2021年01月13日

45〜46年前頃の1枚の写真

従妹に年賀状を出していたらメールで戻って来ました。この従妹は私の父の弟の娘で1人娘です。既に年齢も60歳代に突入しています。メールには写真が付いていました。45〜46年前頃、叔父と祖母と出かけて撮った写真です。

叔父に男子がいなかったので何かと息子のようにかわいがってくれました。叔父は農林省の食糧事務所に勤めていました。仕事の関係で現在は名称は変わって統計事務所になったけれど、この名刺をもらうと叔父を思い出します。

その従妹が10数年ほど前に、自分は嫁に行って糸島には住んでいないので、「研二さん、実家の家を買ってくれない?」と言ってきました。それで糸島に行った時に見に行きました。少年の頃、遊びに行っていたそのままでした。

当時は福岡県や糸島での仕事はほとんどなく、私と糸島をつなぐ線が作れなくてそのまま断ち切れになりました。糸島が人気都市になり、従妹の家の近くの私がいいなと思っていたマンションの最上階には最近、タレントのピーターが住んでいるそうです。

叔父の家の裏の浜は、誰も知らないけど、我々だけが知るプライベートビーチといってもよいほど素敵でした。今、そこも「これはハワイの真似事」と言いたくなるほど下品なバーチにデベロップされています(それも従妹が送ってくれた写真で昨日見て知ったのですが)。がっかりしました。

あの時に決断しておけばよかった。でも、老後のために多少準備していたお金もコロナですっからかんになり、今は会社の借金をどうやって返すかで頭は一杯です。

私が最近、頻繁に糸島入りして、糸島でプラニングしている仕事はこのエリアの仕事です。従妹からの連絡で仕事もプライベートも私にがぜんやる気が出てきました。今まで漠然と考えていたものが現実になるかどうかのスタートラインに立ちました。

あきらめないことです。ギブアップした時が負けです。退場です。引退です。戦い続けていれば勝利のチャンスも来ます。女神がウインクすると信じよう。
posted by tk at 08:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする