2020年12月08日

昔の名前で出ています時代の到来

今、仕事をしていると私と同い年の花のニッパチ世代が健在です。花のニッパチは来年68歳になります。その前の戦後の団塊の世代は後期高齢者の75歳を超えました。

我が国ならず、世界中が高齢社会に到達しています。労働力の大半を高齢者か、外国人に依存する社会です。外国人と言っても先進国は日本と同じで若者が少ないので、期待できるのは途上国です。しかし、そこも20年で高齢社会になります。

この状況をいびつと見るか?正常と見るかは正常な流れでしょう。生きている人が死ぬまで働く、社会に貢献するが大前提時代になります。かってはアーリーリタイヤメントが成功者の証でしたが、これからは「昔の名前で出ています」時代です 。

昔の名前のまま、昔の化粧のまま、昔の衣装のまま出ていいかは考えるとしていずれにせよ出なければなりません。クルマの寄せや交通整理、ビルの清掃、ごみ収集等をやっている高齢者は素敵です。またタクシーの運転手にも定年がなく、もうすぐ70歳代が主流になるそうです。

年金をもらいながら、自分で働いて稼ぐ。これこそ高等国民です。社会の鑑です。かって第二次世界大戦では前途有望な若者が祖国を守るために、死んで我々を守ってくれました。

生き残った人間、守られた人間、そしてわたしのような戦後世代はせめて生きている間の自分の食い扶持くらいは自分で稼ぎましょう。国や会社ばかりに頼るのはやめよう。

じゃあ、お前はどうするんだ?当然考えなければなりません。コンサル業はあまり歳をとってはできません。

しかし、執筆はできます。食と農やローカルで活躍する人達を世に紹介する執筆は続けたいです、終生。また、自分がコンサルで人様に偉そうなことを言ってやらせてきた事を自ら実践するのもやりたいと思います。

そうです、実践です。定年退職が人生のゴールでなくなった今、 「生涯実践」がキーワードです。生涯やりたい事を実践できる環境や仲間がいるところには高齢者は集まるでしょう、住みたいと思うでしょう。第二創業時代がもう始まっています。
posted by tk at 08:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする