2017年07月28日

役人を食わせるためにあるのではない

農産物の国産回帰が加速化して来ました。その反面、農業が衰退しており、マーケットはあるのにそれを供給できない状況にあります。

生産量を増やすにはどうしたらよいか?農業でめしが食えるようにすることです。個人経営でも1000万円以上の売り上げがあれば農業をやる人は増えます。

それを可能にするには2つしか手はありません。農産物直売所のように流通を中抜きにして農家と消費者を直接結びつける。

それは加工用でも同じことで、メーカーは商社を通して原料を調達していますが、それも生産現場の農家や農業法人、あるいは農協から直接仕入れればコストは安くなり、農家の手取りも増えます。

もう1つは規格の外にあるいわゆる規格外を活用して、それに価値を生み出す。価格をつける。捨てるのではなくそれを生かす商品を開発する。

その場合の1商品の売り上げ規模は大企業発売製品でもせいぜい、1〜2億円から多くて30億円が限界でしょう。原料規模がそれを超えると対応できません。

その規格外1次加工品は地方の農産加工場で製造する。そして契約等で食品メーカーが責任を持って引き取る。その全国マップを描けた食品メーカーは国内市場をリードすることができます。

一方で現在、国が言い出したので食品業界はHACCP一色です。こんなもの20年前から叫ばれており、たいていの食品工場がHACCP対応の工場になっています。今更ながらです。

オリンピック前に、役人がわめき出し、今頃、HACCPセミナーに多くの予算が計上されます。そしてお抱えのコンサル会社が受注して、講師は付け焼き刃の劣悪レベルの3流品。現場の具体的な質問には何も答えられない。

今回もまた役人の予算獲得競争が業界自体を歪めてしまう。我々は役人を食わせるために食と農の業界にいるのではないのですが。
posted by tk at 07:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック