2017年06月16日

人生の決断はいつも非情

朝、部屋を出る時、必ずれいらんは追っかけてきます。部屋を一緒に出ようとするのをブロックするのが大変です。

また、夜帰って、扉を開くと必ずれいらんが玄関口にいます。私のキーを差し込む音を聞いて玄関口に走ってくるのか、私がいない時、大半を玄関口で過ごしているのかわかりません。

ただし、確かに言えることはれいらんはこの部屋から出たがっている、あるいは出る機会をうかがっているということです。

一回だけ、こっちの無防備で出たことがあります。私は心臓から火が吹き出すくらい、動転して探し回りました。幸いにしてマンションの配電盤の中にいるのを突き止めて事なきを得ました。

それ以来、れいらんは外界があることを知りました。れいらんにとっての世界は狭いマンションの1Kの世界です。ペットを飼うということは人間の都合でペットにとっては迷惑至極なのだろうといつもれいらんに後ろめたさがあります。

出たいれいらんと出したくない私との日々の知恵比べ、せめぎ合いは続きます。

でも人間も見えない世界に縛られています。鳥巣研二は自由人。そうでしょうか?自分でつくった食と農の世界に縛られています。

その自縄自縛から世界を広げるためにエクセレントローカルの名の下に一般社団法人を設立したり、食と農の交流のレストランを始めました。

新しいビジネスや活動を始めることは現状の世界から抜け出すことです。しかし、現状の生活はしがらみがあります。しがらみを断つことは酷なことでもあります。

時おり、いやいつも人生の決断は非情です。決断できるかどうか?これがチャンスを掴めるかどうかの転機です。

新しい決断をするということは握りしめている手を開き、今持っているものを捨てない限りは新しいものは入ってきません。人生とはそんなものです。
posted by tk at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

自然とはどういうことなんだろう?

空手の先輩が言っていました。どんな空手の名人も「水を下から上に流すことはできない。地球上のあらゆるものは自然に任せていると上から下に落下する」

初心者の私ごときが言うのは憚れますが、空手も自然の動き、道理に合わせている人、一体化している人が名人なのでしょう。もっと、いうと自然の動き、道理を会得した者が名人になるのでしょう。

でも、「自然」は解釈が難しいですね。人を殺傷する(守るという意味でも)という意味では空手等の武道よりも核爆弾やミサイルの方がはるかに力があります。

では、核兵器やミサイルの発明の行為は人類にとっては「自然」だったのでしょうか?

地球上の人口は70億人と言われており、今世紀中に100億人を超えるそうです。これは「自然」なことなのでしょうか?

100億人の人間を生かすためには人工頭脳やロボットの開発が急がれています。

20世紀の人口の暴発を可能にしたのは食糧の増産です。合成肥料と農薬と大型農機具の開発が増産を人口の増加を可能にしました。そうやってできた農産物を保存する技術で食品加工が発達しました。そこでは保存料と含め食品添加物が大活躍しています。コンビニの弁当、惣菜など入っている食材の種類数よりも使用食品添加物の種類数の方が多いくらいです。

どうしてこんなに食品添加物が必要なのか?日持ちのため?購入者を食中毒から守るため?

この流れは「自然」だったのでしょうか?昨今、当社でいただく加工品は「食品添加物不使用」の製造です(写真上左・上右、下左、下右)。銀座ELでは有機栽培の野菜でつくった煮物やサラダが大人気です。これは「自然」なのか?「不自然」なのか?

「自然」の流れとは一体どういうことをいうのだろう?もっと、もっと、空手に恋しないとだめですね。
20170615_142115.jpg20170615_142329.jpg20170615_144616.jpg20170615_144759.jpg
posted by tk at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

首都圏内でそうざいにトライしませんか?

昨日は千葉県松戸市にある公設南部市場に行ってきました。この市場は公設です。昭和40年代に膨張する首都圏の胃袋への食料の供給が目的でつくられました。

元売り(本来の市場機能)は青果棟と鮮魚棟です。それに付随する形で関連棟があります。関連棟は青果・鮮魚以外の精肉、乾物、調味料、包装容器、食品関連衣料や雑貨品の販売をしています。

この関連棟から興ったのが万星食品鰍ナす。この創業会長が佐藤清さんです。関連棟は零細企業が多いので、松戸市総合卸売りセンターという組合をつくっています。そこの会長も佐藤清さんです。

10年以上前に元売りのうちの鮮魚棟が撤退しました。鮮魚のない市場は市場ではありません。それで万星食品が直接鮮魚販売に乗り出しました。

今では生鮮館という名前で精肉・鮮魚・青果を販売しています。市場なので業務用が原則ですが、周辺は上野まで電車で15分の至近距離なので千葉都民がたくさん住んでいます。しかも住宅地の真ん中にあります。建物は老朽化していますが、集客力はすごいですよ。

実は当社はここに加工試作室を持っており、レトルト機を設置しています。

佐藤会長から、「惣菜の製造加工室と売り場を確保したので」と声がかかりました。全国の料理の上手なお母さんに開放したいとのことです。

「会長、借り賃、使用料はただでよいですね?」と確認したら「オーケー」とのこと。

広さは5坪×3室で合計15坪。ガス台5口、オーブン、調理台、調理器具・什器がすべて揃っています。営業許可はそうざい製造業です。

目の前が鮮魚と寿司の売り場です。ここに各地のお母さんが食材を持ち込んで惣菜・料理をつくって販売します。

売上高はすべてお母さんの売上げです。使用期間日数も、運営もすべてお母さんに任せます。また、市場の中にあるので調味料・包装容器・必要食品は自由に買えます。また、佐藤会長は市場内で元気モリモリ食堂もやっており、これも大人気です。

何のために松戸公設市場はただで地方のお母さんに開放するのか?市場の目玉になり、集客に寄与すればよいのです(写真8枚参考)。

どなたか、やる気十分のお母さん、チャレンジしませんか?
20170613_142427.jpg20170613_134856.jpg20170613_134913.jpg20170613_134902.jpg20170613_134853.jpg20170613_142436.jpg20170613_142518.jpg20170613_135545.jpg
posted by tk at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月13日

農家とのパイプをつくるコツ

昨日、ある中堅の物流会社の幹部がやって来ました。

用件は農水省からの受託で農水産物の輸出促進事業をやっているが、既存の商社ルートが強くてなかなかうまくいかない、現場の行政関連機関から「農業者に強い」ということで当社の名前が挙がるので、農家を紹介していただけないかという相談です。

私は農産物の輸出に冷ややかです。昔いた会社は我が国最大の食品メーカーでしかも多国籍企業です。その味の素をしても食品の輸出はそう簡単なことではない。農水省がやっきになっているのはTPPのような貿易の国家間連携協定ができたら何かしら日本の農水産業も世界に向かっているというアピールをしなければならないからです。

しかし、現実1個600〜700円のりんごのふじが東南アジアで飛ぶように売れるなんて信用できます?

さて、昨日は当社と仲のよい我が国最大規模のフルーツ系原料メーカーの統括者もやってきました。私とは昵懇の間柄です。

用件はかんきつ不足だそうです。特に甘夏系の皮をピールやマーマレードにできる甘夏系が不足だそうです。要はケーキの原料となる系統が不足しているそうです。

私が人様にお礼で贈る「糸島はるか(日向夏と甘夏の自然交配)」や「平戸夏香(日向夏改良品種)」のような品種が不足しているらしいです。

かつ、レモンも不足だそうです。それで、これまた私のご愛顧の三重県紀宝町の「マイヤーレモン(レモンとオレンジの交配種)」を調達したいとのこと。

さらに国内レモンも欲しいということでこれは瀬戸内海の大崎上島のある農家が相当数栽培しています。

両方に電話したら10月から出荷できるとのこと。早速、7月にそのメーカー幹部と訪ねることにしました。

欲しがっているのはそのメーカーなので私は行かなくてもいいのですが、そこが鳥巣研二です。こうやって四半世紀農家とのパイプをつくってきました。

ちょうど、(社)エクセレントローカルも行動開始したのでその設立の主旨も生産者に話そうと思って行くことにしました。

経費がかかりますよね。これをもったいないと思ったら終わりです。でも(社)エクセレントローカルはお金がないので、潟Lースタッフの社長に了解を取ってその経費で行きます。
posted by tk at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

情報は正確に伝わらないもの

私は他人様に物事を頼む時やお願いする時は人と介することは滅多にしません。自ら会いに行くか、電話するか、手紙を書きます。

なぜなら、情報は人を介するとまず、正確には伝わりません。間に入った人が自分の問題だと思っていないので必ずいい加減な仲立ちをします。

そういった意味では私は人は信用していません。間に入る人が悪意がなくても当事者でない限りは必ず行き違いがあります。

この週末もそんな行き違いは2〜3件ありました。私が直接関与するものではありませんでしたがある商談があり、お互いの電話でのやり取りが直接行われればよかったのに、間に1〜2人入ったため、その間の人に正確な情報が入らず、結局取引の当事者が不信感を抱き、最後は私に愚痴、文句を言ってくるです。いい大人がね。

教えればちゃんとする人もいます。ある製造者からの依頼を私にして来たので相手が本気なのかをちゃんと聞き出してくださいと指示したら、ちゃんと真意をお聞き出して伝えてきました。こんな人の仕事はちゃんとやります。

他によくある不愉快は「インターネットを見れば出てますよ」です。インターネットでたどり着けないからその人間に聞いているのにそんな対応です。たとえ、学歴は高くても人間としては無能です。

相手がどうすれば最終の目的の人にたどり着けるかをそこまでナビゲートするのが本当の紹介です。相手の痛みや困っていることを相手の立場で考えられない。あるいはいつも横柄なので肝心な時に人に物事を頼めない。

私はそういった意味で信用している人間は5人程度(多くても10人以下)しかいません。この5〜10人には間に入ってもらいます。その5〜10人のパイプ以外は自分で当事者に連絡します。

それがうまく行くコツはお世話になった時はお礼状を書くとかメールや電話をするとかして常に良好関係を絶やさないようにしておくことと常に人様からの依頼事を親身にやってあげることです。そうすればこっちが困った時に相手も助けてくれます。
posted by tk at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

この海を航り切れるか?

潟Lースタッフの代表を降りてからひまになったかというとその反対です。空手もやっているので土日休日もスケジュールが入ります。

給料はキースタッフからもらっているのでかって年間200回の講演・セミナーは減りましたが、それでも講師の仕事は普通の同業者に比べると相変わらず相当の回数です。

夜は体が空いていると銀座ELに行くので遅くまで働いています。

最近、1年間冬眠させておいた一般社団法人エクセレントローカルを動かし始めたら一気に動き出しました。

ありがたいことに私以上にパートナーの理事やクライアントが(社)エクセレントローカルに熱心です。

しかし、仕事をいただくとその企画書書き、現地へ出向いてのプレゼン、仕事が始まると事務処理、お金の出し入れ等経費処理、報告書書き、動いてもらう人への連絡・打ち合わせ等が膨大な時間と作業が必要になります。

(社)エクセレントローカルの理事は地方の人材をということで就任してもらっているので東京在住者が少ないです。

上記に書いた業務を手伝ってくれる人がいません。東京在住理事で大手広告代理店の役員をやっていた友人にやらせるわけにはいきません。かといって正規採用すると一気に人件費がはね上がり、赤字になります。

現状は私がやるので時間を取れる範囲内での活動にならざるを得ません。実際は(社)エクセレントローカルでといただいた仕事も対応し切れなくて潟Lースタッフに回しているのが現状です。といっても潟Lースタッフもフル回転で動いているので何でもかんでもいう訳にはいきません。

潟Lースタッフ社長に頼んで、(社)エクセレントローカル兼務の社員を採用してもらうしかないかなと思っています。

昔、津田沼で起業した頃はすべて自分でやっていました。あの頃に戻ってと自分を奮い立たせているのですが、あの当時は39歳、今は63歳、あの頃は幼子を抱えて生活がかかっていたので、死に物狂いで仕事をしていました。

あの頃の起業は「生活のため、生きるため」、(社)エクセレントローカルは「食と農の夢の実現ため」と多少目的が違いますが、いったん組織が動き出すときれい事では行きません。この海を航り切れるか?
posted by tk at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月10日

気が付くとみんな負けていた

「虚構をつくりあげた者が勝つ」と何かの本に書いてありました。

食品流通の虚構は「ターゲット」と「消費者ニーズ」です。何も実体のない言葉に「つくる側のメーカー」も「販売する側の流通」も自縄自縛になっています。

その奥にある「低価格大量販売」をカモフラージュするため、あるいは正当化するために使われてきたのかも知れません。

農業がまず衰退しました。加工食品メーカーも台頭した大手小売業の前に買い叩かれ、奴隷化しました。

大手小売業の台頭は併せて小規模商店を消滅させてしまいました。

そしてその大手量販店が絶滅の危機です。我が国の2大小売業は瀕死の状態です。

誰が勝ったのでしょう?農業生産者も食品メーカーも商店も大手小売業も卸売業もみんな負けました。

では、「ターゲット」として、「消費者ニーズ」として神様的存在、錦の御旗であったであった消費者が究極の勝者となったのでしょうか?

高齢社会がやってきて年金暮らしで生活は苦しくなっています。低価格のインスタント食品や食品添加物まみれの加工食品で生活しています。生鮮品も外国産の野菜、精肉、鮮魚ばかりを食べています。

気がつくと消費者も敗者です。すべてが負けてしまった。「ターゲット」も「消費者ニーズ」も大量消費社会の虚構でした。全員負けた総括をする必要がありますね。

全員が勝つためのしくみをつくらなければなりません。そのためにはどうしたらよいのか?誰かが新たな虚構を考え出すのか?

キーワードは「一体化」?農業生産者ー加工製造者ー小売業者・飲食業者ー消費者の「一体化」。「対立」の虚構の否定?

あるいは海彦山彦以前の自給自足のへの回帰?答えはそんなところにあるのでしょうか?生産者から消費者に向かった→(矢印)が消費者から農業生産への→(矢印)に逆向きになるのか?

よくわかりませんね。難しい。でもパラダイムシフトは確実に起こっています。
posted by tk at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月09日

酒はお客として飲むのが一番

今週は月曜日から水曜日まで、福島県、青森県に出張していました。当然、出張先で夜は会食になります。

東京にいる時は夜銀座ELに行きます。当然、お客様の接客をします。こっちは仕事です。

この出張3日間の会食は実に楽しかったです。夜な夜な美女に囲まれて幸せですなとトゲのある?ご忠告をいただくこともありますがそれだけではないようです。

しみじみ思うのは自分がお客様になってお酒や食事するのが一番楽しいです。しかも無目的で気心の知れた仲間と好きな食べ物を食べながら、とりとめのない話題に興じながら好きなお酒を好きなだけ飲む。これが一番最高です。さらに翌朝の起床時間ことは考えないよいというのが至福です。

そんなお店づくりを思っているのですが。銀座ELに行くとついつい仕事をしてしまいます。もちろん、客として行く日も多く、お金も一般のお客様と同じように支払っているのです、やっぱり銀座ELでは客になれません。

向こうのテーブルのお客様のお酒が切れていないか、料理は待たせないタイミングでちゃんと出ているか、お客様はくつろいでいただいているか等頭の中は仕事になってしまいます。

前者と後者では何が違うか?最大は後の疲れ方です。客として外のお店で飲んでいる時はかなり飲んでも翌朝まず二日酔いしていることはありません。それに対して銀座ELに行った翌朝は起床するのが辛いほど疲労しています。この差です。

当然のことですね。お客様を差し置いて、お金をいただくこっち側がお客様になってしまってはいけません。銀座ELは私の職場です。職場でお酒を飲んで酔っぱらっていい気分になったらそれこそ本末転倒です。

飲食店主は酒も料理も楽しみたければ他の馴染みのお店に行った方がよいです。

マルイチになって自分の食事に困るのでそのためにレストラン経営を始めましたが、それがビジネスになった途端に目的が変わるということです。
posted by tk at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月08日

もし青い森ワンドが東京にあったら

昨日は青森市の青い森わんど(潟Gイ・ワンド)を訪ねました(写真上左)。経営者は高森暖(のん)さんです。

暖さんは理容師でずっと理容店をやっていました。その時にアトピー・皮膚炎で苦しんでいるお客さんが多いのに、気がつき、りんご鹿角霊芝を使った石鹸を開発して、理容店で使い始めました。

お客さんから売って欲しいという要望が増えて、販売し始めました。当初は雑貨で販売していましたが、話題になり、化粧品製造業の営業許可が必要になりました。

さらにりんご鹿角霊芝は化粧品原料として登録されていないため、使用ができないため改良に改良を重ねて現在のブルボア石鹸とリップクリームが誕生しました(写真上右)。

青森と言えばりんごです。暖さんは大きな病気をした時に毎日りんごを食べて健康を回復した体験を持っています。

次はりんごを使用した調味料・りんごみその開発に取りかかります。この製造ヒントは経営コンサルタントの加藤哲也氏のアドバイスによるものだそうです。

当初はりんごとみその組み合わせに多くの人が戸惑いましたが、試食販売で浸透していき、読売新聞、日本テレビで全国掲載、放映されてからこの会社の存在が世に出ます。現在は調味料は7アイテムに増えています(写真2段目左)。

暖さんはブランド戦略が上手で、調味料は「りんごde食卓」です。ビューティは前述の「BLEUBOIS(ブルボア)」です。意味は青い森です。

高級ジャム、ピクルスのブランドは「Mrs.Ringo(ミセスりんご)」です(写真2段目右)。「リンゴタイム」は干しりんごとジュレのブランドです(写真3段目左)。

「RINGOPOCKET」は津軽のこぎん刺しのブランドです(写真3段目右)。暖さんは理容師なので手先が器用でこぎん刺しもできます。

店内には豆しぼりでつくった自作の暖簾(のれん)や掛け時計が飾ってあります(写真下左・右)。

こういったショップを東京で表現するとどうなるでしょうか?大いに興味のあるところです。
20170607_103706.jpg20170607_112153.jpg20170607_111939.jpg20170607_112017.jpg20170607_112223.jpg20170607_112212.jpg20170607_112110.jpg20170607_112049.jpg
posted by tk at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月07日

スーパーの疲弊に眼を覆いたくなる

昨日は青森市にやって来て、野菜の店頭調査をしていました。15年前に中小企業大学校中小企業診断士養成コースの生徒と一緒に「10年後、東北新幹線が青森まで延伸した時に青森駅ではなく、新青森駅を通るので青森駅前商店街はどんな影響を受けるか」そんな調査と提言をしました。

今回は食と農の調査なので(社)エクセレントローカルで受けました。詳細はまだ極秘です。

昨日を含め、3回は青森市に出張してきます。8月上旬のねぶたのシーズンまでには終わらせます。

昨日は予備調査で4スーパーの野菜売り場を調査しました。2つは日本一、二の巨大量販店、もう1つは人気の地場食品スーパー、さらに1つは地場の中小規模の食品スーパーです。

総じて明言できるのはどこも
1.野菜の価格が高過ぎる
2.野菜の鮮度が悪い
3.地場産(県内産)の野菜の比率が極端に低い
です。

大体食品の買い物をする時はポンポン、かごに入れてレジに行っても支払いは自分の頭の中からプラスマイナス300円狂うことはありません。

が、今回は私の想定した支払い額の5割高のお店がありました。いやいや、野菜はそれなりに買うと高い。主婦は大変だと実感しました。

かっては要りもしないレジ袋をサービスで、無料で客に大量に押し付けていた量販店がレジ袋代を徴収するのも笑ってしまいます。

2番目は野菜の鮮度が悪い。なよなよ野菜を販売している。生活者が車を飛ばして直売所に野菜を買いに来るのが実感できます。

バイヤーは口ではマーチャンダイジングとか横文字で偉そうなことを言っていますが、売り場で売っている野菜の鮮度の悪さ。そこを改善したら。

3番目は野菜売り場に占める地元産(県内産)が1〜2割程度。バイヤー・本部は業者を待っているだけ。地元生産者の育成や地元産仕入れの工夫をしていない。

これだとますます農産物直売所の時代です。農家も農産物直売所向けの野菜の生産で十分めしが食えるような時代になります。
posted by tk at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする