2020年12月21日

叱る人のいない会社は潰れる

甘やかすのと可愛がるのはどう違うか?人は可愛がるべきです。同時に大切な人間は𠮟るべき時は叱るべきです。可愛がらないとスタッフは育たないし、人脈を形成する交友もできません。でも甘やかしてはいけない。

甘やかすのと可愛がるのがどう違うか?それがわからないようでは人の上に立つ資格はありません。可愛がるというのは仕事をしていてその人がやがてぶつかるであろう困難に対してその対処策や最悪の事態にならないやり方を教えることです。

あるいはその人が難局に直面した時に陰になり日向になりサポートしてあげることです。しかもそれでも失敗した時は許すことです。

甘やかすとその人がやってはいけないことややるべきことをやらない怠慢を見て見ぬふりをすることです。つまり、甘やかすとというのは相手を甘やかしているのではなく、叱れない自分を甘やかしていることです。甘やかすというのはこっちの落ち度です、怠慢です。

逆に叱れないと悪用して、ある人間や会社を潰そうと思えばその人がやっている怠慢、悪行を見て見ぬふりすることです。そういった人は必ずいつかどこかで悪行がばれて潰れます。

話を戻し、叱れない人は自分が可愛い、自分のことしか考えていません。組織で高学歴のエリートなのにさっぱり出世しない人がいます。そういった人はこの傾向にあります。自分の部下を叱れない。

それ以前に人に関心がない。自分がよければそれでよい。「だから私は超難関大学を突破したん」と開き直っているのかどうか知らないけど。人間としての魅力はまったくない。

面倒見のよい人がいます。自分のことは忘れて人のためにやってくれる人がいます。こういった人は部下や上司や仲間にも直言します。言い憎いことを悪役覚悟で言います。

こういった人のいる会社は発展して、成長します。排除したら潰れます。こういった人の役割を誰が引き受けるか?それはやっぱり会社のトップです。トップが見て見ぬふりの会社は長続きしません。
posted by tk at 09:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: