2019年11月10日

褒め言葉はけなし言葉でもある

最近、無我夢中、七転八倒で生きている私に3つばかりわからなかったことがわかりました。閃きました。「今頃遅い。今までの無駄を考えると今頃わかってどうするんだ」レベルですがわかった気になっています。

趣味からいくと空手です。最も劣等生で4年間、後から入って来た人に抜かれまくっていますが、最近空手の稽古が楽しいです。あることがわかりました。下手を治そうと小手先で色々やりましたがはかばかしい結果が出ません。

先輩の教え等を反復しながらやっていると根本的に間違っていることがわかりました。それを工夫して変えたら空手が楽しくなりました。何でこんな基本がわからなかったんだろうレベルですが。それは何か?正しく立つということ。

もう1つこれは私の本業の本丸の問題ですが、現在、会社が売上高は伸長している中で資金需要も大きく、金策に走り回っていますが、しかし、もっと会社を伸ばすためにもっと本質的な部分をテコ入れしなければ、何かがあるはずだ。

この会社がある世に存在するオンリーワンの要素は何なのか?創業の意義はそこにあったのに26年経つと忘れていました。多くの人が私に囁いたのに私が聞く耳を持たなかった。基本に立ち戻ります。それは何か?と問われるとマーケティングと商品開発は一体であるということ。

3番目も仕事です。レストランイローカルです。土曜日企画はイベント性を高めると入りきれないほど満席です。日常色の強いイベントになるとお客様は常連様だけになります。この企画の料理をお客様が地域でも食べられない食材・料理が出てくると褒めてくれます。褒め言葉はけなし言葉でもあります。

4番バッターあるいは横綱を揃えることに終始しているのではないか?その4番も横綱もかっての盛りの過ぎた往年の4番、横綱。イローカルの中村料理長の最大のヒットは何か?お客様が10人中10人が感動するメニュー。

それは土鍋ご飯です。現代人はご飯を食べたがっている。しかし、仕事に忙殺されできない。あるいは1〜2人暮らしでは米を炊くのは容易でない。これにまさに突き刺さった。

もう1つの生活者の困りごと。もっと新鮮な野菜を美味しく食べたいです。これに応えてくれるスーパー、レストランが意外に少ない。みんなメインディッシュは肉ばかり。野菜を生だけではなく、煮ても、グリルでも、炒めてでも、ゆでてでもいろんな調理で食べたい。へへへ種明かしをしてしまいました。
posted by tk at 08:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もう何年も前になりましが 米が不作だった年。
仕方なくタイ米を 購入して 食べました。
タイ米が どうのというのではなく
日本人にとって 日本の米は こんなに美味しいくて
美味しく炊けた 美味しいご飯さえあれば
オカズなんて 何でも🆗 無くても 塩だけでも美味しい!と つくづく感じたものです。

あと 野菜も 米も 店頭で 買うのではなく
知り合いの農家のおばちゃんから 自宅用のものを頂いたものの なんと 美味しい事でしょうか!

鮮度はいいと思います。
でも 虫食いだらけだったり 曲がってたり
お肌が荒れてたり とても不恰好ですが …これが美味しい‼
80過ぎの おばちゃんが よいしょと 昔ながらに
自分の手の回る分だけ 端正して
自分が食べる分と 知り合いにおすそ分けして
とっても 美味しかったよが
嬉しくて
そんな事も 美味しさに なっているのでしょうか

中々伺う事が 叶いませんが
美味しい 土鍋のご飯を食べてみたいなぁと思いました。

Posted by at 2019年11月16日 17:51
ありがとうございます。このコメントはお店エクセレントローカル経営に対する迷いを消してくれました。道を信じて進みます。頑張ります。
Posted by 鳥巣研二 at 2019年11月17日 09:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: