2021年02月01日

Slow is faster than fast.

せっかちですね、私は。せっかちをいうと聞こえは悪くはないが、実は肝っ玉が小さくて、すぐ焦る。それで何事も最後までやる粘りなく、あと少しのところで放り出して失敗です。

せっかちだから短時間でたくさんのことをやろうとします。あれもこれも。雑になるので行動のレベルが落ちます。10分の制限時間でやっていると5分経過すると焦り出す。雑になる。

どうすればよいか?ゆっくりやることです。でもそうするとやれることが限られて時間がなくなりやろうと思っていることの半分もできない。効率が悪い。さあ、速くしなきゃ、それで失敗します。

限られた一定の時間で10のことをやって満足の行く結果が全て40点台と半分に絞って80点を5つとまでは行かないにしても3つやり遂げるのはどっちが成果が出ているか?当然、後者です。

それではいかんと思い、この歳になり、自戒の言葉を作りました。Slow is better than fast. 「ゆっくりやった方が慌ててやるよりも成果が出るよ」という意味ですが、しっくりきません。

better「よい」というのが私の望んでいるのとちょっと違うような気がします。再び、考えました。そして浮かんだのがSlow is faster than fast.これだな。「ゆっくりやった方が仕事が終わるのが早いよ」です。これで行きましょう。

そう言えば日本語にあるではないですか。「急がば回れ」これに近いですね。「急ぐ時ほどゆっくりやれ」も近いですね。

それで早速、やってみました。馬鹿になって愚直にやりました。やっぱり早く終わりました。予想の2時間早かったです。

そういえば中小企業診断士の試験の時にその心構えで行ったらストレート合格でした。ハヤる心を抑えてじっくり、何回も質問を読み直してやったら確かに一発合格でした。
posted by tk at 05:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする