以上ブログを800字以上書くのを日課にしているのも助かります。情報のネタになるし、着眼点を養成するのに最高です。

毎日生活していると、出張しているとネタはころがっています。それを拾い上げることができるかがまさに感性です。私の出張は実は自分の感性磨きでもあるわけです。
posted by tk at 07:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする