2016年06月23日

7月5日(火)が楽しみ

夏に向かっていますが、そんな真夏日はまだありません。なのに当社事務所の冷房はがんがんです。

当社スタッフは若く、私以外が20〜30歳男子ばかりです。女子の松本がいた頃は女子は冷房を敬遠するので、適温の冷房でしたが、男子ばかりになり、部屋が寒い、寒い。特に雪国出身者が多いので暑がりが多く、部屋の中は真冬です。

九州出身の私は暑いのはあまり気になりません。むしろ、寒いのがだめです。それで私は事務所の中では上着を着て、外に出かける時は上着を脱ぐという一般の逆をやっています。これから盛夏を迎えるとわが事務所はどうなるのでしょう?

ところで6月下旬です。7月5日(火)のイートグッドセミナー2回目が近づいて来ました。昨日はスースタ社の担当の望月さんとの打ち合わせでした。当社も4名のスタッフで望月さんを支えます。

(株)フードスタジアム社が主催ですが、当社は後援です。飲食店のレベルが落ちています。その中で世界同時進行で食材にこだわった外食がブームになっています。当社がつくろうとしているレストランもこれの表現です。

フースタ社がセミナーの受講者を集めています。食材に関心の高いオーナーやシェフを対象にしています。

一方、出展する供給側の農家15のうち13事業者は当社と仲のよい農家です。北は最北の北海道オホーツクの(株)大地のMEGUMIから最南の沖縄県宮古島農事組合法人まるごと宮古島まで多様性に富んだ農家が結集します。

もっと声をかけてもよかったのですが外食店は100店程度程度の参加ですからコミュニケーションできる数ということで15農家に絞りました。これから3回目、4回目と続きます。

買う側が優位に立つといったことがないよう、双方が対等で会話できるよに地方から来る農家はすべて経費は自己負担です。経費お抱えの行政主導のマッチングセミナーとは志が違います。

その日はお店を閉めてやって来る外食業者も真剣です。いわゆる最先端を走っている外食業者です。どんな出会いになるのか楽しみです。
posted by tk at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック