2019年11月03日

この人は人生の活性感がないだろうな

自分の人生すらまともに生きれていないのに、人様の人生を云々言うのはおこがましいですが。この人は人生の達成感がないだろうなという人がいます。5年前に会った時も、10年前にあった時も、今日も同じことをしています。それは悪いことではないですが、成長がない。

人生の目標を達成するために仕事をしているのではなく、毎日の生活費を得るために職場に通っているそんな人がいます。仕事というよりも業務という作業の埋没しています。

こんな生活は私にはとても耐えられなくて、すぐに別の仕事を探します。パートのお母さんも単純作業の仕事をしているじゃないか?どこが悪いんだと反論が来そうです。

パートのお母さんはパートで得た収入を子供の学費に当てたり、生活費の補充にしたり、使い道をしっかり持っている人もたくさんいます。つまり別のところでの人生の達成のためにパートをしています。それはそれで立派です。

仕事に対して不平不満の多い人がいます。不平不満を言っている割には辞めません。なぜなら、今に安住しているからです。マンネリでできる楽さに逃げ込んでいるからです。ここから脱出して自分の夢を達成するのだという覇気がありません。

世の中にはお膳立てしてもらわないと動けない人が結構います。2タイプあって、能力がなくて動けない人と最高位にいて周りがやってくれるので動けない人もいます。どっちもどっちですが。問題は前者です。

自らお膳立てをして(シナリオを書いて、戦略を立てて)、それを自らが実現に向けて実行する。それが多分一番幸せな人生です。評論家ばかりの世の中です。特に私のような職業はそうです。そうならないように自戒の念も込めて書きました。
posted by tk at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: