2020年01月18日

当社の九州支社を置くとしたら

昨日は宮崎県日向市駅から鹿児島県薩摩川内市にやって来ました。ルートは日豊本線で鹿児島中央駅経由で九州新幹線で川内駅で降ります。所要時間は日向市駅から鹿児島中央駅まで2時間半、鹿児島中央駅から川内駅まで新幹線でわずか12分です。

距離ではなく、速度(スピード)がものさしになります。それだと飛行機が一番速いですけど、飛行機は出発地の次は到着地です。点で地域間を繋ぎます。それに対して鉄道は間に停車駅があり、かつ窓の外の風景が移り変わるのが見えます。線で地域を繋いでいます。

それにしても日本はいろんな分け方ができます。一番違うのは雪の降る地域と降らない地域です。生活様式がまったく違います。この分け方を南と北とすると、それに似ているようで違うのは東と西の分け方です。何が一番違うかと言うと日照時間です。

東地域は日照時間が長いので作物がよく採れます。しかし、北の東地域は極寒の地でもあり、やませが吹き、農業には適さない地域です。農業に向いているのは東側の南地域です。静岡、高知、宮崎、鹿児島等は大農業地域です。

これが自然風土により分け方ですが、もう1つ移動手段による分け方が冒頭に書いたものです。新幹線の通る地域と通っていない地域はまったく異質な地域に感じます。新幹線による人の移動が早くて、便利な地域は経済的にも潤っています。

今、日本でその新幹線の恩恵を受けていない地域を挙げると北海道、東北日本海側、山陰地域、四国、九州で言えば大分県、宮崎県、鹿児島県大隅半島地域です。

それなりに経済振興策も雇用対策も人口維持政策も行われていますが、この地域に生活、経済のハンディがあるのは否定できません。空路は完備されていますが、点と点の移動で新幹線のような柔軟な移動が難しいです。

当社が九州シフトしており、クライアントの地方自治体から冗談で九州支社をつくったらと言われます。確かに発注する側からすると近くに発注先の駐在所があった方が便利です。実際当社も(一社)エクセレントローカルは九州駐在担当理事が2名おります。九州の仕事が増えているのはこの2人の存在であるとも言えます。

九州に支社を置くなら、どこがよいか?多くの方は私の出身地の福岡県と言いますが、福岡県は大農業地域ではありません。中心の博多は都会で東京と変わりません。

大農業県となると熊本県から南の宮崎県、鹿児島県です。それを勘案すると地理的に九州の真ん中にあり、新幹線移動ができ、しかも大農業地域は熊本県になります。そういえば九州農政局も熊本県にありますね。やっぱり、加藤清正は凄い。

posted by tk at 08:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: