2019年10月17日

予め、直面する局面の形を想定して動作する

空手の稽古になかなか行けないですが、空手が好きになってきました。空手には「型」があります。それを初歩のものから難易度の高いものに上げていきます。段位が高い人ほど難易度の高い「型」を体得しています。

下手くその自分なりの考えですが、それぞれの「型」は1つ1つの形の集成から成り立っているような気がします。1つの型を行う動作の中にいくつかの行わなければならない形があります。その形を予め想定して動作すると動作が決まって来ます。表現しにくいですが、動作の結果として形があるのではなく、形を想定して動作することが必要です。

会社の経営があります。当然、経営資源はヒト、モノ、カネと言われます。会社が成長過程に入る(モノが拡大基調に入ると)とカネが必要になります。先行投資です。カネの手当てができるとこれで一安心と思うと会社は直に潰れます。

事業を大きくするためにカネの調達をしたら、次はその仕事をするためのヒトの調達が必要になります。その人が持ち場の仕事をして、事業は発展します。モノ、ヒト、カネはどっちが先か?はわかりません。多少のタイムラグはあっても同時進行でしょう。

特にヒトが一番大切だと思います。ヒトは何も社内スタッフだけのことではありません。応援してくれる味方の人も含めて、ヒトです。成功している会社はこの外部の応援者が実に多いです。常、日頃経営者が社会の為、人の為の行動をしていることが大切です。

社内スタッフは若い人が中心の会社がいいですが、若い人だけではうまく行きません。若い人を育てるベテラン、熟練者が一定人数必要です。親子、祖父母と孫の年齢差があってもよいでしょう。

仕事が拡大基調になり、カネの手当てができたら、それを若い人の投資に使うことです。3年すれば確実に彼らが稼ぎ、会社に貢献してくれます。そんな循環をつくった会社は最強です。

posted by tk at 08:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私は クラシックバレエを しています。
空手について 書かれている事が バレエにも
共通して いるものが とてもあります。
型 体幹 呼吸 流れ 心技体 そして 無駄の無い動きは
とても 美しいです。
全ての スポーツ いえ 生きることにも同様なのでしょうか…
Posted by at 2019年10月18日 03:36
嬉しいコメントです。クラシックバレエもそうですか。私の考えは間違っていないですね。ますます地道に続けます。
Posted by 鳥巣研二 at 2019年10月18日 13:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: