2021年08月03日

博多は物価が安く魚がうまいは嘘

私は博多の出身ではなく、糸島の出身です。東京が生活の基盤です。全国あっちこっちの方を博多に案内することがあります。するとみんな私に博多のいいお店やオススメのお店を聞いて来ます。

博多は魚が美味しいとか水炊きが美味しい、ラーメンはどこがいいか?かっての地方都市博多(福岡市)の魅力を全国に広げたのは「ハカチョン」と呼ばれる大企業の社員の福岡単身赴任者です。ハカチョンとは「博多住いのチョンガー」という意味です。

彼らが伝えた博多の魅力は「魚がうまい、物価が安い」です。残念ながらそのフレーズは神話と化しています。私の博多は「魚がまずくて、物価は東京並み」です。

特にひどいのは美味しい魚が食べられなくなったことです。博多駅の周辺に宿泊することが多いですが、まずその周辺に「魚のうまい店」はありません。まあ、日本一まずい東京の活き造り(刺身)よりは多少はマシですが50歩100歩です。それで最近は九州の地魚を使った洋食のお店によく行きます。

博多のネイティブ料理は鶏肉(かしわと呼ぶ)料理が多く、一番の会席料理は「鶏の水炊き」です。そっちは健在で、友達のトリゼンフーズ経営の「華味鳥」が気を吐いています。鶏肉の苦手な私も博多ではお客様の所望で鶏の水炊きで接待することが多いです。また、博多家庭料理のネイティブは「がめ煮」(福岡県以外の呼び名は筑前煮)です。博多料理は魚ではなく、鶏肉が主です。

話題を魚に戻すと博多や糸島の目の前は玄界灘なので魚は美味しいです。しかし、それをウリにできるのは養殖ではない水揚げの魚を出せるお店です。一定規模の集客を必要とする規模のお店ではその日の水揚げの魚を出していると経営が安定しません。ましてや地価も高い博多です。それで一部を除き、魚のうまいお店は存在しません。

糸島も魚は美味しいですが「水揚げ魚の料理屋」はほぼ存在しません(あることはありますが)。一番美味しいのは実家の母親が近くの直売所から買って来て母親がさばいてくれる鯖や天然鯛やいかや鯵の刺身です。しかし、それも時化(しけ)の時は手に入りません。

営業店で糸島でおすすめのお魚のお店は喜八荘のレストランです。私もよく利用していますが、お昼などはいつも満席です。ウリはイカの活き造りです。ここが糸島では文句なしに一番です(あくまでも私の評価)。

昨日、一昨日美味しい魚のお店を知りました。福岡県小郡市の「山長」、昨日は佐賀県佐賀市の「浜幸」です。前者はやまながと呼びます、後者はあの政治家を彷彿させるハマコーです。

両方とも経営者が40歳代、毎日市場に行く、毎日活のいい鮮魚が入る仕入れ先を開拓、開発しています。定番料理ではなく、今日のオススメがウリです。魚狂いの私にはたまらない魅力のお店です。

私は基本的にはチェーン店には行きません。魚のお店に言ってサーモンがメニューにあると興ざめです。「いつから九州で鮭が獲れるようになったの?」と嫌味を言います。「鳥巣さんはそんなことばかり言っているので銀座のお店を閉める羽目になったんじゃないの」と反論が来そうですが。
posted by tk at 08:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする