2017年04月15日

あずさ5号で春ま〜だ、浅い信濃路へ

昨日は新宿を午前8時ちょうどのあずさ5号に乗って塩尻に向かいました。8時ちょうどのあずさは2号なんじゃないのと伊藤と笑い合って。松本大学のある先生が「今でも狩人頼みでは松本ではいけない」と言っていました。

松本の1つ前の駅が塩尻でそこから同じ中央線でも名古屋に向かっている線に乗り換えて薮原で下りました。

薮原駅には「道の駅・木曽川源流の里きそむら」の駅長の高橋さんが出迎えてくれました。駅の真上が道の駅です。

道の駅に着いたら山口さんがおやきを納品しにやって来ました(写真上左)。昨日は野沢菜・きんぴら(写真上右)・ひじきでした。皮が薄くて具がたっぷりで」の人気商品です。

お昼は道の駅の食堂でおすすめメニューの山賊揚げをいただきました。あまり鶏肉を食べない私ですが味のある鶏肉で美味しかったです(写真2段目左)。昨日からソフトクリームを始め、我々が最初の客となりました(写真2段目右)。道の駅で販売している甘酒ソフトと信州長門牧場の牛乳を使ったソフトがあります。

また、中仙道の薮原宿は「木曽のお六櫛」の産地です。手挽き櫛は約100本の歯が挽かれています(写真3段目左)。全工程が手作業で、櫛の歯の細やかさが特徴です(写真3段目右)。昨年はテレビでオンエアされ、今でも品薄気味です。

木祖村は人口は3000人です。ここは木曽川の源流に位置します。水が美味しく一般家庭の水道水も美味しいです(写真4段目左)。その水を貯水するのが味噌川ダムです(写真4段目右)。

水木沢天然林の水は味噌川ダムに注がれます(写真下左・右)。濃尾平野を灌漑を引き受け、大都市名古屋市の飲料水も引き受ける木曽川の上流がこんなに小さなせせらぎの集合であるのには感無量です。
20170414_123035.jpg20170414_123424.jpg20170414_114935.jpg20170414_113239.jpg20170414_121131.jpg20170414_174147.jpg20170414_145213.jpg20170414_154040.jpg20170414_160748.jpg20170414_160904.jpg
posted by tk at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449025803

この記事へのトラックバック