2021年01月14日

仕事が長生きの最良の薬

早朝、徒歩3分の通勤時間は人はまばらですが、見かけるのは掃除婦の人です。また、会社の至近距離にクロネコヤマトの発祥の地があります。ここは今でも配送センターをしています。ここには出るクルマ、入るクルマを交通整理する人がいます。

掃除婦は婦と書いたくらいだからほとんど女性です。クルマの交通整理は全員男性です。共通しているのは高齢者、つまり私よりも明らかに年齢が上の人です。

昔、よく使われた言葉に「完全燃焼」という言葉がありました。プロ野球の人気選手が引退する時に使った言葉で、当時私もかっこいいなと思っていました。

最近は私の心は「燃え尽きてはいけない」に変わりました。完全燃焼は選手寿命の短くてかつ一生分以上稼いだ人の言葉であり、私には当てはまりません。

「燃え尽きてはいけない、自然寿命まで元気に生きることが人生である」と思えてきました。どうすればそれが可能か?答えは1つだけです。仕事をし続けることです。

仕事以外に人生を現役で生きながらえさせてくれるものはありません。しかし、弊害もあります。あの人は老害といわれるようになったらだめです。そのためには組織の中で頂点で君臨するのは弊害です。

一人完結型がよいです。でも一人では生きていけません。近くに仲間がいて、それぞれが自分の仕事を完結してやっている状況がよいです。誰にも命ぜられずに、いや、命ぜられたらその通りにきちんをそれをやる。

一日それをやると達成感がある仕事がいいですね。気持ちが清々しくなるような仕事がいいです。たとえ、いつものようにうまくいかなかった時もめげることはありません。

自ら、ギブアップをしてはいけない。自らもういい、やめたと思った時が敗北、退場です。調子の悪い時は休息すればよい。元気が回復したらまた再開すればよいです。人生にギブアップはありません。



posted by tk at 07:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする