2020年09月17日

過去と今が明日の創造をつくる

「明日のことを思い煩うな、明日のことは明日が思い煩うであろう」新約聖書のマタイ伝の中にあります。明日のことは明日の鳥巣研二が考え、解決すればよい。1年後の問題は1年後の鳥巣研二が悩み、考え、答えを出す。今日の問題は今日の鳥巣研二が考え、解決すればよい。まったくその通りです。
1年後、2年後、5年後、明日の鳥巣研二の力を信じなさい。

ビジネスは与えられるものではありません。創造です。創造して現実化してビジネスにします。聖書ではそれすらも「あなたがたの天の父はこれらのものがことごとくあなたがたに必要であることをご存知である。これらのものは全て添えて与えられるであろう」とも書いてあります。安心しろ、与えられるって。

今日の仕事を一生懸命やっていれば来年も再来年も仕事は来るよとイエスの言葉を書いています。創造は経験から生まれます。過去の行動、今の一生懸命から次の創造が生まれます。

最近、当社の売り上げの過半数を占めていた東北が激減です。1〜2年、それで当社が停滞しています。反面、九州の仕事が増えて来ました。東北も九州のいずれも私が力を入れて来た「エクセレントローカル」地域です。

東北の人口は900万人程度、九州は1300万人程度、沖縄県を入れると1400万人を超えます。合わせて2000万人強。日本の人口の2割強です。でも東北、九州・沖縄は首都圏から離れているので東京の人にとっては憧れの地でもあり、出身者も多いです。

東北の魅力・エクセレント、九州の魅力・エクセレントを発見、創るためにそれぞれの地域で30年近く仕事をして来ました。九州は生まれて育った地域、東北はサラリーマンのスタートを切った地域です。私自身馴染みの土地でもあるのでここで仕事をするのは楽しいものです。

最近、エクセレントandエクセレントで東北+九州、あるいは足すだけでなく東北と九州を掛け合わせるとどうなるのかな?と思い始めました。相互の魅力を相乗するとジャパンエクセレントローカル、さらに世界に目を向けるとグローバルエクセレントローカルになります。

来る日も来る日も東北で仕事しました。露頭に迷わずに来れたのは東北のおかげです。そして今は明日倒産するかもしれない苦境の中で来る日も来る日も九州です。過去と今が明日の創造をつくる。聖書のの言葉を信じて今日も頑張ります。
posted by tk at 07:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする