2017年03月13日

出張の衣類に頭を悩ます

今週の出張はちょっと大変です。今日13日(月)に札幌市に入り、明日14日(火)の午前中に講演して、そのまま羽田空港乗り継ぎで沖縄県那覇空港に飛びます。明日14日(火)の午後8時に那覇に着きます。

翌15日(水)の午前中に伊平屋島に入り、16日(木)に那覇に戻り、それから羽田空港に向かいます。自宅着は午後11時頃です。

心配が2つあります。明日14日(火)の新千歳空港から羽田空港が雪や天候で遅れないかということです。乗り継ぎは羽田乗り継ぎ時間は30分です。

でも大丈夫ですね。羽田ー新千歳便と羽田ー那覇便は我が国の幹線空路なので便数も多く、JAL-JALでの乗り継ぎなので置いてきぼりはないでしょう。

むしろ、一番の心配は服装です。北海道は春近しと言っても夜は氷点下です。それに対して沖縄は半袖のはずです。乗り継ぎ時間が十分であれば自宅に戻って着替えますがその時間もありません。

どっちの地域の気温に服装の重点を置くか、ショルダーバッグ一つの私は多くの衣類は持ち運べません。

寒い方に重点を置くのが常道ですが札幌は1泊、沖縄は2泊です。滞在日数は沖縄の方が長いです。

こうしました。札幌は大都会です。今回の出張は新千歳から札幌までの移動と講演会場とホテルの移動が外気に触れるところです。でも新千歳・札幌間は電車中が暖かいです。寒いのはホテルと講演会場間の移動だけです。

さて沖縄は行く離島伊平屋島は沖縄県最北端の島です。鹿児島県との県境にあります。沖縄県と言っても広く、台湾の近くにある宮古島や石垣島とは違います。熱帯状態ではないはずです。

この両地域の地理環境から勘案して東京の服装プラス1枚の着用と決断しました。その分だけをバッグに入れました。コートは止めてジャンパーです。半袖と長袖は半々にしました。これでよし。
posted by tk at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447862837

この記事へのトラックバック