2020年11月02日

12月と思っていたらまだ11月。1ヶ月得した

最近、嬉しい話、誤解、間違いが1つありました。それは月が改まり、今月を12月とばかり思っていたことです。なななんと、11月突入でした。1ヶ月儲けました。この1ヶ月は大きいです。

最近、忙しいです。超がつくほど忙しくなりました。そういえば週末は出張中か、執筆かでずっと休みがなかったです。昨日、約1ヶ月ぶりに空手の稽古をしました。先生も私にどこまで教えていたか?忘れていたようで、初心者の稽古からやりました。返って、それがよかったです。いつまでも基本の基本が極意です。

忙しいのは結構、相談事が多いためです。明日をも知れぬ当社は年内の倒産は免れましたが、まだまだ予断は許しません。造幣局がお札を刷りまくっているうちはお情けが少しは流れて来ますが、紙幣の供給量が止まった時に危機が訪れるでしょう。

みんないろんな挑戦や闘いに挑むようでその相談事が多いです。みんなお金も持っているし、その方々はノウハウも持っているので心配は要りません。私ごときに相談しても背中を押すぐらいしかできません。

12月ではなく、実際は11月になり、勝手に誤認していた1ヶ月は私のとって当社にとっては大きいです。この1ヶ月を日銭稼ぎではなく、短中長期戦略のために使えます。

1ヶ月あれば向こう5年間・10年間の戦略と20年間の人生設計とその実行プランとその地ならしができます。これは私にもたらされた神からのプレゼントです。例年なら11月という地味で何の存在感もない月は人生を振り返っても何をしたかよく覚えていません。

冬への突入の月で冬物の衣料を買ったり、防寒のためも家財を揃えたりの月です。寒くなり、体を動かさなくなるので便秘になり、食物繊維たっぷりの食事が欲しくなる、今年ももう年賀状の時期か、月日の経つのは速いと嘆きながらむしろ後ろ向きに暮らしている11月です。

この例年ならどうでもよい11月が私に提供されたことは大変なプレゼントです。私と当社の次の戦略構想をたっぷり練る時間ができました。
posted by tk at 07:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする