2009年01月11日

七戸町商工会セミナーから続々と特産品が誕生

昨日は青森県七戸町商工会の農商工連携セミナーの最後の7回目でした(写真上左)。昨日青森は早朝雨が降っていたのが雪に変わり昼間にびっくりするほど雪が降り大雪になってしまいました。第1回目は8月の真夏でしたが半年が経ち終了回は大雪に見舞われました。半数以上の人が終了証明書をもらいました。本当によくがんばりました。1・2・6・7回目は私が単独講師でしたが3・4・5回目は本間と一緒に講師をつとめました。本間がいた方が受講者が多いです。
最終回は受講者のビジネスプラン発表でしたがほとんどの人が計画書を見ないでプレゼンしました。ビジネスストーリーをすっかり体が覚えるまでになりました。また試作品や商品を持ってプレゼンする人も増えました。着々と事業が進んでいます。写真上右は川村さんが開発した「山菜山」ブランドの山菜の炊き込みご飯の素等のプレゼンをしています。写真中左は洋風居酒屋レストランを経営する山田さんが道の駅でイベントする時のために開発した「長いもクリームコロッケ」のプレゼンです。写真中右は中村建設のアグリ参入で生産しているベビーリーフ・ハーブです。持っているのは社長の子息でアグリ担当の巧氏です。なかなか収穫量が増えないとこぼしていますがそのうちに彼はベビーリーフ・ハーブ生産名人になるでしょう。
写真下左はレストランジュノンのオーナーシェフの底田さんが今セミナーで企画して商品開発して発売までこぎ着けた「カシスの実入りドレッシング」です。200mlー680円で発売しています。セオリーは当社でアドバイスしましたが実践は保健所に4回通い指導を受けながら商品化しました。レストランですから飲食店営業の許可を持っていますが今回のドレッシング製造でソース製造業の営業許可も取得しました。
最後は受講者で交流会を行いました。ここにも天馬さんが開発した「ヤーコンカシス漬」・「ヤーコンキムチ」、米万商店の高田さんが開発した「雑穀入りおにぎり」・「紫米おにぎり」、底田さん開発の「黒にんにくのバターペースト」・「にんにくみそ」等が並び楽しい交流会になりました。セミナーは昨日が終了ではなく昨日が始まりです。終了者全員がビジネスプランを実現して初めてサポートしている我々も報われます。名残惜しさを感じながら大雪の七戸町を後にしました。
七戸最終セミナー.jpg川村さんの山菜.jpg山田さんの山芋コロッケ.jpg中村建設の野菜.jpgジュノンのドレッシング.jpg七戸町商工会交流会.jpg
posted by tk at 01:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鳥巣先生夏の8月から厳寒の1月まで大変有難う御座いました。
 又、本間先生にもお世話になりました。
先生もご指摘のように、受講生が体の中に地域で生きるパワーの充填、先生から頂いた知恵や観点整理を深く刻み、”連携”の楽しさ、強さを獲得し、体言してくれた最終回となりました。
自らの思いを自信もって、発表する姿を今日事務所で1人振り返り、満たされています。
 又、次の展開に動きたいと思います。
 本当に有難う御座いました。
 マル秘ブランド米の浦田さんのお礼の電話を入れておきました。
 多くの受講生も先生のこのブログを閲覧されいる事と存じますので、勝手ながらこの場をお借りしてお礼申し上げます。
有難う御座いました。
Posted by 工藤治秀 at 2009年01月11日 11:36
こちらこそお世話になりました。<今日事務所で1人振り返り、満たされています>当然です。工藤様こそ一番満たされてよい方です。最初に伺った日は雨でしたが最終日も雪でしたね。季節は変わるものです。
Posted by 鳥巣研二 at 2009年01月11日 13:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック