2021年11月28日

多くを学んだ今年の11月

あと3日で11月も終わります。超忙しかったです。超忙しい時はあっという間に時が経つものですが、今回は時が経つのを遅く感じました。こんなことは人生で初めてです。????

超忙しい時はスケジュールをこなすのに追われます。今回は1つ1つを企画し、提案し、先方のニーズを探ると言ったことがたくさんあったからです。むしろ時間が経つのが遅く感じました。それは一方で「まだ時間があるぞ。慌てることはない」といった心の余裕も生まれました。しかし、体は疲れて果てています。

仕事は一番は直近の金策です。今週末で解消しますが、予断は許しません。まだ何が起こるかわかりません。次は現在の仕事を目一杯やること。現在、毎週、宮崎に行っています。同時にコロナ明けの講演・セミナーも再開されました。多忙になりました。

3つ目は来年度の仕事の仕込みです。行政の仕事の多い当社は既に来年度の国の予算編成の中身を知って、その事業を受注すべく提案しなければなりません。その第1ステップが今です。この3つが重なって超多忙です。

金策が一番緊急です。次に現在の仕事です。そして来年度の仕事の準備の順になります。私の仕事は全部ですが、現在の仕事はスタッフも総がかりでやっています。金策は社長と私です。来年度の仕込みや新事業担当の副社長と私の仕事です。

来年度の仕事をどれだけ受注できるか?大事です。この仕込みがしっかりできれば来年度の経営は楽になります。今までは行政の予算が決定した、執行される来年度5月GW明けから始めていましたが、スタッフが増えて来たので仕事を増やさなきゃいけなくなって来たので早めに動いています。

でも来年度の仕事の受注はほとんど不確実です。10の仕事を目指そうと思えば、確実に受注できそうなのは4です。受注の可能性があるのが3です。あとの3は運がよければ受注の可能性もある程度です。

最悪の場合は4の仕事しか来ません。実際は長くやっており、よくしてくれるとこともあるので手堅く見て6でしょう。この6で会社が赤字にならずになんとか経営できる6でなければなりません。

そのためには私の労力をなるべく来年度の仕事の仕込みに振り向けれるよう現在の仕事を若いスタッフで回せるようにすることと現在の仕事に協力してくれる優秀な外部スタッフとの連携を強化することです。
posted by tk at 07:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする