2020年01月20日

サスティナブルが「身の丈に合った」感覚になる時

出張から帰り、日曜日の食事をごはんと野菜たっぷりみそ汁と少々のたんぱく質にしたら、体調が戻りました。昨夜は久しぶりに断酒しましたが体調がよいです。こっちの生活が今の私の年齢には合っています。

ハードな仕事を続けられるのもあと5年でしょう。先日の同期会の近況報告時間は一人2分ですが、守る者はいなくて5分くらいしゃべっていましたが、内容は健康の話と孫の話です。それに再就職先の話が少し入ります。

40名足らずの同期入社組です。65歳前後ですが、悲しいことに物故者が2名出ました。みんなで冥福の黙祷を捧げました。また、一方で20年以上人工透析をしていた同期が数年前、奇跡的に臓器移植で復活して超元気になっています。「腎臓を3つ持つ男」と自慢していました。

人生は本当に何が起こるか?わかりません。今回の同期会はイローカルだったので最初にマネージャーの私の長男が挨拶していました。「何を喋るのか?」と思っていたら「酒と女で味の素をクビになった鳥巣研二の長男です。同期の皆様にはご迷惑をおかけしました」と言った途端に馬鹿ウケで喝采でした。隣に座っていた同期に「鳥巣、お前は幸せ者」と言われました。

100%弓を張った人生は途中で弓が切れます。多少のたわみが必要です。現在、私は60%人生と呼んでいます。それがわかったのも会社を失脚してからです。再起の中で身に付けました。

6割程度に手抜きしなさいという意味ではなく、100%ベストは尽くしますが、結果は60%で十分です。順位をつけると中ぐらいからちょっと下くらいが分相応です。

このくらいの出来だと失敗の40%を糧にして、また舞台に立つ力と知力を温存できます。毎日戦えます。「サスティナブル」という言葉がはやっています。「持続可能な」と訳されています。私は「耐え得る」という訳の方が好きです。

そしてこの「サスティナブル」を「身の丈に合った」感覚にできた時に幸せな人生が送れるような気がします。

自分が少し頑張れば得られるくらいの負荷。それが人生を張りのあるものにしてくれます。質素で毎日食べられる食事メニュー、毎日欠かせなくできる運動、肩の凝らない清潔な服装、コンパクトでちょっと手狭なくらいの住居、できたら年金ではなく、労働で終生得られる所得等。あとは毎日喧嘩できるパートナー。そんな都合のよい相手はいませんね。

posted by tk at 08:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: