2006年12月16日

おきりこみを忘れてはいけません

昨日は群馬県高崎市箕郷町に行きました。お昼は「貴美庵」という「おきりこみ」の専門店に行きました。そういえば一昨日、山梨は「ほうとう」、宮城と岩手は「はっと」「ばっと」、九州は「だご」とまで書きましたが粉食文化といえば群馬の「おきりこみ」を忘れてはいけません。まさか一昨日に二戸で「みそばっと」をいただき昨日は群馬県で「おきりこみ」を食べられるとは。私は果報者です。お店のある箕郷町は私がかって非常勤講師をやっていた群馬県立農林大学校のある所ですが「貴美庵」の存在は知りませんでした。メニューは「おきりこみ」と「すいとん」しかありません。いずれもみそ味としょうゆ味があります。原料の小麦は自家栽培です。写真の向こうに見えるのはいろりの「おき(炭火)」です。「おきりこみ」(写真)の材料はおきりこみ、さといも、ねぎ、にんじん、ごぼう、まいたけ、ほうれん草、油揚げ、にんじん、いもがらです。ゆず皮がよい香りを出しています。びっくりしたのはダシに鶏肉等の鳥獣が使用されておらず、野菜のおいしさだけでダシをとっています。またかぼちゃが入るかどうかで「おきりこみ」と「ほうとう」の違いがあるようです。
200612151222.jpg
posted by tk at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック