2021年05月14日

同じ思想の人に行動を共にする

昨日から福岡・糸島にいます。ある縁で糸島新聞社を訪ねました。この会社に入ったのはちょうど50年ぶりでした。現在は福岡県の大手紙西日本新聞の傘下に入っています。しかし、新聞が大手も県紙も苦戦の中、この超ローカル紙は1万部以上をずっと維持しているそうです。

糸島に特化して歴史、方言、民話・伝説、地名に関する出版も行なっています。半世紀ぶりに行きましたが活気がありました。糸島が元気で全国区になっているのも好調の要因のようです。

その他、昨日もいろんな方々にお会いしました。7年前、私の6次産業化セミナーの受講生だった方とも会いました。当時は福岡県のある市役所で特産品開発や観光振興をしていた人に会いました。現在はあるアウトソーシング専門会社勤務しているそうです。

スポーツイベントを開催する場合、開催期間中、臨時のスタッフ雇用が必要になります。その引き受けをする会社だそうです。それが最近は行政機関主導で開設する例えば、道の駅や観光施設のスタッフ採用・教育さらにも運営管理、経営まで一括受託するそうです。相当のノウハウを有しており、今後彼の会社との連携は大変有効だと思いました。

その席上で、彼と会った6次産業化セミナーの担当者の話が話題になり、消息と近況を知るべくその場で担当者に電話したら、今はSDGsを専門の研究、推進する会社に就職して活躍していました。「鳥巣さんが欲しがる情報がいっぱいあると思って近々電話しようか」と思っていたと言ってくれました。東京に戻ったら早速会うことにしました。

昨日はその間も議員さんや大手食肉加工業、外食業の社長等とも会いました。一貫しているのは私が30年言い続けている「消費者にとってもよいことは生産者にとってもよいこと、生産者にとって悪いことは消費者にとっても悪いこと」消費者と生産者は相反する関係にはなく、一体であるという考えの方々ばかりです。

私と同じ思想の人たちが増えていることは嬉しい限りです。株主利益追求の奴隷で買い叩く流通・メーカー業界、使い方を知らないためのお金の無駄遣いの行政等が厳しい目に晒されます。目下のコロナもこの2つの無駄と悪でますます我が国をピンチにしています。

posted by tk at 07:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: