2017年01月15日

「鳥巣スタイル(トスタイ)」で生きる

今日はみやぎ産業振興機構のアグリビジネス実践塾8回シリーズの第1回目でした(写真左・右)。私の登場は次は最終回のビジネスプラン発表時の2回です。

さて、最近私は極めて温厚で、人とのあつれきもあまりありません。人様の行動に異論を挟むこともしません。無理してしている訳でもなく、自然とそうなっています。怒ることが少なくなっています。

若手を前に出し、私は一歩引いています。このままでいけば好好爺(こうこうや)まっしぐらです。悪く言えば「もぬけの殻」。それでは困ります。

私生活で2年前にマルイチになり、昨年は会社の代表も下りて、企業人・公人としての立場もなくなりました。。今は「個人鳥巣研二」がいるだけです。

せっかく、そうなったので「個人鳥巣研二」を明確に定義した方が周りの人にわかりやすいと思います。「個人鳥巣研二」って何なんだろう?という自問自答の答えにもなります。

いわゆる「鳥巣スタイル」の明確化です。鳥巣スタイルでは一般名称に過ぎないので、ネーミングは「トスタイ」。「あんた、誰ね?」、「鳥巣たい(トスタイ)」。九州出身なのでこの言葉は通じます。

鳥巣研二の人生は誰にも、何にもとらわれないで、鳥巣研二のまま自由に生きる。それを現すのが「鳥巣スタイル(トスタイ)」です。

早速、昨日の講演は鳥巣スタイル(トスタイ)でやってみました。心の中から湧いてくる言葉をそのまましゃべりました。

「今までもそうでしょ」って。ちょっと、違います。自分の中に少しだけ検問所・壁を設置していました。「ええかっこ」も全部、取り外してみました。

受講者の反応はすこぶるよかったです。みんななぜか、嬉しそうな顔をして聞いていました。これから私の行動をすべて「鳥巣スタイル(トスタイ)」にします。

吹っ切れました。たぶんこれが年末・年始に引き籠って酒も飲まずに考えていたことの答えです。
posted by tk at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445932825

この記事へのトラックバック