2017年05月09日

銀座ELスタッフは産地訪問を増やす

昨日は当社の6月定例会議でした。今月から潟Lースタッフの会議に加え、銀座ELの会議も行うということで会議場所を銀座ELにしました(写真左・右)。

以前からこの場所の活用でセミナールームにという声もありましたが実際会議をすることここは非常によいです。地下なので窓がなく、外から隔離された状況で、何と言っても静かです。

土日祭日は使用していないので多機能ルームとして活用しようと思っています。地方の方が東京で商談会やイベントする時もお気軽にお使い下さい。

キースタッフ会議は定例業務案件に加え、今更ながらと思うのですが「新表示制度」と「HACCPの認証制度化」が取りざたさされており、今年度の当社の取り組み姿勢を確認しました。

しかし、法律というのは制度というのはそれに入らないのを例外規定として規定するのでややこしくなるばかりです。役人というのは法律をつくっているのではなく、その例外規定をつくっているのではないかとすら思います。

銀座ELについてはおかげさまで売上高が伸びております。この半年で多くのことをスタッフが学びました。何せ、外食業界のノウハウが何もなかったのですから。それを確実に銀座ELのやり方に定着させています。

冬の間は九州の野菜が多かったですが、新芽の季節になり、山菜が出てきました。山菜を積極的にメニューに取り入れています。昨日もこごみや山伏茸が前菜で出ました。

これも宮城県丸森町の上野農園という有機栽培の野菜の農園が質の高い野菜を安定的に教習してくれるからです。

これから伊藤店長と究マネージャーを月1〜2回のペースで産地を訪問させます。その日はお店は休業にします。

一番大切なのは食材産地を知ることです。休業するとお店の売り上げが落ちるのでは?いや、逆でしょう。ますます上がると当社スタッフ全員がそう思っています。
20170508_101028.jpg20170508_131306.jpg
posted by tk at 08:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449715987

この記事へのトラックバック