2020年10月29日

陽が当たらなくても魅力的な人間

行き着くところは人間的な魅力です。多くの人に取り巻かれていてもあの人には「花がない」、「華がない人」がたくさんいます。人間としての魅力がありません。自分のことしか考えていない。人を見下している。慢心している。謙虚さがない等です。

私に新刊は明日、元出版社社長と打ち合わせをします。今回は社内にキースタッフ出版を設立して、当社がいわゆる出版社になり、書店の取り次ぎもされる書籍の出版を目論んでいます。私の本では4冊目ですが、最初、出版してくれた出版社の元社長が「出版社になれよ」と背中を押してくれています。

今回の書籍で23人・組(ご夫婦もいます)の食と農の世界で移住、転身、帰郷、転職、農業進出した人を取り上げています。取り上げた前提は私と知り合いであることですが、選定基準は魅力的な人を取り上げています。魅力的だと私が思う人を取り上げています。いわゆるメディアにチヤホヤされている人は取り上げていません。

みんな悪戦苦闘の最中で、この本が出る頃は倒産するかも知れない人(私もそうですが)も取り上げています。それはその人が人間として魅力があるからです。転んでも、倒れてもまた立ち上がって付いた泥をパパパッと払ってまた歩き出す人が私は好きです。

成長しない人間、とどまっている人間等は魅力がありません。また、料理や食品加工技術にしても普通以上のスキルを持っているのに魅力のない人、華のない人がたくさんいます。なぜだろう?

茶目っ気がありません。その場をパッと明るくできるオーラがありません。そいつといると陰気で、こっちまで落ち込んで来るといった人です。そういった人間は私は大嫌いです。

また、メディアが持ち上げている人間で何だこいつは?思う人間もたくさんいます。メディアが取り上げる人間にはカス人間がたくさん混じっています。ただプロデューサーや記者と仲がよいだけでスターになって、偶像化されている人が山ほどいます。その連中の末路を書くとこれまた本になったりして。へへへへ。
posted by tk at 09:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: