2017年04月10日

ますます過激と言われそう

「善人なほもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」親鸞が言ったと言われる有名な言葉ですが、難解です。私は今でもよくわかりません。「真面目に生きている善人が往生できるだから、ましてや極悪非道の人間が往生できないはずはありませんよ」みたいに聞こえます。

一昨日書いたブログ「大企業の言うことをまともに信じるな」がことの他反響がよかったです。一部の「こんな発言を繰り返していると気をつけなさいよ」も含めて。

この親鸞の言葉を例えば「大企業なおもて往生とぐ、いわんや零細業者をや」、「政治家・官僚なおもて往生とぐ、いわんや庶民・大衆をや」なるほど「大流通なおもて往生をとぐ、いわんや農業生産者をや」と置き換えるとすっと落ちますね。

置き換えちゃいけないのかも知れないけど。親鸞さんは「この言葉をどう解釈しようとお前の勝手だよ。それでお前が往生できればね。グッドラック」とおっしゃっているようで。

エスタブリッシュメント(体制・権力者層)に宗教は要らない、なぜならすでに得ているんだから。宗教とは得ることのできない者たちのためにある。しかし、宗教とは最初は反体制のなかから生まれ、弾圧されますが、やがて権力者の庇護を受け、広まっていきます。親鸞はそうじゃないんじゃないのと言いたかったのかも。

国会の議員は得ている人たちです。与党も野党もそうです。だから、今の国会の世界で勢力を増やしたい。だから国会は茶番になってしまう。

10万円窃盗すれば、間違いなくしょっぴかれます。しかし国家予算を1兆円使ってそれがどぶに捨てる結果になっても執行者は責任を取りません。なぜなら、権力のもとに行われているからです。我々はもっと権力そのものを疑わなければならない。決して美化してはいけない。

今、業界トップと言われる企業がそれほど素晴らしいですか?巨大電力会社、巨大メディア、巨大小売業会社、巨大物流会社、巨大外食チェーン、巨大旅客会社、巨大役所機構、数多い福祉法人・病院法人・学校法人等が提供するサービス内容はそれほど素晴らしいですか?

大したことはないでしょう。なぜ潰れないか?体制側にいて、権力の中にあるからです。それを倒すのはパラダイムの転換です。
posted by tk at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック