2017年04月26日

人間はロボットに滅ぼされる

我々の年少時代のスター達は鉄腕アトムも鉄人28号もエイトマンはロボットでした。年少の頃はすぐにでも人間ロボットの時代が来るような気配でした。

が、来ませんでした。最近は再びロボットという言葉を聞くのでロボットの時代が来ているようです。人工頭脳という言葉もよく聞きます。

ロボットが停滞期は何の時代だったでしょうか?コンピューター時代ですかね。人工頭脳の開発が先に来た。さらにその後にインターネットをやってきた。そしてパソコンもスマホもインターネットも生活のインフラとなった現在、再びロボットという言葉をよく聞くようになりました。

ロボットという言葉の意味は2つあるような気がします。人間ができない超人的な頭脳や肉体を持つものをロボットと言います。鉄腕アトムのような。

もう1つの意味はある権力者のいいなりになる人をロボットと言います。あやつり人形と言った方がよいかも知れません。

私のロボットのイメージは人間がやっていることを代わりにやってくれる機械です。

よくエジプトのピラミッドや我が国の巨大古墳は当時機械もない中でよくあれだけのものが作れたなと驚嘆します。

つくったのは奴隷です。古代は一握りの権力者と大多数の奴隷がいました。これ奴隷が現在機械がやっている苦役をやっていました。魏志倭人伝を読んでも魏への我が国女王国からの献上品で一番喜ばれたのは生口(せいこう/奴隷・奴婢)と書かれています。

古代だけではありません。労働者の権利が確立されるのは第二次世界大戦後です。それまでは労働者は使い捨ての消耗品のように使われていました。

権力者や資本家の野望達成のため、苦役部分を担うのですからロボットみたいなものです。とすると最近まで人間世界には人間というロボットがいた訳です。いや、今でも。

その役割をコンピュータを搭載した人間並みの頭脳を備えたロボットが人間の仕事に取って代わります。すると一体人間は何をすればよいのでしょうか?

しかもロボットは超人的なものも現れるようなので、いずれ人間を必要としない時代がやって来ます。

そして、最後は人間の滅亡、消滅ですかね?あるいは突然変異で新々人類が現れるのでしょうか?
posted by tk at 07:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449345488

この記事へのトラックバック