2020年06月30日

アメレリ連携が今後の生きる道

虚像の人が賞味期限が切れると次の虚像の人が生み出されます。一番いいのは実で生きることです。「でも、虚像の有名人にならないとお金持ちになれません」本当かな?有名人でお金持ちになればなるほど人はケチになります。必ず見返りを求めます。出したお金は戻って来ないと思っていれば幸せな人生も、リターンを求めてお金を渡すようになると不幸が始まります。投資なんかを見ているとそうですね。

ところで昨日はイローカルでフースタの主宰者の佐藤こうぞうさんが来店してくれることになっていました。当初は私を含めて3人の会食の予定でしたが、7名が集いました。新進気鋭の外食店経営者ばかりです。

コロナ禍は経営を直撃していますが、内部留保もあるようでみんな余裕があります。私ごときが外食店の経営の話をしてもちゃんちゃらおかしいので当社が今まで全国で設立して来た加工場をマップに落とし込んで説明したら大受けでした。

東京のというか都会のレストランは何やかんや言ってもそれなりに地方の野菜を調達するルートは持っています。しかし、都会に泥付きとは言いませんが葉っぱ付きの野菜を持ち込んで洗浄、皮むき、カット、選別すると半分はゴミになります。また、その下処理をする場所もありません。

そこで地方の加工場と連携したらというのが私の発想です。全国の現地の加工場から1次加工した農産物等の食材を送ってもらう、現地の加工場は野菜畑の中にあります。そこで必要な農産物を栽培してもらう。しかもそれが全国に所在すると北海道から沖縄まで、それに春夏秋冬の季節を組み込めばそれはそれは素晴らしい食材が揃います。

またレストランは自分のブランドの加工品(自店で提供している料理を加工品にしたもの)を発売したがっています。しかし、加工設備がないのでメーカーに外注すると似て非なるものが、しかも売り切れない大ロットで要求されます。しかし、地方の加工場に頼めば30個くらいからでもオリジナルレシピで製造してくれます。

ではどこで販売するか?自店舗やネットです。昨夜は偶然にも隣の席に全国の加工特産品を取り扱うN百貨店社長やコンビニLの元バイヤーが来てくれていました。ここでお互いの販売(売り買い)ニーズがマッチしました。

農水産業者(アグリのア)と地域加工場(メーカーのメ)と外食レストラン(レストランのレ)と流通業者(流通のリ)の4者(アメレリ)連携ができればこれが可能になります。よい食材、よい加工技術、よい料理レシピ、よい売り方、これですね。
posted by tk at 09:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: