2020年11月12日

今度はどの業種が狙い撃ちされるのかな?

人の手柄を横取りする人はサイテーですが、得てしてもてはやされている人はそんな人です。それの典型はメディアです。自分は何のリスクも背負わない。それなのに成功した人を取り上げて囃し立てます。お前、俺のおかげで有名になれたんだぞ。

常に日々汗している人よりも自分たちが上にいます。都合が悪くなるとさっと逃げるし、囃した人が化けの皮が剥がれるとこれ見よがしに落とす、落とす。何もメディアだけではありません。日本国中、媚びるか、けなすかの社会です。

何もしていない人が汗している人よりも上にいるような社会は末期症状です。FBやTwitterのコメントは何も活動していない人たちが評論家ぶってコメントしています。あんな人種がはびこれるのは日本を含め、先進国は豊かな証拠です。ろくに働かなくてひとりコメンテーターで暮らせるのはやっぱり途上国から搾取して、それを自分たちの福祉や医療に使っているからと思いたくなります。

我々は都会に住んでいるので悪く言われても書かれてもどこか住居や舞台を変えればまだ生きて行けます。しかし、田舎でそこにしか生活の場がない人たちは大変です。村八分は人生の、いやその家の終わりです。

だからみんな都会に逃げます。都会は許してくれるとまでは言いませんが、見逃してくれる。五臓六腑まで手を突っ込んでプライバシーを暴かない。ただし、無名なら。有名なら徹底的にやられます。

逃げ場所があるということは再起の場があるということです。人生には2〜3つの再起の場がないと自分の思い切りの人生を歩くことができません。私なども失敗人生の典型です。それで生きていられるのは無名だから。それでも夜は1Kのボロ長屋のようなアパートで息を潜めています。

ところで新型コロナがまた増えてきたらしい。前回は風俗店と飲食店をスケープゴートに為政者は逃げ切りましたが、今度はどの業種が狙い撃ちされるのだろう?もう行政は虎視眈々と葬る業種に狙いを付けているでしょう。

零細が多くて、国家権力の中に取り込まれていない、かつ票にならない業種が目を付けられるのでしょう。政治家の高笑いが聞こえてきます。
posted by tk at 07:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする