2017年08月11日

東の坂戸、西の豊能で農業の勉強

昨日は埼玉県坂戸市主催「農と食起業セミナー」第1回目でした。坂戸市は池袋から東武東上線で若葉駅で降ります。所要時間は約40分です。

宅地化が進んでおり、農地は少ないです。その中で新規就農する人材を育成するのが目的です。カリキュラム(写真上左)を見てびっくりしました。

27回ありますが、13回がセミナー、14回はインターンシップ(農家について農業実習)です。13回のセミナーは当社が担当しており、その中でも6回は私の担当です。

当日、カリキュラムを見てびっくりしている私も私ですが、これだけの出講は久しぶりです。

市役所の2人の担当の女声職員も熱心です。

現在、大阪府豊能町で農業実習研修10回と経営者セミナー10回合計20回やっています。私の登場は経営者セミナーの講師1回だけですが。(社)エクセレントローカルの初仕事で、自分も農業の勉強をしたいので合計11回登場です。

しばらく、東は埼玉県坂戸市、西は豊能町に腰を落ち着けて受講者と一緒に農業の勉強をします。

坂戸市の受講者は6名です。女子5名と男子1名です。女子のうち2名は大学生と大学卒業4年目、昨日欠席していた男子も25歳です。

若い女子2人(写真上右)に動機を聞くと2人とも農業に興味があり、農業をしたいと常々口にしていると女子学生は教授が、もう1人の受講者はお父さんがセミナーを見つけてきて推薦してくれたらしいです。

一方で3名の女子(写真下左)は私の同級生世代です。うち2人はシングルになったので生活時間を埋めるために興味のある農業をやりたいということです。人生いろいろです。

インターンシップで面倒を見てくれる石川猛さんが昨夜、最後まで私の話を聞いていました(写真下右)。路地野菜の専業農家です。この方から多くのことを学ぼう。
20170811_074705.jpg20170810_180239.jpg20170810_192253.jpg20170810_205544.jpg
posted by tk at 08:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: