2020年01月10日

裏方でやってくれている人がなぜ見えないのか?

母が亡くなって、一番感じたのは誰もやってくれない、自分でやるしかない。いかにいかに母に依存していたかを子供心にわかりました。新しい母が来て、大学に入り、東京で一人暮らしを始めた時も新しい母が見えないところで私の事をやってくれていたことがよくわかりました。

会社をクビになって独立した時、自分が何にもできないのを痛感しました。会社のスタッフ、当時は庶務やアシスタント業務は女子が多かったですが、彼女達がフォローしてくれていたのが見えました。それは別れた妻にも当てはまるかも。見えないところで支えてくれていたことが。

国内原料の争奪戦が行われています。今まで海外産の安い原料を商社を通して調達していた食品メーカーがこぞって国内産の奪い合いをしています。しかもお抱え商社を中に通して、代理戦争の様相を呈しています。

農業衰退の中で国産原料は絶対的に足りないのに、奪うことだけをしています。なぜ自分で育てないのでしょうか?ポーズだけはしています。会社の広報誌に農業体験に若い社員を派遣したとか、消費者に表向き受けるパフォーマンスをしています。

これから農業の時代ですと言います。しかし、食品メーカーや流通は農家に感謝していますか?相変わらず1円でも安く買い叩く対象先ではありませんか?農家を疲弊させることよりも農家を潤わせた企業が生き残ります。

母を亡くして、あるいは一人暮らしをするようになって母がやってくれたことが初めて見えるようになりました。そう言う眼で農家を見たらどうでしょうか?そして食品ビジネスを経営すると言うことは最後は自分で農業をして、自分で原料を育て、調達する覚悟が必要であると言うことです。

これまでは精神論ですね。具体的にこれからの農業育成のしくみを作らなければなりません。資本力とよい作物をつくる技術と人材を育てなければなりません。カネとヒトと技術。この3つが育つようなしくみを確立した食品メーカーがこれからの食の世界をリードすると私は思います。

それに向かって私も動き出しています。
posted by tk at 08:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月09日

私が早く会社に来るのは行動の準備のため

出張というのは意外と精神的には楽です。半分、忙殺からの逃げができるからです。「すいません、今日明日出張で東京にいないのでできません、会えません」は人の感情を傷つけない最良のエクスキューズです。が、失うものも大きい。仕事が滞るからです。

年中、営業と称して社長が出張ばかりしている会社は大体潰れます。肝心な社長マターの意思決定を他の人に任せているのでやがて実権はその人が握るからです。当社は社長が一番出張が少ない。だから、社内外の情報は一番詳しいです。

さて私は社長ではなく、一兵卒ですが、東京にいても毎日やる仕事は山ほどあります。朝起きた時に今日決断して、片付ける案件が頭に浮かびます。大まかな時間配分まで決めてから出社します。そしてそれに関係する情報を取り出します、思い出します。

だから私は出社時間が早いのです。出社2〜3時間前に来て、どういう決断と行動をするかを余裕を持って考える時間が必要です。始業時間になって会社に来て、いきなり先方から電話来たら、相手のペースです。不意打ちです。こっちペースで事を進めるためにはもう一度、事前に考える時間が必要です。

そう思って一日を組み立てても、案件、懸案事項が同じ時間帯に集中します。あるいは予定通りの仕事に集中していても、いきなり電話も多数来ます。一度には捌ききれませんが、それはこっちの身勝手、責任ということになります。なるべく電話に出て、とりあえず先方の要望を聞きます。

下手すると同時に5つくらいの案件が作動し始めます。早朝に組み立てた行動予定などお構いなしです。まずそれぞれに聞いてメモを始めると机がメモでいっぱいになります。次はそれ関連の書類を出したり、パソコンを開いたり、スマホの携帯番号を確認したり始まると机が大散乱が始まります。

机に収まりきれないので前の席が空いているのでその席も使います。それでも収まりきれないので、床に書類を置き始めます。私の机とその周辺は書類の散乱で呆れかえるほどになります。

そのうちに同時進行している案件を忘れてしまいます。何やってたんだ俺?状態です。かっか来ないように飴玉とお茶を多用して乗り切ります。大体、それが終わるのが夕方から夜です。そしてお客さんがある時はイローカルへ、ない時はまっすぐ自宅に戻って家事が始まります。
posted by tk at 08:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

大手メーカーの地域原料強調商品をどう見るか?

遠い遠い昔、味の素の社員だった頃、初対面の方に名刺交換すると相手の反応が3タイプいました。たいていは儀礼的な和やかな挨拶、もう1タイプはテレビでよく宣伝している食品業界トップ企業に対する尊敬の念、そして意外にもいるのが嫌な顔する人です。

嫌な顔する人はその会社が出している商品が売れて来たので、それを味の素がまねして新商品を発売した業界や会社の人はよく思っていませんでした。商品「味の素」は世界に冠たるオンリーワンの発明商品ですが、それ以降はモノマネばかり。「マネの素」を陰口を叩かれていました。

最近、それがふと頭をよぎりました。最近、大手食品会社が国産原料使用を強調表示した加工食品が増えています。それでも以前は国産とか「○○県産」程度でしたが、最近は「○○産にんにく使用」と地域名まで明記しています。この成果は農家のおかあさんの農産加工品に端を発し、当社のような企業が四半世紀かけて後押しして来た手法です。

大手ビール会社が始めた頃はまだ可愛かったです。広告代理店に「春夏秋冬」と「地域」をこじつけたコンセプトを作ってもらい、それで限定デザインで出していました。次に「どこどこ産ホップ使用」と書き始めた頃から「あら、あら」と思い始めました。

全国の地域特産品のアンテナショップが銀座にあります。人気があるのは北海道と沖縄です。沖縄のアンテナショップは私は以前からよく行くので棚に並んでいる商品もよくわかります。

最近、増えたのが東京本社の大手食品メーカーが「沖縄産」原料を銘打って販売している商品です。沖縄では製造されていません。アンテナショップは地域食品メーカーの披露の場所だし、その応援の意味もあるのに、大手食品メーカーの商品ばかり。情けない。

この傾向をどう見るか?地域色の強い加工食品が増えて来たことを喜ぶべきか?怒るべきか?まず、どこどこ産の原料使用と書いていますが、大手食品メーカーの地域加工食品1商品に占める使用量は微々たる量です。これでは農家のメリットは「ない」に等しいです。

私の見解、まず喜びましょう。中小や農家をバカにして来た大手メーカーが我々のマネをし始めました。大手の参入で地域加工食品の市場がある一定まで伸びます。

消費者(生活者)がやがて大手食品メーカーの「見せかけだけの小手先だけの子供だましの商品」に気付いたら、必ず本物の中級編、上級編の商品に向かいます。その時にあなたたちが作っている商品が陽の目を見ます。長年の苦労が報われます。
posted by tk at 08:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月07日

まだまだ夢がある。残りの人生にどの程度投資するか?

昨日は仕事始めでしたが、歯科医院の予約も取っていました。年末に15年以上付き合ってきたインプラントがダメになり、抜きました。全部で6本くらいインプラントが入っていますが、一番噛む歯左側の歯が3本並んでインプラントでした。

入れたのはインプラントの走り頃でしかも我が国のインプラント治療の先駆的な東京医科歯科大の教授にやってもらいました。この歯は非常に調子よく、働いてくれましたが、インプラントが強すぎて、インプラントを支えている歯茎の歯骨が耐えられなくなり、真ん中の歯骨が減耗を始め、昨年来は奥を支えていた歯骨がダウンしました。

それでそれを切除して、2本を今度はどんな歯をつくるか?でした。先生の推薦提案は入れ歯です。私としてはあと20〜30年に耐えられる歯であればよいですと申し上げました。

入れ歯?インプラントでもない、差し歯でもない、入れ歯は初体験です。先生に見せてもらった設計ではすごく精緻で、かつ反対側の生きている歯で支えるしくみになっており、一般的な老人が出したり入れたりしている入れ歯ではないのでそれでお願いすることにしました。

私の年齢だとあと何年生きるか?判断が求められます。この2本は前歯ではないので、なくても一般的にはわかりません。コストゼロで行くならそのままでも大丈夫です。反対側の噛み歯がしっかりしているので。しかし、入れないと次はこの反対側の歯がやられます。

現役なので歯抜けとは行きません。しかも講演も多いので、国民健康保険のバネ装着の取り外し入れ歯ではいつ壇場から入れ歯が飛び出すかも知れません。それを勘案して先生はよい提案をしてくれました。まだ君は残りの人生に投資した方がいいよと。

今年の誕生日で5年ぶりの免許証の更新です。どうしようかな?と思います。都会生活者なのでクルマは所有していません。仕事の時は人様に乗せてもらっています。自家用車が必要なのは子供が小さい時だけです。もう1回更新すると71歳まで乗れるけど乗ることがあるのかな?

中小企業診断士の更新は一昨年やったのであと3年あります。69歳まで中小企業診断士でいられます。次に更新すると74歳まで。それまでコンサルやっているのかな?必要かな?

昨日は年初めで会社の会議でした。若いスタッフが今年の抱負を述べました。私も述べました。人生これから60〜70年ある人とと私のように20〜30年の人では述べる抱負が全く違います。彼らには夢がある。でもわたしにも夢がある。そう思うと同じかな?
posted by tk at 08:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

若手のスキルアップ、問われるのは私

今年の私の抱負です。小さいながらも会社の経営をしていると常に売上高の増加、利益の獲得等お金が頭にあります。経営者とはお金から逃れられない宿命です。

そしてそのお金獲得を(新規)顧客獲得とイコールにしています。だから営業活動は大切です。エネルギーは常に外部に向かっています。それを今年は内部に向かいます。

当社は経営スタッフと社員スタッフの若返りを図って今年4年目になります。それは着々と進んでいます。若手は経験がありません。特に20歳代のコンサルなんてそんなにいません。

私は入社した泳いだことのない海や川に彼らを放り込んできました。泳ぎ方を教えないで放り込んで来ました。なぜ?前もって教えても頭では理解できないからです。あるいは理解できても体がそのようには動かないからです。同じ水の中の隣に先輩はおりますので、そのアドバイスや指導を受けながら、何とか泳げるようになります。

その間、クライアントは暖かく見守ってくれるか?見守ってくれたクライアントだけが現在も付き合いがあります。下手な泳ぎ、はらはらドキドキに付き合わせて申し訳ありませんでした。我々を見捨てたクライアントも多くいます。しかし、それも折り込み済みでした。そうしないと世代交代はできない。実はそれで私は昨年は金策に駆け回っていました。

今年はこの何とか泳げるようになった若手を一流のアスリートにするための指導に入ります。最初、泳ぎ方は教えてもわからないけど溺れないように必死にもがけば浮いてきます。その若手スタッフ達がこうすればさらにスピードが出る、長い距離を泳げるを理解できるレベルに成長してきました。次を目指します。

私が正月先輩にくっついて空手の集中稽古をしていたのはそのためでもあります。食と農コンサル業界ではベテランの私も空手の世界では初心者でかつ下手です。

しかし、空手を始めて今年5年目に入ります。空手の技術のステージアップをするにはどうしたら有効か?それを学んでいました。4年前にちんぷんかんぷんだったことが先輩の指導で少しずつ理解できるようになって来ました。なるほどと思えるようになって来ました。すると空手がさらに面白くなります。

合わせて、未熟者の私にでも辛抱強く、分かりやすく、わかるまで教えてくれる先輩の指導方法も学びました。これを仕事に置き換えると私が当社若手のスキルアップを私ができるか?という問いにもなります。

私自身がベテランという経験の長さにあぐらをかいていないか?自分が劣っていることには目をつぶって逃げているのではないか?教える側としての私のスキルアップ、人格形成も大いに問われます。

posted by tk at 08:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

貨幣価値のカヤの外の経済を創ろう

ブログの順位が上がってきました。と言うことはお正月生活から平常生活に戻って来たと言うことです。私のブログ順位は大体、平日500位くらいで、土日祭日は1000位近くまで下がります。土日祭日ブロガーが多いと言うことでもあります。でも今日の順位が500位台に入っているということは平日に戻るのはちょっと早いような気がします。みんなもう働き出したのかな?

東京は寒い毎日です。2日からずっと夜は沖縄からの単身赴任の先輩と一緒に空手の修行です。夕食を食べながら、「お風呂沸かしています?」と聞いたら「いつもはシャワーですが、最近寒いのでお風呂を入れます」

私もです。最近、お風呂であったまりたいのでお風呂を沸かします。話はここからで一人暮らしだとお風呂に入って終わったらすぐ栓を抜きます。お風呂がもったいない気がします。それでついついシャワーで済ませます。お風呂を沸かすガス代をもったいないと思ってシャワーで辛抱しているひとり者は結構多いのでは。

そのくせ、れいらんを残して部屋を出る時はエアコン、加湿器、電気はつけっぱなしです。れいらんが侘しい思いをするだろうと思って。どっちがコストがかかっているんだろう?と失笑です。

昔、糸島の実家にいる頃は3世代家族でした。大きなお風呂に入っていました。お湯も熱い過ぎると文句言うくらい熱かったです。お湯をケチるなんてことはありませんでした。あれから50年働き続けて俺は豊かになるどころか貧しくなっているのではないか?と情けなくなります。

家もそうです。田舎の家なので大きい。今、私がレイランと過ごしている1Kの銀座長屋の100倍までは行かなくても20〜30倍くらいの広さはありました。

食べているものもそうです。食べているのは自栽培の野菜と米と近くの行商の人が売りに来る鮮魚がほとんどでした。肉は鶏肉が嫌いなのと牛肉は高くて食卓にのることはないし、九州はあまり豚肉を食べないのであまり食べませんでしたが。野菜と魚ばかりで飽きなかったか?四季折々、採れる野菜と魚が違うので毎日、美味しく、たくさん食べていました。

やっぱり、おれは貧しくなったのかも?働き方改革で人口減少の中で、出生率を上げ、労働人口を高めようとしています。難しいですね。何故なら、税金が高過ぎる。ちゃんと働いている人ほど払えない金額の収奪です。

それを天引きで。それでは生活できません。豊かな生活をしようとすれば円、つまり紙幣価値とは違う、紙幣価値とはカヤの外の経済を創ることです。円に縛られない生活を創造することです。
posted by tk at 09:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月04日

「よおく、見てごらん。必ず見えるから」

一般の人がそうであるように私も複数のコンピューターを使用しています。仕事用のパソコン、マッキントッシュ社のIーPAD、それにスマホです。事務所の机はいつも仕事用パソコンとIーPADが置いてあります。

どっちがよく使うか?IーPADです。机にIーPADを置き、補助机にパソコンを置いています。仕事をする時はパソコンを開きますが日頃はスイッチを切っています。最近、歳を取ったので使用頻度は激減して、企画書や提案書を書く時に使います。

パソコンを開く時は気分がすぐれません。なぜならこれから仕事だからです。そしてマイクロソフトのソフトは使いづらい。ビルゲイツはパソコンの寵児かも知れませんが、パソコンの革命児はスティーブ・ジョブズです。なぜならパソコンを使用することが楽しい行為にしたのはスティーブ・ジョブズです。

人間は苦よりも楽(らく、たのしい)を求めます。パソコンを使うことが楽しい行為になって、パソコンは一部のエリート知識階級のツールから人類全員のツールになりました。

しかし、スティーブ・ジョブズはもういません。ビルゲイツは存命ですが、姿を現さないのでどんな生活をしているかわかりません。2人とも見事な人生です。燃え尽きた自分がわかっている。

特に「パソコンを楽しく」に人生を捧げたスティーブ・ジョブズはまさに命を削っての一生だったのでしょう。苦しみながら、それを喜び、達成に変えての一生だったのでしょう。

昨日から空手家の香川政夫先生の「変わる力変える力」を読んでいます。その中に「人生というのはよくできています。どんなできごとのなかにも、必ずや自分の弱さが含まれています。超えられなかった壁というのは、克服すべき弱さを知らしめるために神様が与えてくれた試練なのです」

特に私を捉えたのは「克服すべき弱さを知らしめるために」のところです。人は注意してくれません。してくれているのでしょうが自分の弱さのためにそれを聞き入れる度量の大きさがない。そして逃げる、避ける。

「今更、今年66歳になる人が何言ってんの?もう遅いよ」と笑われそうですが、正直、私はこの言葉にどきっとしました。スティーブ・ジョブズは50歳後半で燃え尽きたけど、そして香川先生は私よりも年齢は2つ下ですが、確かに私の年齢では遅いかも知れないけど、思い立ったが吉日、今年の私の行動指針は「超えられなかった壁を知る」です。

そして先生は超える方法を先生はさらっと書いています。「相手の突きをよおく、見てごらん。必ず見えるから」
posted by tk at 09:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月03日

体で覚え、頭で考えよう、その繰り返し

空手の先輩が2日から稽古を始めるというので参加しました。今は出張がなく、東京にいるので平日も早朝時間があれば一人で筋トレしたり、空手稽古をしています。ただし、一人で稽古すると言うのは有意義な反面、危険性も孕んでいます。

我流で下手に身についてことはどんどん悪い方向へ進化(?劣化)して行くからです。常に軌道修正してくれる人がそばにいないと成長しません。私は今年5年目に入りますが、未だ帯は緑色です。門下生の中で最も昇段が遅れています。

昇段試験は受験する段級に相当する型(かた)ができるかの審査です。審査員は形ができるかだけでは審査していないはずですが、受ける方からするとそう思ってしまいます。なぜなら、昇級試験は「型の披露」だからです。

審査員はその型を通して、その段級に相当する技術を有するかを審査しているのでしょうが、我々は未熟なので形(かたち)だけの形(かた)を覚えようとします。私も当初、そうしようと一生懸命型の暗記をしていましたが、それをやめました。

「やめる」には2つ意味があります。空手と道場を辞めて行く人、もう1つは型だけの暗記を止める方法です。前者が9割で去って行きますが、私は後者を取りました。

そしてどうしたか?空手の稽古を「空手の1つ1つの動作の基本を身に付ける」ことに切り換えました。空手をやると言うことは「一生、空手の基本動作を精進し続けることだ」と思うようになりました。そうしたら最近、空手が面白くなりました。

正月休みも仕事があるので、企画書を書いたり、提案書を書いたりしています。仕事だと私が基本的な企画書や提案書に終始していたのでは、クライアントはお金を払ってくれません。この業界四半世紀のキャリアのある私が求められているのは私しかできない企画、提案およびそのしくみづくりです。

空手と仕事、どっちが楽しいか?どっちも同じです。どっちも苦しむ時とそれが喜びになる時があります。

仕事に関して言えば仕事で体で経験したこと、特にうまく行かなかった時、それから逃げないでそれを必ず頭まで持って行き、考えることが必要です。ある技術や能力は自然には身に付きません。とことん考える作業がないと進歩しないと思います。
posted by tk at 09:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

私の今年の行動目標というか、昨晩見た初夢

夢があるということは幸せなことです。「えっ、再婚するの?鳥巣さん」それもいいけど、そうではなくて仕事の話です。今年は新ビジネスを現在のところ3つ考えています。新ビジネスですから実現可能性もかなり低いものもあります。でもチャレンジしないと永遠に現実化しない。

@食と農ビジネス会社に資金投資する会社の設立、逆の立場からいうと農家や中小あるいは起業したての食品事業者が資金調達できるしくみづくり
A体力増強、健康アップ、いつまでも元気に長生きできる健康法実現の場ビジネスづくり
B地方で開発される農産加工品、あるいは食品添加物フリー加工食品を首都圏で販売する場としくみづくり

実現可能性の低いもの、言い換えると難易度の高いものから書きました。実現するかな?しないかな?わからない。初夢だと思って書きました。私1人ではとてもできません。人間性というより、むしろ「人間力」のある人と連携してやろうと思います。人を動かすのは人です。金を動かすのも人です。仕事を創り、実行するのも人です。

合わせて3年前に設立した(一社)エクセエレントローカルは当初は社員(会員)が目的を理解できなくて、かつスタッフに恵まれずに解散しようかな?と思っていましたが、昨年から本格的に動き始めました。

親身になって、ひっちゃきになってやってくれる事務局長と事務局員の2名が動き出しました。協力スタッフもできました。キースタッフ社の業務範囲外のコンサル事業、例えば新規就農や高齢者雇用対策事業、非食品のヘルシー商品の開発・販売といったものが徐々にニーズが高まってきました。今年はできればもう1人若い協力スタッフを戦力に考えています。

さて本体のキースタッフ社です。仕事自体は増えており、業務が追いつかない状況が続いています。資金需要も増大しており、予断を許しません。4年前から若いスタッフを「部長」名刺で現場に入れています。

この若手社員達がそれなりに仕事を体でわかるようになりました。今年は彼らの現場での悩み、例えば仕事の進め方、クライアントは何を、どこまで自分に求めているのか?どこまでやれば仕事をしたということになるのか?今の自分は仕事ができるレベルに到達しているのか?等をスタッフに書き出させて、それを私が聞き取りして、体系化を図ります。

「キースタッフ社の業務・活動指南書」を作ります。それを新入社員も含めて、若いスタッフ向けに私が社内教育します。
posted by tk at 09:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

暖房つけるより明かりを灯した方が暖かい

夜明け前に、寒くて目が覚めます。明かりを点けます。暖房はまだ入れていないのに、明かりが灯っただけで暖かくなったように感じます。不思議ですね。一隅を照らすともしびは冷え切った人の体と心まで暖かくします。

食事をする時に、何を食べるか?ではなく、誰とたべるか?です。寂しい財布でも、粗末な食事でも好きな人と食べると食事は楽しくて、満ち足りたものになります。

暖房も食事のお金も自分のためだけに使おうと思うといくらお金を持っていても足りないし、不安になります。富は人間の心を貧しくします。

今年3月で66歳になります。早生まれなので同級生はみんな67歳です。物心ついた頃、祖父は明治35年生まれなので、私が小学校に上がった頃、60歳ということになります。祖父の記憶があるのは庭で薪割りばかりしていた姿です。仕事もしていなければ、農作業もしていませんでした。

私は父親の29歳の子供ですから、親父が60歳の時は、ちょうど31歳でした。親父はこれから百姓だけでは飯は食えないと早々と決断して、サラリーマンになり、我が家はいわゆる兼業農家でした。

60歳で定年退職して、亡くなる26年間は庭いじりばかりしていました。26年間、庭いじりしてでも尽きないくらい庭が広いとも言えますが。祖父の薪割り、親父の庭いじり、この2つが2人になければ2人は60歳以降を何をして暮らしたのだろうと?ふと思う歳になりました。逆に言えば今の私の薪割りと庭いじりは何をすることなんだろう。

私はまだ現役で仕事をしています。若いつもりでいますが、仕事の相手は私より年下ばかりです。同級生か年長者は地方自治体の首長か創業者の社長ばかりのわずかになりました。

62歳で代表の座を降り、無役になりましたが、相変わらず仕事をしています。私がスタッフの仕事の領域に口を出す気はないし、出していませんが、絶対的なスタッフ数不足で、年寄りも私もしなければならない仕事がたくさんあり、それをやっています。キリがないですね。

後の人生、体を大切にしながら生きても残されているのは20〜30年です。この残された人生を自分のために使おうと思うと足りません。ずっと不老長寿で生きていたいです。

しかし、この人生と同じ考えで同じ行動をしている仲間と一緒に使おうと思うと充分過ぎるくらい充分な人生が残っています。仲間・同志そして自分のために使えばこんな幸せなことはありません。そんな人生を生きていきたいと思っています。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。
posted by tk at 10:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする