2017年04月20日

九州の実家のたけのこが食べたい

たけのこ(筍)の時期です。厳密に言えば孟宗竹(もうそうだけ)の時期です。実家の竹林では4月末から5月初旬くらいに掘っていました。

4月初旬に年配の当社スタッフと話していて「そろそろ、たけのこの季節だな」と言ったら「何、言ってんの。もう最盛期だよ。」とこれは間違いです。この人はテレビ番組の早掘りのたけのこを見て言っているだけです。

高級料亭でたけのこ料理が始まりましたなんて3月下旬くらいからテレビに流れます。メニューは「若筍とわかめに煮物」か、皮のついてままの「焼き筍」、「筍ごはん」です。

前者メニューはともかく、孟宗竹の産地の九州の家庭では焼き筍や筍ごはんで食べている人はほとんどいません。

まず、九州はたけのこごときが高級料亭メニューになることはありません。なぜなら、竹林に行けばにょっき、にょっきと生えています。採り切れないのでそのまま竹として成長して、竹林が増殖して山が荒れた状態になっています。

しかも「雨後のたけのこ」と言うくらい一瞬にして成長し、収穫時期も2週間かそこらです。

自分のうちに竹林(我々は竹藪「たけやぶ」と呼ぶ)のある人ならお分かりですが、食べ頃旬の時期はたいてい煮物で食べています。田舎の家庭料理です。焼くなどいちいち七面倒くさいことはしません。

それでもたべきれないので水煮にします。それでも消費期限は2〜3日です。毎日水を換えれば1週間くらいは持ちます。なぜ、水煮にするか?保存目的と言うよりも筍は皮むき、あく抜きに膨大な時間とエネルギーがかかります。そして瞬時に腐敗します。だから水煮にして一時避難します。

それを保存して長期に食しようとすると塩蔵が一番です。これだとお盆、翌年の正月料理まで出せます。

塩抜きが面倒くさいのでホットパック殺菌(ボイル殺菌)の水煮が出回っているのです。これを真空パックの水煮と呼ぶ人が多いですが、脱気・真空で日持ちさせているのではなく、あくまでもボイル殺菌で日持ちさせているのです。

掘りたてもよいですが塩蔵たけのこもボイル殺菌水煮も美味しいです。要はどんな料理して食べるかです。

最近、実家からたけのこが送ってこなくなりました。マルイチになったので一本のまま送っても困るだろうという配慮でしょう。

でもたけのこが食べたい。来週から銀座エクセレントローカルでたけのこ料理を出します。銀座のど真ん中でごみがたくさん出る皮むき、あく抜きはできません。

とすると当然水煮になります。産地のキッチンで水煮にしただけの未加熱殺菌のたけのこを送ってもらい、毎日水を換えながら日持ちさせて、家庭料理で提供します。高級料亭の旬のたけのこ料理とどっちが美味しいか?どうぞ銀座エクセレントローカルにおいでください。
posted by tk at 07:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

社長交代は最大の経営戦略の行使

最近、野口社長、伊藤順副社長体制になってずいぶん当社の動きがよくなってきました。二人は次から次へと新しい手を打ってきます。そしてびっくりするほどよく働きます。今まで当社が弱かった部分がすごいスピードで強化されています。

経営者が変わるというのはよいことです。私の目論みは予想以上に効果を挙げています。経営者の交代は会社の最大の経営戦略の行使です。

今まで知らなかった野口の人脈はすごいです。ネット業界のたいていの人に繋がっているのではないかと思うほどです。

野口社長になってそういった方々とのビジネスが広がりつつあります。言い換えると私が何と偏った狭い世界しか知らなかったと改めて思い知らさせます。

野口は私に情報を入れていたのでしょうが私が聞く耳を持っていなかったのでしょう。当社の社長交代はまさにタイムリーでした。

伊藤順副社長もそうです。私がやっていた事業統括を担当していますが、当初は「鳥巣のコピー」といった感もありましたが、見事に伊藤色が出てきました。販路開拓支援でも私の知らないチャネルや人脈がどんどんできています。いろんな新しい企画をして世に問うています。業界を変えようという迫力があります。

そうなると鳥巣はやることがなくて寂しいのでは?そんなことはありません。むしろ忙しいです。今までいつも地方に飛び回っていたのが東京にいる時間が増えて全国からの直接相談が増えています。

今までは営利企業の代表だったので相談する側もお金を気にしていましたが、今は無料相談所みたいな立場になりました。そうすると今まで入って来なかった「営利を超えて業界として何をしなければならないか」が聞こえて来るようになり、今まで気が付かなかった業界の小さな芽が見えるようになります。

商品開発支援は伊藤洸、飲食業は鳥巣究といった若手も責任を預ける、仕事を任せると活き活きと成長します。現場に放り投げるのが一番人が育ちます。

もっとも若い二人にはそれぞれ、当社ベテランの先生が付いており、恵まれた立場にありますが。
posted by tk at 07:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

老人ホームは恋の宝庫?

友人が「LIFE SHIFT(100年時代の人生戦略)」を読め、読めと言うのに購入が遅れて今日届きます。

大体内容は予想できます。今の社会は70歳寿命でつくられています。しかし、実際は90歳寿命です。このまま延び続ければ今の若者は100歳を超える寿命です。

会社・役所の定年は60歳プラスアルファです。プラスアルファの5年間は年金までのつなぎの姥捨て山です。その年金も10年以内に破綻します。

この世を全うするまでのそれから30年は高齢者は貧困との闘いです。介護保険も破綻するでしょう。医療保険も破綻するでしょう。収入がないから最低品質の食品で命を繋ぎます。

60歳からの人生をどう生きるか?このブログでもずいぶん私は書いています。

私はラッキーにも39歳で会社をクビになりました。60歳社会のはしごを39歳で外されました。40歳から60歳までの人生を自力で生きて行かなければならないことになりました。

当時からリストラ(私は解雇)による解雇は結構行われておりました。しかし、リストラはサラリーマンの死を意味しました。

さて、私はおかげさまで60歳まで何とか生き延び、子供も独立したので40〜60歳までにやり残したことをやってみたくなりました。

その時に寿命を90歳に決めて、それへの生き方の再設計を考えました。60歳過ぎてからのマルイチも創業した会社の代表を降りたのもそのためです。

昨夜一緒だった私の友人も大企業の社長まで登り詰めていますが、すでに頭の中は100歳まで人生です。これから何をやろうかです。

女性はもっと早いかもしれません。私世代は専業主婦が多く、その節目は一番下の子供が独立して家庭から旅立つときでしょう。それからの50年をどう生きるかです。

昔、私が20歳代の時の上司になった人が大真面目に「女性結婚2回説」を唱えていました。その理由は「女性の方が寿命が長く、100歳まで生きる。そうなれば1人で生きなければならない人生が20〜30年残る。だから結婚2回説は女性を中心とした社会の必然である」と。

そういえば先週電車の週刊紙の中吊り広告に「老人ホームは恋の宝庫」という見出しが踊っていました。
posted by tk at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

ブログの記事・写真いつまで続くか

どうでもよい自己満足なんですが、ブログのネタに事欠いて、一体どれくらい書いているか調べました。

昨日までで記事が3813です。最初は平成18年(2006年)11月2日です。福井県若狭町で書きました。それからしばらくして毎日書くようになったので、書き初めて10年半ですから割ってみると合います。

これに伴って膨大な写真があります。現在はフェイスブックが画像登場の主になったのでブログにはあまり写真は載せません。

フェイスブックが盛んになってブログの投稿数は減っていますね。私の順位がいつも1500位くらいで10年くらい続きましたが最近は1000位以内に入っています。「大企業のいうことを信じるな」を書いた日は順位が100番台まで上がりました。

1000位以内に入るようになってもアクセス数はあまり変わっていないので相対的に利用者が減っているということです。

それでも出張に行って名刺交換する人たちはフェイスブックを見ていますよりもいつもブログを拝見していますが圧倒的に多いのでブログ影響力はなかなかです。

ブログ、フェイスブックに掲載する写真も相当量になっています。パソコンに保管しています。

パソコンを眺めると平成16年(2004年)8月からファイルをつくって管理し始めています。そのファイルと開くと娘と息子が出てきて、佐賀県吉野ヶ里遺跡が登場です(当時は当社も小規模だったので公私混同ですね)。8月ですので夏休みを利用して私の実家に帰った時でしょう。前妻が写っていないのですでにこの頃からマルイチの兆候はあったということですね。13年前ですね。

現在はブログ写真のファイルはナンバリングして保存しています。昨日平成29年4月16日でファイル数は296です。

最初のブログ1写真ファイルは平成19年6月に作成しています。ちょうど10年前です。

当時仕事をしていた千葉県鋸南町、滋賀県日野町、岩手県二戸市、しまね和牛カレー、コアップガラナが写っています。銀座のあじさいも写っています。これは撮ったのをよく覚えています。

296のファイルに平均すると300〜400の写真が入っています。約10万枚です。この写真数はいつまで増えるのでしょう?また、私の死後、誰が整理してくれるのでしょう?
posted by tk at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

物忘れの激しさとの闘い

物忘れが激しくて、異常です。年齢と疲れでしょう。頭のキャパシティを超えています。

昨日は空手ノートが消えてしまいました。当社のノートは見開きA3サイズの大判です。スタッフはみんなこれを使っています。

先日のブログで「頭を整理するために3冊にノートを分けました」と書きました。キースタッフ用、銀座エクセレントローカル用、さらに(社)エクセレントローカル用です。その時に習い事の空手用を1冊つくりました。先週は木曜日も自主稽古に行ったのでその備忘を書いたのは記憶しているのですがもう昨日ありません。

14日(金)は小銭入れを無くしました。これまた、木祖村出張の途中の市ヶ谷駅で缶コーヒーを買った時に小銭入れを出したのですが、そのまま新宿からあずさに乗って薮原駅は無人駅なので乗り継ぎ分の運賃を払おうとしたら小銭入れがありません。

昨日、銀座の1坪もない小さな革や時計専門ディスカウンターに飛び込んだらびっくりするくらい安くて良質の小銭入れを買えたのでにっこりでしたが。

1週間前にめがねを壊したのもれいらんとの揉み合いですが、なぜそんなところにめがねを置いていたか、これも私の置き忘れが原因です。

1か月前はi-Potを紛失です。東北新幹線での出来事です。今のは3代目です。小さいというのは便利ですが不便です。

もう1つ、1週間前の東北新幹線ではがきを書いて仙台で投函しようと思っていて、用事を済ませて気づいたらもうありません。ジャンパーのポケットから落としたようです。

それも最初は記憶があいまいでひょっとすると投函したかも知れないので「また書くのは辞めよう」と決めていたら、1週間後に仙台駅落とし物係から「あなたのはがきを預かっています」と連絡あり。「新しいのを書くので恐れ入りますが破棄してください」と言って了承してもらいました。

すると4日前、会社に仙台警察から電話。どきっ。最近行儀がよいので警察のお世話になるようなことは何もしていません。

話は「仙台駅であなたが落としたはがきが来ています」。「あ〜、それは仙台駅に廃棄処理をお願いしたんですがね」。「そうなんですか」。
posted by tk at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

あずさ5号で春ま〜だ、浅い信濃路へ

昨日は新宿を午前8時ちょうどのあずさ5号に乗って塩尻に向かいました。8時ちょうどのあずさは2号なんじゃないのと伊藤と笑い合って。松本大学のある先生が「今でも狩人頼みでは松本ではいけない」と言っていました。

松本の1つ前の駅が塩尻でそこから同じ中央線でも名古屋に向かっている線に乗り換えて薮原で下りました。

薮原駅には「道の駅・木曽川源流の里きそむら」の駅長の高橋さんが出迎えてくれました。駅の真上が道の駅です。

道の駅に着いたら山口さんがおやきを納品しにやって来ました(写真上左)。昨日は野沢菜・きんぴら(写真上右)・ひじきでした。皮が薄くて具がたっぷりで」の人気商品です。

お昼は道の駅の食堂でおすすめメニューの山賊揚げをいただきました。あまり鶏肉を食べない私ですが味のある鶏肉で美味しかったです(写真2段目左)。昨日からソフトクリームを始め、我々が最初の客となりました(写真2段目右)。道の駅で販売している甘酒ソフトと信州長門牧場の牛乳を使ったソフトがあります。

また、中仙道の薮原宿は「木曽のお六櫛」の産地です。手挽き櫛は約100本の歯が挽かれています(写真3段目左)。全工程が手作業で、櫛の歯の細やかさが特徴です(写真3段目右)。昨年はテレビでオンエアされ、今でも品薄気味です。

木祖村は人口は3000人です。ここは木曽川の源流に位置します。水が美味しく一般家庭の水道水も美味しいです(写真4段目左)。その水を貯水するのが味噌川ダムです(写真4段目右)。

水木沢天然林の水は味噌川ダムに注がれます(写真下左・右)。濃尾平野を灌漑を引き受け、大都市名古屋市の飲料水も引き受ける木曽川の上流がこんなに小さなせせらぎの集合であるのには感無量です。
20170414_123035.jpg20170414_123424.jpg20170414_114935.jpg20170414_113239.jpg20170414_121131.jpg20170414_174147.jpg20170414_145213.jpg20170414_154040.jpg20170414_160748.jpg20170414_160904.jpg
posted by tk at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

よく行く県、縁がなくなった県

昨年度は私の出張は減りました。講師での登壇も減っております。一番多い時は、たぶん6〜7年前の農商工連携華やかりし頃でしょう。年間150〜200回近く講演していました。

土日も講演して、翌月曜日から金曜日までというスケジュールで月に講演しない日は2〜3日程度でした。自宅に帰るのも。それで家庭が壊れたのでは?いやいや関係ありません。とうの昔に壊れていました。

最近は会社でのセミナー・講演回数は増えています。私が減っているのはプレイヤーが増えたからです。飽きられないために多彩な講師陣を形成しました。もちろん、外部の講師も含めて。昨年度がさらに少なかったのは銀座エクセレントローカルをオープンして張り付いたからです。

コンサル、商品開発支援でよく行く地域は県よりも町村で集中します。長く10年近くやっているところもあります。契約は1年単位ですが、毎年更新になり長い付き合いをしています。

昔に比べて予算は減少しています。地域活性化で増えているのは「地域創生」関係です。ここにはじゃぶじゃぶ予算が付いています。

予算減少の中で当社の売上高が増えているのは相対的にシェアが上昇しているからです。にわかコンサルが6次産業化から地域創生に看板を付け換えているからです。

仕事は全国すべての都道府県も実績がありますが、濃淡があります。この2〜3年は青森県、岩手県が多いです。その2県で3〜4割の売上高です。

昔、よく行っていて近年ぱったり仕事が来なくなったのが秋田県です。位置関係も面白いですね。青森県、岩手県の隣の県なのに。

私はサラリーマンのスタートは当時の仙台支店秋田連絡所です。いわば社会人のふるさとです。昨夜銀座エクセレントローカルに当時秋田でお世話になったAGFの豊崎ご夫婦がお見えになりました。40年ぶりの再会になりました。夫婦睦まじくとても素敵なご夫婦です。

豊崎氏が最近秋田時代にお世話になった方の葬式に行ったそうです。その感想。いや〜、秋田はどうしちゃたんだろう?40年前の秋田とは全く違うよ。

私も8年前頃からぱったり仕事が来なくなりました。それきりになっています。あんなに素晴らしい農産物があるのに。本当にどうしちゃったんだろうです。
posted by tk at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

もずくとわかめが大好きで

75kgの体重を60歳になる時までに年齢と同じ60kgまで落とそうと糖質制限とウオーキングを行いました。60歳、60kgは達成されましたが、今度は1つ歳を取る度に体重を1kg減らそうと試みて58kg位まで近づいていました。

その時は毎日と言っていい程体重計に乗っていました。体重計に乗るのを一時的にでも止めるともう怖くて乗れません。最近、2年間は体重計に乗っていません。相当に精密に計れるのを買ったのに。

しかし、体重はその当時とあまり変わらないはずです。ベルトの穴でわかるので。58kgの一時的な最低値から最近は62〜63kgではないかと思います確かに年齢に沿っているといえば沿っています。

体重維持は運動と食事です。さらにいえば酒量も関係します。ここに来て空手を取り入れたのでこれは体重維持には貢献です。

筋トレをやるとお腹が空く空く。結構食べています。特に炭水化物が食べたくなります。しかし、ごはんは会社賄いや自炊では半分が白米で半分は赤米・黒米・雑穀・玄米・麦を入れます。昨日は黒ごまを入れたらこれもよかった。白いご飯を食べることはありません。白くないごはんを食べようとすると原料コストは10倍に跳ね上がりますが、それでもオーケーです。

野菜料理は意外と難しいのでいつもは銀座ELの野菜料理を食べることが多いです。

事務所と自室に常備しているのは海藻です。沖縄もずくと東北のわかめです。特に土日の自炊で私が食べるもずくとわかめの量は半端じゃありません。普通はもずくかわかめかを食べますが私はもずくとわかめを必ず食べます。

もずくは沖縄県勝連漁協のもずくです。3月に伊平屋島に行き、初摘みもずくを10kg購入してそれを食べています。今の時期のは細くて美味しいです。

わかめは一番多いのは宮城県石巻市のやまきの社長が送ってくれる南三陸の荒汐わかめです。

2日前に岩手県田野畑村出身の方が田野畑漁協のわかめを一生分位送ってくれました。北三陸の天然わかめの種で養殖したわかめですが、養殖と言っても種は天然を1世代しか使わないので天然わかめと同じです。

3年前に田野畑村に行き、あまりの美味しさに舌を巻きましたが生産量が少なく、3年後の今年手にすることができました。

わかめ、もずくの食べ方はどんな料理にも入れます。もずくは三輪素麺の小西勇製麺所のそうめん半分、もずく半分で食べるのを気に入っています。相当贅沢ですけど。

酢の物も多いです。お酢は宮崎県綾町の大山食品の自社栽培の無農薬米から純米酢か、福井県小浜市とば屋酢店の静置法製造の若狭の壺之酢、あるいはポン酢いただいております。

銀座エクセレントローカルでもメニューに出していますのでどうぞお越し下さい。
posted by tk at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

愛とれいらんの日々

ペットブーム、とりわけ猫が大人気だそうです。癒されるというのがその理由です。

れいらんと私の二人暮らしは来月上旬で丸2年になります。おととしの5月上旬にやってきました。生まれたのはその半年前の12月25日のクリスマスの日です。

偶然なのか?はたまた繁殖家がクリスマスが誕生日だと高く売れるので、誕生日を12月25日に生まれるように人工受精したのか私にはわかりません。

でもものすごい偶然の確率の中でれいらんとの暮らしが始まりました。私がマルイチ届を区役所に提出した2日後にやって来たのでおかげさまで私の独り暮らしは厳密には1日だけだったということになります。

よく癒されると言う言葉が使われますが、それは正しいし、異を唱える気はありません。

しかし、私の場合、正確に言うと出かける時に部屋のエアコンは付けたままで、かつ部屋の電気も一つは点けたままで出かけます。数泊の出張時もそうです。

なぜかと言うとれいらんがその間は独りで暮らすことになるので不自由がないようにです。同時にそれは自分のためです。

自分のために何がよいかというと帰宅した時です。電気が点いているので真っ暗な部屋に電気を点ける惨めな思いをしなくて済みます。

また、エアコンも付けっぱなしなので寒い日も部屋は暖かいし、暑い日は部屋は涼しいです。

このそのまま暮らせる状態の部屋に帰れることが独り暮らしにはどれだけ楽か?体験するとわかります。

最近の悩みは2つです。私の起床時は必ず私の胸の上にいるのでれいらんが下りるまで私も横になっており、起床時間が遅くなりがちなのともう1つは朝の出勤時です。付いて来ようと狙っているれいらんとそれをブロックしようとする私の揉み合い、駆け引きが5分は続きます。一緒に飛び出さないようにぱっとドアを閉めるのが結構テクニックが必要です。

でもたまには追っかけて来ない時があります。そんな時は「れいらん、今朝はどうして追っかけて来ないの?」と寂しくなったりして。れいらんのおかげで幸せな毎日です。
posted by tk at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

勝つための経営手法とは?

空手をやっていると昇級、昇段の審査は型です。いろんな型を精進して習得していきます。先生も先輩も教えてくれます。

悪いところを指摘してくれます。そして直していきます。1つの型にいくつかポイントがあり、そこをクリアして型を習得していきます。いわば未熟な箇所の学習と欠点の矯正です。

でも個人の体はロボットではない限り、いろんな特徴があります。背が高い人もいれば低い人もいます。個性があります。でも基本を学ぶ時は個性・特徴は排除されます。その基本を習得してあるレベル以上になるとたぶんそこから自分の形、個性が加わるのでしょう。沖縄空手は個人技なのであくまでも「自分に始まり、自分に帰す」です。

仕事はどうでしょう?当社は10名の社員の中小企業です。企業活動も利益追求の競争社会とすれば日々戦っています。

昨年までは当社チームの監督は私でした。その場合、私は勝つためにはスタッフのレベル、スキルアップにはあまり力を入れませんでした。

誤解がないように。基本はしっかり教えます。業界の常識も教えます。禁じ手も教えます。それは日常業務でしっかり教えます。しかし、それを使うのは現場の実践時ですから当然、応用・機転を求められます。教科書通りでは使えない。

ましてや根性ものの自己啓発など個人的には好きでよく読みますが、人に押し付けるのは大嫌いです。

当社中小企業です。大企業のように世に言う優等生がいるわけではありません。いるメンバーで勝てばよいのです。企業で言えば、企業経営が継続すればよいのです。

これが面白くてね。この場面はこいつが得意そうだから起用しよう。勝つためのコツをワンポイントだけ授けよう。「敵は大したことないヘボだから。ここを狙ってみろ勝てるから」です。

完全な人間などいません。大企業の組織ほど機能が麻痺しています。そこを突けば勝てます。そのためには会社を1人間に見立て、当社の弱点部位はどことどこかか、そのためにはこんな人材を育てよう、入社させようと考えていなければなりません。そしてその叡知と人材を集めます。口説きます。

その人の持つ個性、特徴、才能を一瞬にして見抜き、見い出し、実戦(実践)に投入する。それが中小企業の経営の醍醐味です。「さあ、どこからでもかかって来なさい。チーム力ではうちには敵わないよ」です。
posted by tk at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする