2021年02月04日

この1ヶ月毎週福岡出張した

私は1月第2週から4週間連続で福岡県を拠点に北部九州に出張しています。1ヶ月間で滞在日数が東京よりも北部九州の方が多くなりました。しかも、非常事態宣言の中の活動です。

何とか、2月7日(日)まで頑張れば非常事態宣言も解除されると思って頑張りましたが、延長です。薄笑いを浮かべながら(私にはそう見える)宣言している人が恨めしく見えます。金で政治を買える人はそれでよいのでしょうが、金のない私と当社はギリギリの中での活動です。

私のこの4週間は強行軍です。福岡県を軸に佐賀県、長崎県、熊本県の4県を活動します。公共交通機関が発達している幹線沿いばかりではないので、ほとんどクルマの移動です。

クルマを運転してくれる人がいないと成り立ちません。そのサポートを前提に成り立っています。私が代表を務める社団法人の九州担当理事にその役割をお願いしていますが、本当の感謝の言葉もありません。

我々の提案は国の施策の地域おこし、地域の活性化、地域の食と農づくり、地域の雇用、定住促進等の国の施策を提案・案内しながらの仕事の営業活動です。相手は地方の市町村がほとんどです。

反応もまちまちです。行政機関の担当者が余計な仕事を増やしに来るなと露骨に反発するところと地域のために是非やりたいというところです。また、トップが是非やりたいと思っても、担当者レベルでいかに仕事をやらないように逃げたり、難癖をつけてくるところ等色々あります。

こっちも学習効果が出て、是非やりたいという担当者がいるところへ積極的にアプローチするようになりました。仕事をしたくない人はどんなに説明してもやる気がないのだから無駄です。心が地域や公務に向いておらず、自分のこと、仕事をしないことしか考えていない。でもそんな人の比率は民間企業も同じです。

一方では意識や心が地域や地域住民のためにという公務員もたくさんいます。これこそ地域の真のエリートだなと感心します。同じ給料でも前の人と後ろの人は生き方が全然違います。

また、受益者でも反応が色々です。頭からコンサル儲からせてどうするの?と侮蔑の言葉を投げかけて来る人もいます。こっちは自前の経費と人件費で活動しており、そんなことを言われる筋合いはないのですが。

でもそんなことを平気で投げつけて来る人ほど特定の業者と癒着していることが多く、そりゃあんたでしょと思うこともありますが、ぐっと抑えて今日も仕事の受注活動です。
posted by tk at 07:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする