2021年07月09日

どんな絵が出来上がるかを知りたい

コロナワクチンが話題になっています。このワクチンを自分の中でどう位置付けるか?軽度とは言え、私には不整脈の持病があります。メンテナンス定期診察はずっと続けており、平穏な状態が続いています。主治医というかホームドクターとの付き合いも長いです。

コロナが蔓延してから私も気をつけて酒もほとんど飲まなくなった。せいぜい、1日で飲む量は日本酒換算で1合の半分(90ml)程度です。すぐなくなるのでそれを3〜5倍に水で薄めてちびちび飲むのが最近の独り暮らしの楽しみです。仕事が終わるとすぐ徒歩3分の長屋に戻って、人と接触することはありません。

突然現れたワクチンをどう位置付けるか?ワクチン万能でもありません。副反応もあるようです。また、オリパラ実施、矛盾する形で非常事態宣言4回目発令。盾する事象・政策をつなげて筋立てし、国民を納得させるシナリオがない。とまどいの中で、自分自身はワクチンを打つ生活のストーリーやシナリオが描けません。

米が余っています。JA系新聞が連日、米需要の打開策を特集で毎日キャンペーンしています。やり方は米の消費をどうすれば増やせるかの提言を発言力のある識者を使って述べさせます。天下のJA系新聞、人にやらせないで自分で米消費拡大策を世に提言したら。そのための存在でしょうに。毎日購読しているわが社としては購読を止めようかと空しくなります。

農業ブームです。ネットを見ていても連日、コロナで農業応援と銘打って、安く見えるようにして農産物販売している通販会社がたくさんあります。また、これからは地方の時代だと言って移住促進のセミナー等の案内もあります。1から農業を教えますといった農業起業促進セミナーもあります。

農業経営のノウハウを教えるといったセミナーも広告を出しています。地方の特産品を宣伝している会社もあります。農家の野菜等を使っていることをウリにしているレストランの広告もあります。会社や自宅に投げ入れられるチラシも農産物激安チラシで一杯です。

それぞれの宣伝広告・企画を発してもそれを1本に体系化、1つに統合化するシナリオがない。だから本当に真剣に考えている人の心を動かすことができない。乗って来るのは現象・事象だけで反応する人たちだけ。そんなことはわかっている。我々はそんな人間をターゲットにして一儲けを企んでいるんだと反論されれば返す言葉もありませんが。

それぞれの政治、経済、企業活動・行動にいちゃもん付ける気はありませんが、それぞれの事象への解決を一本でつなぐストーリー、シナリオ、思想が欲しいですね。言志四録があったから倒幕・明治維新は成りました。



posted by tk at 07:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする