2021年10月29日

鳥巣、うちで学んだ事は役に立っているか?

昨日はそれこそ退社以来、30年ぶりくらいに昔の会社を訪ねました。昔の上司に会社移転の挨拶状を出したら「うちの会社の近くじゃないか、訪ねて来い」とのこと。それで訪ねました。

その上司と言うのはこの会社の創業家5代目で創業者の名前を襲名しています。本社本館ビルと周辺にいくつか別館ビルがあるので元上司がどこにいるのかわからないので本館受付に行って襲名している創業者名を言ったら受付嬢がぽかんとして、私を訝しい眼でみます。

「君はこの会社の創業家の〇〇〇さんの名前を知らんのか?」と声を高めたら守衛かガードマンが飛んで来て、私を押さえつけるのかと思いきや、「ご案内申し上げます」と第何号別館まで案内してくれました。しかし、この受付はどこかの会社の代行サービスが入っているのでしょうが、この会社の顔に泥を塗っています。

久しぶりに会った上司は現在72〜73歳ですが、元気でした。現在は創業家の資産管理会社の社長です。3年前に当社が経営していたレストランを訪ねてくれましたが、2人だけで差しでじっくり話すのはそれこそ30年ぶりくらいです。

元上司は私が農業関係をやっているのに興味があり、当日も好物のにんにく(青森県東北町のエビサワ農園産)と岩手県野田村の山ぶどう赤ワインを持参したら大喜びでした(特別に用意したのでなく、たまたまその2か所からのいただきもの)。2〜3週間前に熊本市の村上浮子さんのそばかす美人の自然栽培みかんを送ったらそれもいたく感激させたようです。

私がこの会社に入社したのは「食品業界の大企業で安定しているから」ではなく、その逆で日本発のベンチャー企業だからです。トヨタやパナソニックの創業者は凄いけどビジネスモデル・商品はアメリカのまねです。この会社の代表商品はこの会社が世界初の商品です。

昨日の面会は2時間にも及び、話も盛り上がりました。2代目が創業して、3代目が世界にはばたかせた。そして元上司は5代目です。おじいちゃんである3代目の家で育てられたと言います。そのエピソードも活き活きと話してくれました。

そして「鳥巣、うちの会社で学んだことは今のお前の役に立っているか?」、「もちろんです。それで30年生き長らえました」、「よかった、嬉しい」

この元上司は私がクビになる時は既に上司ではありませんでしたが、当時の社長に直で「この処断は間違っている」と談判してくれたのはこの人だけです。

またその時の人事担当役員(以前は私の上司だったこともある人)も「この人事は会社に大きな汚点と禍根を残す」と言って反対していた話も昨日初めて聞きました。3年後にこの会社が飼っていた総会屋が逮捕され、世にいう「〇〇〇総会屋利益供与事件」が世に出ます。

「俺もお前と仕事をしていた頃が一番楽しかった、また来い。秘書を紹介するからいちいちアポなど取らなくてよい、いつでも来い」私のささやかな恩返しはまだ10年以上活躍できるこの元上司を私の食と農の世界に案内することです。
posted by tk at 07:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: