2021年02月25日

れいらん元気で暮らせよ

れいらんが娘のところに引越しすることになりました。私がマルイチになって2週間位して私の部屋にやって来ました。生後5ヶ月くらいでした。約6年間一緒に暮らしたことになります。

6年はあっという間ですが、それでも色々あります。娘も今は一人暮らしになっています。れいらんのために部屋をペットと暮らせるところに引っ越したそうなのでれいらんが戻って来ることはなさそうです。

れいらんが私と別れて知らないところに行くのなら感傷的になりますが、娘のところなので安心だし、可愛がられて今よりも優遇されるでしょう。娘もたまに出張があるようなのでれいらんのこの部屋の備品はそのままになりそうです。

ただし、私が在宅の時に連れて行かれるとちょっと辛いので、昨夜からの出張のいずれの日かに連れて行くように娘に言っておきました。明日、東京戻りなのでその間に引っ越しが済んでいればいいんですが。

れいらんが来た頃は結構、夜は一緒にいられたのですが、銀座にレストランエクセレントローカルを作った4年間は私も東京にいる日は夜はお店に行っていたのであまりかまってやれませんでした。しかし、お店も閉めたし、夜は他のどこもやっていないのでこの3ヶ月くらいは一緒にいる時間が相当あったので私も満足しています。

九州の仕事が増えており、元々、郷里なので九州に移住するのではないか?私の場合は九州に帰るのではないか?という話題になることもあります。九州の仕事が増えてもこれから数年は掛け持ちでしょう。間違いなく、70歳までは軸足は東京です。その後については何もわからない、会社が倒産しているかも知れないし。

れいらんとは年に数回は会えるでしょう。それで十分です。ご老体に猫のお世話もままならなくなりました。と言うのは冗談ですが。

娘も息子も独立していますと言っても私とは生活距離も仕事距離も近くにいます。れいらんが3番目の子です。ようやく3番目も私の手を離れて私も子供に手がかからなくなった。そんな気持ちです。
posted by tk at 05:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする