2020年12月22日

朝起きて嬉しくなる人は勝ち

私はクルマに昔から関心がありません。クルマは走ればよい、しかもせいぜい2人乗れればよい。駐車場で神経を使うので小さいクルマの方がよいです。もっとも今はクルマは所有していませんが。

そんなクルマに関心のない私でも同乗させてもらおうとして乗せてくれる人が「ぼろですみません」と言ってもたいていは「とんでもないです」と返しますが、過去にそう言われて「とんでもない」と返せなかったほどぼろクルマだった人が2人います。

この2人が私はクルマを見てますます好きになりました。この人は本物だと思いました。その中の1人は自分の加工場で徹夜で仕事をしている時に工場内で睡眠するのは衛生上もよくないので車の中に敷布団と毛布を積んでいました。

もう1人は飛行場まで送ってもらう途中でガス欠になる寸前であやうく乗り遅れそうになったこともあります。2人ともいい男です。再起中です。私はこんな人間を支援したい。

♪ぼろは着てても心の錦、どんな花よりきれいだぜ♪クルマがぼろは勲章です。クルマが高級車は恥です。「鳥巣さん、あんた最近会社が潰れそうなのでそんなこと言ってやせ我慢しているんじゃないの?」それまた正しいかも知れません。

朝起きてやらなければならないことが山ほどあります。その時にあれもやらなきゃ、これもやらなきゃとやることがたくさんある自分が嬉しくなる時は体調のよい時です。逆にやらなきゃいけないことが苦になる時は体調不良の時です。

嬉しくなる時はたいてい結果は良です。苦になる時はたいてい失敗します。行動する前からこちらの心も持ち方で勝敗が決まっています。私とぼろクルマに乗って、昔、好調だった頃のたわいもない恋愛話を自慢して笑いこけている人間は必ず再起します。



posted by tk at 09:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: