2020年09月10日

正確かつ速く仕事ができるのは永遠の課題

仕事はスピードであるというのは一理正しいです。マネジメント階層が幾層にもなっている会社は決断のスピードも遅いし、そのどの階層かに優柔不断で意思決定のできない人がいると仕事はグッと遅れます。

昔から言われていますが、縦階層の組織よりもフラット、あるいは個単位組織の方が動きは迅速になります。そのしくみのどこかに優柔不断な人が入ればその人だけをスルーすればよいのですから。そう言った意味ではこのネット社会は階級の重層を排除したことはいいことです。

当社のように10名程度のスタッフの会社はまさにそれです。一人ひとりに意思決定権も持たせているし、自分の責任で活動することを認めています。新人で入って来ると手取り足取り仕事を教えないので苦労しますが、それを突き抜けると自分で意思決定できるので急に仕事の能力がアップします。

でも入って来る人の全員がそこまで達するわけではありません。指示しないとできない人、それ以前に指示してもできない人、さらに指示してもやらない人は自然と居場所がなくなり、去って行きます。その後その人はどうしているか?いてもいなくても給料がもらえる会社や仕事にちゃんとはまっているのでそれはそれでよいです。

フラットな組織で社内外で有機的に結びついたしくみは柔軟性があり、スピード感もありますが、責任の所在がはっきりしないという欠点もあります。悪くいうと行き詰まったら責任回避ができます。逃げることができます。マネジメントは一長一短があるものです。

ここから自分のことを書きます。私はせっかちです。スピード感に溢れているのではなく、ただせっかちです。待つと言うことができない。思考=行動です。同時進行です。書くとかっこいいですが堪(こら)え性がない。

最近、ずっと空手の稽古の一環で筋トレをしています。体型が変わってきました。下半身と背中に明らかに筋肉が付いています。自然にしていても姿勢がよくなったと言われます。また、一番の成果は歩き方が変わりました。足で歩くのではなく、腰で歩けるようになりました。

足で歩いた方が自分では歩いているように感じますが。せかせか歩いているだけであまり進まない上に疲れます。腰で歩くと体がぶれないせいか疲れないでしかもぐいぐいと歩けます。ゆっくり歩いた方が速く歩けます。

合わせて66歳にして仕事もゆっくりやった方が早い(速い)と言うことがわかりました。しかもミスも少ない。進む気持ちと逸(はや)る気持ちをバランスする制御ができた時にミスがなく、速くて、早くてミスの少ない仕事ができると言うことがわかりかけてきました。
posted by tk at 07:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: