2020年11月04日

お金稼ぎよりも人生をどう生きるか

当社は経営が厳しいと書くと私に「金儲けが下手だ」とご指導いただく方が結構います。黙ってご高説を拝聴します。しかし、内心は「農家からお金をもらえますか?」農家からお金をもらおうとするのならこんな仕事はやらないことだと思っています。農家だけではなく、零細の食関連業者にも言えます。逆にお金をもらってはいけないと思っています。

コロナ禍の中でもみんな強く生きています。ある加工やっているお母さんが「ひとり飯は孤独だろう」とそこで作っている農産加工品を送ってくれました。お礼の電話をしていたら、「おかげさまで寝る間もない位忙しい。雇用も増え、地域の高齢者に来ていただいている」そうです。

最近、人気タレントをテレビ局が連れて来たそうです。ネットで販売しませんか?という企画とのタイアップだったようです。「大したもんだ」と褒めたら「それもこれも15年前に牛小屋を改造して、しそ巻きを始めた頃、鳥巣さんがやって来てから全てが始まります。あの日が私の原点です」と言ってくれます。そうではありません。彼女の実力です。

また、「外食するな」というお上のお達しで外食不振の中、ある料理人が転職したお店が超好調な外食店で、彼もトップの信頼を得て、大きな力を発揮しているようです。その中で今後やりたいことを私に述べました。

その述べた内容は今後の当社経営の方向づけに大変役に立つ内容でした。お互い、それをビジネスとしてどうこうの話はありませんでしたが、彼は暗にビジネスチャンスのところを教えてくれました。

恐縮する私に「私が不遇だった頃に、ずっと私を見続けてくれたのは鳥巣さんだけです。もし、私がお役に立てるものなら」とだけ無口な彼が語りました。

お金だけがビジネスではないということ。不遇を一緒に乗り越えないとお互いの信頼感は醸成できません。お金稼ぎよりも人生をどう生きるか?の方が大切だと思います。皆さんも同じでしょ。

posted by tk at 06:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする