2020年11月13日

SLGs(持続可能な人生目標)で行こう

私の人生自体は冴えない不本意人生です。大学浪人もいっぱいしたし、コネで入った会社も中途クビ。以後は経営コンサルタントとしても泣かず飛ばずです。

あれやこれや実力もないのに欲張っているのかもしれません。言い訳ではありませんが、食と農に関してだけでも毎日相当な情報が目の前にやって来ます。まともに対応していたら潰れてしまいます。

せっかちで人に嫌われますが、それはやっぱり全てやろうとするからです。歳を取ったからとそれは無理と納得しようとしますが、不消化は高年齢のせいだけではなくて、昔に比べて目の前に現れる情報が多過ぎることによると思われます。

それと何かを行動している時に頭だけは次の新しいことに行っている。これがよくないです。何もやっても中途半端。今の行動と頭が一致していなければいい仕事はできません。

それを全てやろうとするのは無理です。それで間引き、優先順位をつけてやろうとすることにしました。どれだけカットするか?ですが、2割だと今とあまり変わらない、思い切って4割カットではちょっとやり過ぎかな?間を取って3割減はいかがかな?

奇数の嫌いな私としては2割減か、4割減を狙っていましたが、一番自分の気持ちが入れられるのは正直3割減ですね。3割の省エネで行きましょう。

3割減はやるスピードを3割落とすので終わるのに3割余計時間がかかります。1日の時間内に3割減の達成をするためには、やらないことが3割できることになります。成果も失敗も3割減ります。

どの3割をやらないか?やる7割のプライオリティをつけられるかどうかです。何を捨て、何を取るかです。

そして、やれない3割は明日に回すのではなく、もうやらないと決めましょう。不本意といえば不本意ですが、人生はもともと不本意です。そして70歳代で4割、80歳代で5割と減らしていければ最高です。

自分の人生のSDGsです。SDGsはSustainable Development Goals は持続可能な開発目標ですが、私の場合はSLGsでSustainable Life Goals、つまり「持続可能な人生目標」で行きましょう。
posted by tk at 06:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする