2020年12月28日

またあの人か、農産物が工業品になる日

住んでいる1Kのマンションは狭くて長屋だけど100強の部屋があるようです。老いも若きも住んでいます。中高年は企業の単身赴任が多いようです。賃貸ですが人気マンションで空きがありませんでした。私が借りられた時は本当にラッキーと思いました。

そのマンションがネットで2桁の空きが出ています。そういえば毎日、引っ越しのクルマが止まっています。どこに行くのかな?地方に帰るのかな?マンションも空き始めて、よく周囲を見渡すと近くの店舗も閉店、貸店舗になっています。

見るのは辛いです。うちのイローカルも原状復帰でお返ししました。マネージャーが見事な内装屋さんでよくやってくれた、見てみたらというけど辛くて見れないです。

そういえば農業新聞に農業特区の記事が出ていました。国家戦略特区養父市で行われている企業による農地取得の特例(リースが主で一部取得)の期限延長をするかどうかで諮問会議がヒートしているそうです。

現在、成功しており、特例期限延長をすべきだという規制緩和論者から声が上がったと書いてあります。このメンバーにはまた、あの人がちゃっかりメンバーになっています。規制緩和と言いながら私欲を肥やしているだけでないか?ある特定国のエージェントなのではないか?と話題に上る人です。他の延長論者のコメントも載っています。

この人が旗を振っているということは企業が農地を取得して農業をする時代が遅からずやってくるということです。反対してもエスタブリッシュメントと宗主国の考えがそうだとそうなります。

さて、どうするか?大いに結構にしましょう。そして、スーパーで今も販売されている野菜はお任せしましょう。大量生産の生活野菜は。ドローンや情報端末により無人生産、あるいは外見がよくて虫一ついない表面の美人の工業品野菜(味もしないし、旬もない)は。

その時に我々はどう生き残るか?私の胸の中は膨らんできました。農業のプロしか作れない農産物。それを環境のよい中山間でやったらそれはそれはまともな日本国民は喜ぶはずです。みんな、東京のマンションを出て、中山間地域に向かおう。
posted by tk at 07:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日はFBでの暴言を制止頂き、ありがとうございました。今回はブログタイトル「またあの人か、農産物が工業品になる日」について書かせて頂きます。
やっぱし!企業は農業を出来ません(農業生産法人という意味でなく、ベンチャー企業の若社長から「農福連携?ベンチャーだから1年で結果出せ」と・・・喧嘩して帰りました。旅費も貰わず。
新規就農事業等は取材する身では大好きでした。そこで地域協力隊の方も頑張ってます。制度が1年が3年になりましたが、頑張ってる子らは3年で辞めてます。
私の持論ですが、昔の様にコンサルとして飛び回っても何も残らない!
農業・農村の活性化?的な?こと
「定住」し頑張り続ける。
もう、フル年金ですし、クライアントも前期を過ぎ仕事もないので
「定住」できないのかと・・・賃料はここより安いだろ?
春から考えようかな?
Posted by 岩崎元彦 at 2020年12月28日 10:11
先輩、今度北海道に行く時は訪ねますね。よろしくお願い申し上げます。先輩と意見は同じです。
Posted by 鳥巣研二 at 2020年12月31日 10:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: