2020年10月10日

コツがわかれば上達進歩する

日課は早朝のブログ書きと空手を交えた柔軟体操と筋トレです。20年近く毎日書いているこのブログが続くのはコツを覚えたからです。毎日、毎日約1000文字程度を書きます。今も書いています。

何を書くか?何も考えていません。しかし、書く前に必ず洗面台に立ち、顔を洗い、髭を剃ります。その時に頭に浮かんだワンフレーズを1000文字の文章にします。ただそれだけ。しかし、よく毎日ワンフレーズが浮かびますね?浮かぶんですよ。だからブログを書くのは楽しいです。

空手は日課になってまだ2年程度です。しかし、これまた早朝1時間程度稽古します。昔はウオーキングでした。旅先で早朝必ず1時間以上のウオーキングをしていました。空手がなぜ楽しいか?下手だから教えれたままに稽古していると毎日なるほどと思ううなずきがあります。上達は遅くても毎日この新たなうなずきがあるので楽しいのです。少しずつできるコツがわかって来ます。

仕事もそうですね。自分が新入社員の頃、それはひどかった。まったく仕事ができませんでした。幸か不幸か仕事の担当者が私一人で逃げられません。毎日毎日考えます。そのうちに自分はこの仕事をどうしたいのか?何を目指しているのか?着地が明確になって来ます。

そうなると仕事の全体像がイメージできるようになります。もっと成長すると仕事のシナリオ・ストーリーが浮かんできます。このシナリオ・ストーリーに沿って演じれば結果仕事は上手く行きます。シナリオ・ストーリーを書くことと演じることが仕事です。自作自演というやつです。

そして行動していると自然とストーリーを成功させるコツがわかってきます。このコツを掴んだ者が仕事のできる人、成功者になります。昨夜、博多で華味鶏で水炊きを食べました。多店舗化しています。博多はもつ鍋が有名というのはこの20年の話で博多といえば鶏の水炊きが代表ご馳走です。

名店もたくさんありますというよりもありました。がもつ鍋に押されてか、廃業も多いです。なぜ?華味鶏だけが多店舗化に成功したか?鶏肉の嫌いな私もここの水炊きのスープは美味しいと思います。このスープです。しかもこのスープを均一化して全てのお店で出せるようにした。これが成功の秘訣でしょう。

多分、今日宮崎のセミナーで講演してくれる河津会長が自分では失敗ばかりと言っていますが、いつの時か、どこかでこのコツを掴んだのでしょう。コツは1つだけでいいです。それをやれば全てに波及して、全てが解決できます。それを話してくれるかな?
posted by tk at 07:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする