2019年11月29日

予期せぬアクシデントの解決策

早朝からよる遅くまで仕事、土日もなくずっと働いている生活ですが、先週から今週にかけて破綻しました。あまりの忙しさに脳みそのキャパシティが超えて、記憶が悪くなり、スマホを紛失したました。

出て来ないので、待っていられないので、補償を使って機器を手に入れました。通常だと今週も地方出張なのでスマホなしで出張しているはずですが、今週は東京・関東の仕事が多いのと、木金曜日の出張が先方の都合でキャンセルになりました。

ラッキー、ついています。これでまずスマホの新しいのへの交換作業と手に入れた機器の操作について、スマホの操作に詳しい当社社長から伝授を受ける時間がたっぷりできました。もう既にいい調子で機能しています。

次に先週土曜日に食事をしていると魚の骨ではなく、厚い皮を噛んだら一番奥のインプラントに鈍痛が走りました。私は何本かインプラントを入れていますが、15年くらい前から入れており、順調に働いていたのにこの痛みは何だろうと不安になりました。

噛まないと痛くないので放って置くかと思いましたが、昨日行きつけの歯科医に行きました。すると一番奥のインプラントを支えている私の歯が老化としてくたびれてすり減っているとのこと。それでもビクつかないのは他のインプラントがしっかり機能しているからと言うことでした。

この「インプラントを切断除去しましょう」と父子先生のインプラント専門医の若先生が診断しました。「今、1時間程度時間がありますか?」「あります」と答えたらアポなしで即切断除去手術をしてくれました。

決断の早いこと。これで「あとは傷の回復を待って次の処置を決めましょうと」のこと。どう言うことかというと再びインプラントを入れるか、奥歯なので入れ歯にするかを決めましょうとのこと。

私としてはこれから20年以上、健康で噛めるためのベスト処置をして欲しいと言ったら「もちろん」ですとのこと。安心しました。

スマホ紛失とインプラント切断除去、共に先週初めには予期しなかった事件です。これらが迅速に対応できたのはたまたま今週地方出張が入っていなかったからです。この繁忙期に1週間空いていたことを感謝です。

でも、最大の幸運は何事も身近にそれに詳しい名医や相談相手がいること。その人達の導きを信じて行動すること。そしてその決断は自分自身が迅速にすること。この3つの要素を作動できるような環境を作っておくと快適な人生になります。
posted by tk at 07:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: