2020年06月28日

人は自分を認めてくれた人の商品を買う

イベントなんかで実際に販売してみます。いくら説明してもお客様の反応は鈍く、反応がありません。売れもしません。ショックで傷つく人は半人前どころか、0人前です。

四半世紀前に政界のプリンスと呼ばれた中村喜四郎氏は現役国会議員のまま、ゼネコン汚職で逮捕されます。裁判で有罪となり、服役しますが、その後も立候補し続け、何と現在まで無敵の14回当選を重ねています。彼のキャッチフレーズは「党より人」です。

この人が常に「誰も聞いていない場所で演説を続けられるようになってようやく政治家は1人前」と言っています。今でも無反応を確かめるかのように人のいない場所で街宣活動をしているそうです。そこに立って聞いている人は誰もいないそうです。手を振る人もいない。

その人が自力で14回連続当選しているということは選挙民は彼を無視しているのでもなく、聞いていないのでもなく、ちゃんと聞いているのです。だから選挙では票を入れてくれる。そして、選挙民からの要望があれば必ず自らが聞いて、自らが応対するそうです。

何かを売り出してもそう簡単には売れません。お客様の財布からお金を出してもらうのは本当に大変です。ただのサンプルは誰も褒めてくれますが、買ってはくれません。

買ってもらえない落胆の表情が出たら負けでしょう。買ってくれなくても熱心に売り続ける。大半が買う気がない人であることも事実ですが、中には買うかどうが迷っている人も必ずいます。その人の心に入れるかどうか。熱意ですね。

お客様の反応を確かめるように、お客様からの言葉に耳を傾けることも大切です。絶対、無視しない。面倒臭い要望でも可能な限り、対応する。今できなければ帰社してから必ずその回答をする、あるいはサンプルを送る。

お互いの心の通い合い、気持ちが通じ合った時にお客様はファンになって買ってくれます。私はテレビに出ました。メディアに取り上げられましたなんて何の自慢にもならない。お客様にとっては自分だけを認めてくれればよいのだから。
posted by tk at 07:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: