2021年05月23日

これから地方連携(LtoL)をやります

ブランドナンバー1百貨店のしかもそこのマーケティングの中心にいた知人が2年前に会社を辞めてある会社に行きました。空港内のショップを経営している会社です。ビジネスの何かの縁で話す機会があり、存在を知りました。

あまり優秀なので一緒に行ったうちのスタッフに「彼はあの会社、辞めるよ。辞めたら必ずうちに声をかけれくれるよ」と言いました。そしてそうなりました。どうしてわかるのですか?最初から私と波長が合っていたので。

その後、うちが経営していた銀座イローカルに夫妻で来てくれました。やはり同じデパートにいた奥様が彼にまして優秀なのでこの2人がビジネスでもパートナーを組んだらうまくいくなと直感しました。

その後、コロナがやって来てしばらくは会っていませんでしたが、先週連絡が来てご夫婦に会いました。2人でマーケティング会社をやっていますが、今後なななんと、「移動デパート」を始めたそうです。これまた「うまく行くな」と私はまたまた直感しました。

デパートで販売している超ブランド品は別としてライフスタイルショップやテイストショップでも販売しているような実用的でおしゃれでかつ品質がよい商品があります。

これをデパートで買うとショバ代が乗るので高くなります。これを仕入れるチャネルと人脈を持っているなら直接仕入れてお客様のいるところへ行けば売れます。地方都市の道の駅や繁華街の一角等で。しかも常設ではなく、期間限定で。

それでうちにやって来たのは既に北関東でテストマーケティングを開始したがお客様が全国の食品を求めている、しかもお土産品やどこのデパートにも出店している銘菓ではなく、そこに行かないと買えないものを欲しがっている。それで鳥巣さんのところで開発した加工特産品を販売したいので加工業者を紹介して欲しいということです。ありがたい話です。

当社がずっと商品開発支援をしている青森県藤崎町と三重県紀宝町が地方連携で開発した「りんごとマイヤーレモンジャム」があります。ちょうどその2日前それを担当していた青森県藤崎町職員が異動し、「長年のお礼」にと言って私に送ってくれたものが来たのでFBで流したら大反響でした。

りんごは「ふじ」がナンバー1です。その「ふじ」は藤崎町の「ふじ」で発祥は藤崎町です。紀宝町は「レモン」と「バレンシアオレンジ」の交配したマイヤーレモンが特産果実です。

この2つを遠距離結婚させたのが「りんごとマイヤーレモンジャム」です。アイデアと開発は青森県在住の加藤哲也(当社シニアアドバイザー)でそれを習って製造しているのは藤崎町食彩テラスに食品加工場を持つ浅利梨郷さんです。

早速、移動百貨店経営者と浅利梨郷に連絡してオーケーを取りました。浅利さん曰く「もう今年の分は在庫が50個しかないですけどそれでいいですか?」それがいいんですよ。
posted by tk at 08:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: