2020年11月28日

100の美辞麗句よりも1の誠実

歳を取ると自分のことを自分でやれないと生きていけません。私は独身になって5年過ぎました。自分の生活に関する事は100%自分でやります。

会社の仕事も自分一人で完結させるようにしていますが、パワーポイントを使えないのでプレゼンテーション資料がつくれないのが欠点です。その時はなるべく最低量にしてやってもらいます。

自分の仕事を自分でやれるかどうか?ポイントは自分で実行する事の最初から最後までの組み立てができるかです。全体構想を組み立てればそれに沿ってやれば実行は流れて行きます。

実行する時に自分の行動力が鈍っていると思ったら、腰に眼をやり、全て腰を動かすことから始まると思えば、体は動きます。手先でやろうとすれば動きが鈍くなります。

できないことも実際やってみるとできるようになります。現在、ブログを書いていますが、いつも打つ外付けキーボードが不調、寿命を迎えたようなので苦手の内蔵のキーボードに切り替えて打つようになり、2日目です。もう普通に打てるようになりました。

自分流を通そうとするとわがままが出てしまい、しくじります。素直に対象者・物に合わせる。それがことをうまく進めるための基本です。自分と相手の摩擦をなくすには我を通さない。相手に勝たない。

我々コンサルは虚業です。言葉が先に来ます。理念やスローガン優先です。でも人生は100のスローガンよりも1の誠意ある実行です。言い換えると1の信念100の誠意と行動です。できる人間は体が動きます。できない人間は口が動きます。

言うは易し、行うは難しです。毎日の仕事も私生活も行うには膨大な時間と我慢が伴います。それを黙々とやれるか?生きていて賽の河原に石を積む覚悟が必要です。辛くて悲しいけど。





posted by tk at 07:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする