2017年04月14日

よく行く県、縁がなくなった県

昨年度は私の出張は減りました。講師での登壇も減っております。一番多い時は、たぶん6〜7年前の農商工連携華やかりし頃でしょう。年間150〜200回近く講演していました。

土日も講演して、翌月曜日から金曜日までというスケジュールで月に講演しない日は2〜3日程度でした。自宅に帰るのも。それで家庭が壊れたのでは?いやいや関係ありません。とうの昔に壊れていました。

最近は会社でのセミナー・講演回数は増えています。私が減っているのはプレイヤーが増えたからです。飽きられないために多彩な講師陣を形成しました。もちろん、外部の講師も含めて。昨年度がさらに少なかったのは銀座エクセレントローカルをオープンして張り付いたからです。

コンサル、商品開発支援でよく行く地域は県よりも町村で集中します。長く10年近くやっているところもあります。契約は1年単位ですが、毎年更新になり長い付き合いをしています。

昔に比べて予算は減少しています。地域活性化で増えているのは「地域創生」関係です。ここにはじゃぶじゃぶ予算が付いています。

予算減少の中で当社の売上高が増えているのは相対的にシェアが上昇しているからです。にわかコンサルが6次産業化から地域創生に看板を付け換えているからです。

仕事は全国すべての都道府県も実績がありますが、濃淡があります。この2〜3年は青森県、岩手県が多いです。その2県で3〜4割の売上高です。

昔、よく行っていて近年ぱったり仕事が来なくなったのが秋田県です。位置関係も面白いですね。青森県、岩手県の隣の県なのに。

私はサラリーマンのスタートは当時の仙台支店秋田連絡所です。いわば社会人のふるさとです。昨夜銀座エクセレントローカルに当時秋田でお世話になったAGFの豊崎ご夫婦がお見えになりました。40年ぶりの再会になりました。夫婦睦まじくとても素敵なご夫婦です。

豊崎氏が最近秋田時代にお世話になった方の葬式に行ったそうです。その感想。いや〜、秋田はどうしちゃたんだろう?40年前の秋田とは全く違うよ。

私も8年前頃からぱったり仕事が来なくなりました。それきりになっています。あんなに素晴らしい農産物があるのに。本当にどうしちゃったんだろうです。
posted by tk at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448998541

この記事へのトラックバック