2021年07月06日

シンプルライフこそ最良の人生

シンプルライフが一番いいです。寝て、起きて、仕事して、生活の用事を足して、趣味のことをやるこれのぐるぐる回りが一番幸せです。若い頃はエネルギーが有り余っているのでこれ以外のついつい余計なことをしてしまい、失敗します。

しかし、シンプルライフを持続するのも結構大変です。費用がかかります。まずは生活費がかかります。生活費は仕事をしなければ得られません。生活費を得るくらいの仕事をつくらなければなりません。

寝るのもそうです。安眠のためには朝起きが必要です。かつ深い眠りに入れるくらい昼間は活動、仕事をしなければなりません。趣味もそうです。ある程度夢中になって仕事を忘れるくらい没頭できる趣味が必要です。

生活の用事もそうです。炊事洗濯もそれなりに時間がかかります。最後のアイロンがけまでするとそれなりに時間がかかります。また、身の回りの消耗品の補強、交換も必要です。

靴も歩き回っていると消耗してきます。洋服も季節が変わると変えなければなりません。散髪も月に1回は予約して行く必要がありません。そういった活動(スケジュール)が日々の生活の中に組み込まれています。

そのサイクルはあることは毎日のサイクルであり、あることは月1回のサイクルであり、あることは年1回のサイクルであります。当社は仕事に関しては1年サイクルのものが多いです。ということは毎年、毎年経営していくに足る仕事を得なければなりません。

これは結構大変なこととです。しかも会社を拡大させながらです。10年に1回のサイクルは?。今年、29年目に入りますが、よく考えると転機は不思議と10年に一度です。最初は起業、10年目は千葉から東京へ進出、20年目は6次産業化で事業拡大、そして30年目(29年目)は単独ビルへ移転等です。

話を戻し、齢を重ねると体が壊れてきます。壊れない前にメンテナンスしたり、補強したりが必要です。先月に歯の補強をしてやれやれと思っていたら、「伏兵現れる」で今度は反対側の歯が欠けました。すぐに補強に入りました。部分部分の補強にしても全体があり、その全体像に則った歯の治療でなければなりません。それなので名主治医にお任せです。

また、今日はめがねの修理です。修理になるか?新しくつくるか?先週の出張時にバッグを荒っぽくクルマのシートに投げ入れたらその下に眼鏡を置いていました。自分が掛けているものとばかり思っていました。これまた信頼するプロの眼鏡士の判断に委ねます。

今週はもう1つ、1.5ヶ月に一度定期診察を受けているドクターのクリニックに行きます。このドクターが私の体のトータル主治医です。コロナでちょっと間が空き4ヶ月ぶりです。コロナワクチンのことをもこの信頼するドクターに相談します。




posted by tk at 07:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする